Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Sunrise In My Attache Case

2017年05月号掲載

Sunrise In My Attache Case

Sunrise In My Attache Case

Official Site

メンバー:Kazuya(Vo/Gt) anoppe(Gt) cubs(Ba) 岡P(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

現在Red BullのCMでオンエア中の、アンセム感たっぷりの瑞々しいロック曲「The Wall」。スケール感溢れる曲で、一体どんなバンドが演奏してるのか気になった人も多いと思うが、それが奈良出身のSunrise In My Attache Caseだ。Red Bull主催のバンド・コンテスト"Red Bull Live on the Road 2016"で、応募総数300を超えるなかで優勝を勝ち取ったバンドだが、その生い立ちはとてもマイペース。いい曲を作ろう、音楽を楽しもうとのんびりと活動をしていたという4人である。そんな自分たちのための音楽から、人々を巻き込んでいくパワーを持ったシングル『The Wall』が完成するまでの話を訊いた。

-資料によると、結成がカナダのバンクーバーとなっているのですが、どういった経緯で結成したバンドなんですか。

Kazuya:僕とギターのanoppeが半年くらい、バンクーバーに留学をしていたんです。バンド自体は、その前からふたりでやろうかという話はしていて。向こうに行っているときに、曲を書いたりしていました。帰ってきてからこのバンドを組んで、やろうかっていう。

-ふたりで始めるとき、どんなバンドにしようかと考えていたんですか。

Kazuya:まったく考えていなかったですね(笑)。とにかく自由に、好きなことをやろうってなっとって。だから、最初の1年間はほとんど活動してないんです。作曲ばかりで。

anoppe:バンクーバーでも遊んでいましたね(笑)。飲んでばかりで。

-でもなぜ、海外に行こうと?

Kazuya:その前にもポップ・パンクのバンドをやっていて、それも英語詞でやっていたんです。海外への憧れが強かったから、向こうってどんな感じなのかなと思って行ったんです。

anoppe:ノリで、何も決めずに行ったんです。着いた日が休日と重なってホテルもないっていうことで、いきなり路頭に迷いかけましたけど(笑)。

-その海外での半年を経て、帰国してこの4人になるんですか?

Kazuya:前は違うドラムとベースがいたんですけど、先にベースがやめるとなって、cubsが入ることになって。岡ちゃんは昨年加入したんです。

岡P:それも、Red Bullの大会直前でしたね。

-大事な時期に(笑)。cubsさんは以前はどんなバンドをしていたんですか。

cubs:僕は、もともと高校生のときにヴォーカルのKazuyaがやっていたバンドのアルバムを聴いて、バンドやりたいなって思って。コピー・バンドを始めて、文化祭に出たりしていたんです。でもそのあとは、普通に飲み友達みたいな感じになって、毎週飲みに行っていたんです。それで、よかったらお前やるか? っていう感じで入ったので。

Kazuya:cubsが入って、最初のアルバムを作ろうとなったんです。そこから活動的になったというか。それでも、全然動いてなかったんですけどね。

cubs:奈良のライヴハウスのブッキングの子が後輩なんですけど、"ライヴしてくださいよ!"ってめっちゃ怒られて(笑)。尻叩かれて、ようやく月1本やるかくらいの。

Kazuya:月1のライヴでも、多いと思ってたんですよ(笑)。

-以前にポップ・パンクをやってたということですが、それこそライヴ中心のバンドだったのでは?

anoppe:そういう活動をしてたからこそ、やりたくなくなったというかね。

Kazuya:みんな社会人になっていて。隙間を見つけてユルくやるスタイルが良かったんです(笑)。

cubs:音楽を楽しんでやろうよっていうのがメインだったので、月に何本もライヴすると、生活も大変になるしというので、スローにやってましたね。

-岡Pさんはそれまでどんなバンドをやっていたんですか。

岡P:僕は真逆の、メタルコア・バンドでした(笑)。メタルコアを経て、バンドが変わるたびにBPMが下がっていって。Sunrise(Sunrise In My Attache Case)と出会ったのが、ひとつ前のバンドのときだったんですけど、一緒に旅行に行くほどお互いに仲が良かったんです。で、ドラムが抜けるとなったタイミングで、僕も自分がやってたバンドをやめるとなって。Sunriseの曲はずっと好きやったんで、加入しようと。

cubs:僕らは、もう彼以外おらんなという話をずっとしていて。でもジャンルも全然違うし、断られたらどうしようかと。

Kazuya:ビビりながらね(笑)。

cubs:遠回しに、遠回しに連絡したんです。

-音楽的な繋がりよりも、人間的な繋がりが重視されているんですね。

Kazuya:そっちの方が大事ですね。