Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夢みるアドレセンス

2017年04月号掲載

夢みるアドレセンス

夢みるアドレセンス

Official Site

メンバー:志田 友美 荻野 可鈴

インタビュアー:高橋 美穂

"カワイイだけじゃダメなんですか!?"をキャッチコピーに掲げるだけあって、抜群のヴィジュアルを誇るアイドル"夢みるアドレセンス"が、デビューから2年目でベスト・アルバム『5』をリリース。今作は、彼女たちが"カワイイだけじゃない"アイドルであることを証明するような1枚だ。とにかく楽曲提供アーティストが豪華で、コアな音楽好きからライヴハウスに通うキッズまで注目の楽曲が揃っているのだから。荻野可鈴と志田友美に話を訊いた。

-本誌初登場ということで、いろいろうかがっていきたいのですが、紆余曲折を経てきたグループなんですよね。

荻野:そうですね。長いようで短かった......けど、短いようで長かった(笑)。去年の夏にアルバムをリリースするって発表したときはメンバー5人で活動していたんですけど、そこから1人が活動休止になって、楽曲制作の遅れからアルバムのリリースが延期になって、そうしたらまた1人休止になり。当初リリースするはずだった1stアルバムはベスト・アルバムになりましたし。

-もちろん、最初はそこまで紆余曲折の道程になるとは思わず?

志田:デビューするときは、絶対に誰も抜けないだろうと思っていたんです。でも、(小林)れいの病気療養の休止があって、そこから私は長く感じました。ダンスのフォーメーションや歌い分けも最初からやり直しになったし。

-じゃあ、やっとここまで辿り着けたという?

荻野:そうですね。メジャー・デビューから2年活動してきて、ずっとアルバムを出したかったので。ファンの方にも、1回"出します"って言ってしまっていたし。でも、"1stアルバム"はれいが帰ってきたときに出したいから、今回はベストにしたんです。夢アドチームみんなの愛もあって。

-"5"っていうタイトルは、5人っていう意味ですか?

荻野:5人の活動を総括するっていうのと、結成から5周年で、いろんな意味が含まれています。

-結成時まで振り返っていただくと、"カワイイだけじゃダメなんですか!?"という合言葉があるじゃないですか。その言葉って同性からすると、ある意味プレッシャーなのかな、とも思うんですけど、実際どうでしたか?

荻野:今言えるのは、"カワイイだけじゃダメ"でした(笑)。

志田:言っちゃった(笑)! 最初は、ファンの方にも"めっちゃかわいい!"、"ヴィジュアルやばい!"って言われてて、このキャッチフレーズに決まって。

荻野:言い続けているときは、吹っ切れてたよね。でも、いろいろ乗り越えた今、言えるのは――

荻野&志田:"カワイイだけじゃダメ"でした(笑)。

志田:だからこそ、今は前を向いて、もっと成長して大きいステージに立ちたい!って思ってます。

-みなさん、もともとはモデルさんだったわけじゃないですか。アイドルは目指していたんですか?

志田:もともとみんな同じ事務所で、モデル活動をしてるときに、プロデューサーさんに急に"今日から君たちは夢アドだ!"って言われて。"アイドルって何!?"っていう状態から始まったんです。

-アイドルってやっぱり"カワイイ"だけじゃなく、歌もダンスもいろんなものが必要で、大変だったんじゃないですか?

荻野:最初は大変でしたね。ダンスも歌もやったことがないから、どうしたらいいものか、MCも自分たちでやらなきゃいけないし。メジャー・デビューするまでに3年かかってるんですけど、でも気づいたら、ここまで来れました。

志田:最初はレッスンで泣いてたもんね。

-やっていくうちに、楽しめるようになったんですか?

荻野:アイドルがたくさん出る対バン(イベント)に出させていただいたときに、私たちのファンの方々がすごく盛り上がってくださって。それを見て、中途半端じゃいけないなって。きっかけはそこでしたね。

-ファンの方がきっかけを作ってくれたんですね!

志田:はい、間違いなく。

荻野:いつもそうだね。ライヴに来てくれるユメトモ(※夢みるアドレセンスのファン)が背中を押してくれるんです。


アーティストさんの個性も、私たちの個性も出すようにしています


-でも、みなさん自身も"カワイイだけじゃダメだ"って頑張ってきたと思うんですよ。その最大の魅力は楽曲のクオリティで。錚々たるソングライターが揃っていますよね。しかも、それを歌い踊りこなすポテンシャルがあるっていう。どうですか? これだけの方々が楽曲提供してくださっている状況は。

志田:デモも本人が歌ってくださっていたりして、ヤバい! って毎回思います。レコーディングでは、アーティストさんの個性も出しつつも、私たちの個性も出せるよう心掛けています。次の曲は誰が提供してくれるかな? っていつもワクワクしてますね。

荻野:レコーディングのときは、楽しんでやらせていただいていて。印象的だったのは、MINMIさんが、歌詞を書く段階で夢アドのメンバーに会ってくださって、アンケートを渡してくれたんですよ。アイドルをやっていくうえで楽しかったこと、イヤだったこととかを訊いてくださって、それが歌詞に反映されたのが「Love for You」(Track.9)なんです。だから、私たちの気持ちも詰まっているので、ライヴで歌っていくうちにどんどん熱くなっていきましたね。