Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

あゆみくりかまき

あゆみくりかまき

あゆみくりかまき

Official Site

メンバー:あゆみ(歌うたい) くりか(DJ) まき(盛り上げ役)

インタビュアー:沖 さやこ

1stフル・アルバム『あゆみくりかまきがやって来る!クマァ!クマァ!クマァ!』をリリースしたあと、"熊"から"人間"の姿になるという熊仙人からのお告げがあり人間の姿になった3人組のアイドル・パンクDJユニット、あゆみくりかまき。人間の姿では第2弾シングルとなる『ゴマスリッパー』は、メジャー・デビュー・シングル曲「鮭鮭鮭」と張り合うほどの底抜けに明るいロック・チューンだ。お笑い芸人たむらけんじ作詞によるサラリーマン賛歌に、彼女たちはどんな想いを寄せているのか?

-『旅立ちの唄』(2016年11月リリースの4thシングル)から人間の姿での活動が始まりましたが、調子はいかがですか?

あゆみ:人間の姿になったのは武道館への道として熊仙人様から与えられた試練なんですけど、姿が変わったから反応が変わったわけでもなく、自分たちの特徴のひとつがなくなってしまったように感じていて。もっともっと自分たちの色を出していかなければいけない。とても厳しい道だなと実感しています。

くりか:シングルを出すたびにフリー・ライヴのミニ・ライヴ・ツアーを回っていて、熊のときは"あ、熊だ!"と立ち止まってくれる人がいたんですけど、いまは人間の姿なので少し難しいところはあるなと思ったりもして。

まき:人間の姿になっても心意気は熊時代と同じで。だからその心をいかに濃く出していけるか......そういうモチベーションはすごく高くなりました。

-人間の姿でないとできないこともあるでしょうしね。

あゆみ:人間の姿やと、ピース・サインができるのは嬉しいですね。いままでグーとパーしかできなかったから(笑)。「HAVE A NICE DAY, 世界」(Track.2)ではダンスにピースを取り入れたりして。

まき:熊のときは衣装がパッと見あんまり変わらなかったけれど、人間の姿になってから『旅立ちの唄』では白、今回の『ゴマスリッパー』では赤と、曲ごとにイメージをガラッと変えられる喜びはあって。衣装の幅は広がったと思います。

-まきさんは2月頭に声帯ポリープの手術をなさっていますが、調子はいかがでしょう。

まき:いま、『ゴマスリッパー』を引っ提げたミニ・ライヴ・ツアーを回っているんですけど、歌だけでなく、煽りも少しずつできるようになってきているので、徐々に良くなってきています。私はずっとポリープを患っていたわけではなくて、リハーサル中に急に声が出なくなってしまったので病院に行ったら、そこでポリープが見つかった......という感じだったんですよね。そのときに先生から"あなたの場合はもういまのうちに切った方が早いよ"と言われて。私はとにかく"武道館に立ちたい!"という気持ちしかないし、100パーセントの力を発揮できないライヴを続けていくのは自分的にしこりが残るな......と思ったので早い段階での手術を決めました。手術後の2公演はマイクを持たず、声も出さずにパフォーマンスをしたんですけど、ふたりはもちろん、またぎ(※あゆみくりかまきのファンの総称)がいつも以上の声をライヴで出してくれて、みんなが私を"盛り上げ役"にしてくれました。

-みなさんがまきさんのことを支えてくださったんですね。

まき:そうですね。ふたりにはすごく負担をかけてしまったし、焦りとの戦いもあったんですけど、早くみんなに完全復活した姿を見せたくて、この前の主催イベントで、手術後初めてシャウトをしました。そのときに"自分の居場所はここしかないな"と改めて思いました。

あゆみ:まっちゃん(まき)にポリープが見つかったとき、一生付き合っていくまっちゃんの身体が傷ついてしまったことが私は本当にショックで。無理して頑張る人なので大丈夫かなと。盛り上げ役として盛り上げられないことでも悩むやろなと思ったし、一昨年の事故でもまっちゃんだけが大けがをして、なんでまっちゃんだけ!? とも思ったし。だから、ちゃんと支えたいと思いました。

くりか:ライヴはいつもまっちゃんが引っ張っていってくれてるから、まっちゃんが声を出せないぶん、自分たちがどれだけそれをカバーして、少しでもいいライヴができるのかすごく考えました。

-さらにパワーアップしたあゆくま(あゆみくりかまき)が観られる日も遠くありませんね。そして今回のシングル曲「ゴマスリッパー」(Track.1)は、芸人のたむらけんじさんが作詞に初挑戦したサラリーマン賛歌です。

くりか:日本を支えて働いている方々への応援歌を作りたい! というところからスタートした曲で。毎日家族のためにゴマをすりながら頑張っているみなさんを少しでも応援できたら......と思って、関西の太鼓持ち芸人と呼ばれているたむらけんじさんに歌詞を書いていただけないかとお願いをしました。

-もともと"ゴマをする"や"太鼓持ち"にはどういう印象をお持ちでしたか?

あゆみ:正直、生きていくうえで必要なことやと思うので、悪いことだとは思ってないです。"長い物には巻かれよ"と言ったりするじゃないですか(笑)。まったくゴマをすらない人って、なかなかいないと思うんです。

くりか:うん。どんどんすっていこうよ! と思う。家族を守るためにゴマをするの、かっこいいと思うんですよね。