Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

トビウオ

2017年03月号掲載

トビウオ

メンバー:松田 拓(Key/Vo) 宇多村 雄也(Gt) 山本 泰宏(Gt) 清水 周(Ba) 小川 敦士(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

-なるほど。実際に演奏するのは難しくなかったですか?

松田:そうですね。音源だと今までとそこまで変化ないんですけど、ライヴになると熱さを伝えるためにどうやっていくかを考えながら歌い方とかもいろいろ変えていったりしてます。

清水:結構、世界観が完成された音源が(宇多村から)送られてくるので、それを崩さずにいかに自分の色を表現できるかっていうのをいつも考えながら曲を聴いてて。

宇多村:うん。より(サウンドが)壮大になったから今まで以上に熱さを求められるよね。だからライヴではメンバーの個性がより出てくるんじゃないかなと思いますね。で、「アンリミテッドヒロイン」(Track.3)も同じ時期にできた曲なんですけど――というか、この曲は本当はそんなに作りたくなかったんですよ。

-え、どういうことですか(笑)?

宇多村:鼻歌程度に口ずさんでたサビをとりあえず(バンドに)持っていったら、"演ってみたいよね"っていう感じになっちゃって。

松田:サビ、歌っててすごく気持ちいいんですよ。

-韻も踏んでるし、言葉のリズムがいいですよね。で、宇多村さんは何をそんなに躊躇してたんですか?

宇多村:これを作ったキッカケは、俺が彼女にフラれたことで――

-あぁ、なるほど。ということは、歌詞の内容は実体験なんですか?

宇多村:そうですね。今まで募ってきた嫌な部分というか......合理性に欠ける感じというか......。

松田:これ、ただの愚痴ですよね(笑)。

-(笑)しかも前2曲が爽やかだからギャップがすごいですよね。

宇多村:そうですね(笑)。曲自体はもう書き殴った感じだし、だからこの曲はライヴで一番激しく、もうドロッドロにやれるんですよ。

清水:うん、これ演ってるのが一番楽しいわ(笑)。

宇多村:だからこの曲はライヴ・チューンです。お客さんを唖然とさせたいですね。

-となると、「バイタルサイン」(Track.2)が一番最近できた曲ということですね。

宇多村:本当に最近ですね。1、2週間前にできたぐらいで。

山本:この曲が一番苦労したかもね。

-全編打ち込みだし、歌はラップ調だし、今までこのバンドがやってこなかった曲ですよね。ライヴでどう演奏するかを考えるのも難しそうですが。

宇多村:でもスケッチだけはできてて。半年ぐらい前から、結構メンバーに"楽器を捨てろ"って言ってるんですけど――

山本:そうだね(笑)。

宇多村:自分たちは今、ギター、ベース、キーボード、ドラムで演奏してるんですけど、それ以外の楽器を演奏してもバンドはバンドというか。トビウオじゃなくなるかと言ったら別にそうではなくて。他の楽器を弾いても、自分たちが表現してるならそれはトビウオなんですよ。なので、新しいサンプラーやDJ、(サンプリング)パッド、シンセサイザー、シンセ・ベースみたいな楽器をいつかはライヴにちょっと持ち込んで、そうやって(バンド・サウンドと)うまく共存できれば、よりヤバい楽曲になるんじゃないかなと想像してます。バンドをずっとやってると"バンドで伝えられればいいや"、"俺らはライヴが良ければいいや"って思っちゃうというか。音楽に対する想いって減っちゃうと思うんですけど、そうじゃなくて、自分たちはまだこんなにも未熟なんだっていうのを、もう1回(自分に)思い知らせるために作ったというか。

-要するに、自分たちの可能性を自分たちの手で閉ざしたくないということですよね。

宇多村:そうですね。"これでいいや"って思ったらそれ以上のものは生まれないんですよ。満足して安住しちゃって、同じような作品をずっと作って、いつもの感じをずっとやり続けていっちゃうっていうのは嫌だなって思って。それはメンバーにもわかってほしいし、"あ、これ演奏してみたい"って思ってほしい。自分がメンバーに提示したような感じです。

-わかりました。では最後に、今回の音源が自主企画"飛ぶ魚 春の陣"から販売スタートとのことなので、そのライヴに向けた意気込みなどを聞かせてください。

山本:4月10日のライヴは僕たちが憧れてる先輩を呼んでるので、間違いなく良い日になると思います。

小川:そうだね。ソールド・アウトする企画になってるので――

松田:いや、それ決めるのは俺らじゃないっしょ(笑)!

清水:"したい"ならわかるけど、"する"って(笑)。

宇多村:(笑)高校卒業してこの1年、大人でもないし子供でもないし中途半端っていうか、何をやっていいのかわからない時期なんですよね。でもティーンを脱ぎ捨てて、もうそれも終わるというか。

-早く脱ぎ捨てたいですか? それとも、まだ着ていたいですか?

山本:......まぁでも、あのときも気持ち良かったよね(笑)。

清水:お前ら相当良い思いしてきたんだな......(笑)。

宇多村:(笑)不安は大きいけど、いつまで経っても"あのころは良かった"と言ってるバンドにはなりたくないっていうのがあって。やっと二十歳になって、二十歳なりのものが出せるかどうかは不安ですけど、出していかなければならないし、楽しんでいきたいし。自主企画はいつも楽しいので、新しいトビウオなりの喜びがあると思うし、まぁ新しい課題も見つかるでしょうけど......。

-なんか面白いですよね。いくらポジティヴに言おうとしても"いや、でも......"みたいな部分が必ず出てくるじゃないですか。

山本:(笑)基本的にみんなネガティヴだよね。

宇多村:でも19歳なのにこんなにネガティヴでいいのかっていうね。もっと若々しくというか――

-いや、それでいいと思いますよ。

清水:等身大だね、これが。

宇多村:そうだね。でもやっぱり、今年はもう少しポジティヴにいきたいです(笑)。

松田:これ以上、下見てもしょうがないからね。


LIVE INFORMATION
トビウオ自主企画"飛ぶ魚 春の陣"

4月10日(月)下北沢ReG
OPEN 18:15 / START 18:45
前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500(1D別)
出演:トビウオ / とけた電球 / 256 +1band