Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

女王蜂

2017年04月号掲載

女王蜂

メンバー:アヴちゃん(Vo)

インタビュアー:石角 友香

-アヴちゃんご自身のストーリーは続きながら、今回はインタビューを受ける人というよりプロモーターの気持ちだと。

そうですね。なんかこう水と油が入っててひっくり返したらいろんな形になるやつあるじゃない? 照明器具で。

-ラバライト?

そう、なんか捉えようもないんだけど、質量は入っているし割らない限り出ていかないみたいな。まだどうしたらいいかわからない作品なので、ツアーで解釈していくためにも今、練習してるんですけど......ものすごい曲たちですね。


人の匂いや気分、心の移ろいを閉じ込めることに憧れていて。それがやっとできたと思います


-ほんとに"作る"というより"自ずと出た"ものなんですね。ところで、楽曲の中には若い人同士の出会いの曲から不倫の曲もありますね。

不倫の曲......「失楽園」(Track.6)? いや、これは実は不倫ではないんですね。でも不倫としても捉えられるようなメタファーとして"Q"が使ったんだと思いますけど。「DANCE DANCE DANCE」(Track.3)と「失楽園」は――私の解釈ですけど、ジェンダーの曲ですね。"天国なんて行きたくない"、"好きな気持ちはどうしようもない"っていう気持ちと、"Where is paradise?/探さない? あるかもしれない"ということを歌っていて......すべての恋愛を肯定することはすごく難しいけれど、誰かのせいにしない気持ちでいれば肯定できるような気がして、この2曲は丸腰で書いたような気がしますね。

-あぁ、たしかに「DANCE DANCE DANCE」には"BOY MEETS GIRL"も"BOY MEETS BOY"も"GIRL MEETS GIRL"も描かれてますもんね。人を好きになるとか、その人の何を良いと思ったかは人生上の宝だと思うんです。

でも、切ない。同時に。なんかもう、匂いとか気分とか、そういう移ろいを閉じ込めるってこと、すごく憧れてたんです。それを一番やってたのは岡崎京子さんだと思います。で、音楽シーンだと正直今までいなかった。でも自分がやっとできたので、これが得意なことなんだなって。

-でもそれは捉えられないし、割らない限り拮抗し続けるラバライトみたいな体感というか感覚なんでしょう? きついなぁ。

そうですか? 私、逃げるとか見放すとかいう感覚がわからないんです。人生で1回もそういうことをしたことがなくて。だからたぶん、人から見たらすごく膨大な質量でむくんでるんだと思うんですけど、それに気づかなくて。ただ女王蜂が1回、活動休止してまでやりたかったバンドで。大好きなメンバー、そしていいって言ってくれる人たちが徒党を組んで、今何かと戦っている。そしてひょっとしたら何か始まろうとしているっていうところで、本当にワクワクして夜も眠れないぐらい嬉しいんですよね。