Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KNOCK OUT MONKEY

2017年07月号掲載

KNOCK OUT MONKEY

メンバー:w-shun(Vo/Gt) dEnkA(Gt)

インタビュアー:山本 真由

グルーヴ感溢れるミクスチャー・ロックを軸に、HR/HMからの影響も強い個性的なギター・プレイと、ノリやすい日本語ロックという武器も持つ、"神戸の暴れ猿"ことKNOCK OUT MONKEY。昨年は、自身のツアー2本に加えて様々なイベントや対バンなど、ライヴ三昧で駆け抜けた彼らが、約2年半ぶりとなるフル・アルバム『HELIX』を7月5日にリリースする。今回、リリースの2ヶ月も前にツアーを開始している彼らに、ライヴとアルバムの密接な関係と、新作に込められたアツいテーマについて、メール・インタビューで語ってもらった。

-現在、全国ツアー[KNOCK OUT MONKEY TOUR 2017 "HELIX"]を敢行中のKNOCK OUT MONKEYですが、今年のツアーの手応えはいかがですか? 新曲もすでに披露されているのでしょうか。

w-shun:はい。全曲ではないですが、数曲披露しました。初見の曲でも結構反応してくれていて、ツアーでの手応えはいいと思っています。きっと良いアルバムができたと全員が思えているからこそのツアーになってるんじゃないですかね。

-ツアーのゲストには、ヒステリックパニック、ROTTENGRAFFTY、PassCodeなど、多彩な顔ぶれが出演されていますが、今回のツアーにテーマのようなものはあるのでしょうか?

w-shun:対バンは、基本的に自分たちがライヴや音源を聴いて"いい!!"と思ったバンドに参加してもらっています。これまでは、作品をリリースしてからツアーを回るというのが基本の流れになっていたのですが、去年の秋にリリース作品なしでツアーを回って。そのツアーがとても良かったんですよね。今のツアーは、その前回ツアーの延長戦的な感じですね。セットリストも全ヶ所変えられたらと思っています。

-そして、7月5日には、約2年半ぶりとなるフル・アルバム『HELIX』がリリースされるいうことで、おめでとうございます。ツアー中のリリースになりますが、制作はいつごろから始まっていたのでしょうか?

dEnkA:アルバムに向けての制作は、作曲などは『Do it』(2016年リリースの5thシングル)をリリースした前後あたりから始まりましたが、曲によっては3年前に作った曲もあります。

-なんとなく勝手に夏が似合うバンド、というイメージを持っていたんですが、意外にも夏のリリースは、2014年の7月、8月に連続リリースされた『Wonderful Life』(2ndシングル)と『Greed』(3rdシングル)以来のリリースになるんですね。今回のリリースのタイミングはどういった経緯で決まったのでしょうか?

dEnkA:まぁ、どう考えても僕たちは夏の方が似合うだろうな、とは自分でも思いますし(笑)。フル・アルバムを夏に出したい気持ちはずっとあったので、やっとこのタイミングで出せるって感じですね。まぁ、狙ってました(笑)!

-そんな今作は"HELIX(=螺旋)"というタイトルですが、どんなテーマがあるのでしょうか?

w-shun:"spiral"という案もあったんですが、安直すぎるなぁとも思ったので、あえて"HELIX"にしました。"spiral"は永遠に螺旋が続くんですが、"HELIX"には三角形のように頂点があって、終わりがある。つまり、ぐるぐる回って上がっていく(成長)してるけれども、最終地点というものがあって、人生やバンドと一緒で"いつかは終わりがあるんだよ"っていう意味があります。その頂点(ゴール)は自分で決めて動こうぜっていうテーマです。

-「Louder」(Track.1)はノクモン(KNOCK OUT MONKEY)らしい、激しさの中にも踊れるノリのあるラウド/ミクスチャー全開の楽曲ですね。アルバムの冒頭にも相応しいエネルギッシュな楽曲ですが、この楽曲は早い段階でできていたのでしょうか?

w-shun:この曲はわりと最後の方でしたね。アルバムの1曲目ってなかなかハードルが高かったりするんですけど。とりあえず、好きな曲をいっぱい作ったアルバムです。これまでより、いっそう好き勝手作って"自分がテンションの上がる曲を作ろう"と思ってやっていたのですが、それがいい方向に向いたと思います。

-そして、ラウドなだけではない、ポップな「cloud 9」(Track.6)やミドル・テンポでグルーヴ感のある「Wake Up」(Track.8)もまた、いいアクセントになっていますね。収録曲や曲順については、迷うことなく自然に決まったのでしょうか?

dEnkA:新曲からアルバムに収録する曲も、収録曲順もほぼ全員が一致していましたね。それは全員で各楽曲にしっかりと向き合っていたからこそなのかなぁと思います。すぐに決まりましたねぇ。