Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

シュノーケル

2017年03月号掲載

シュノーケル

メンバー:西村 晋弥(Vo/Gt) 香葉村 多望(Ba) 山田 雅人(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

バンド内の関係性が、"それはどうかな"と言い合える間柄になってる
でも、それを言わせないくらい、突き抜けた曲をみんなに渡す気でいる


-やっぱりコンセプチュアルな作品が好きなんですか。

西村:もともと、僕が高校時代に曲を作っていたときも、コンセプト・アルバムのようなものをカセットテープで作っていたんです。メジャーのときにはそういうのをあまり自由にやれなかったぶん、今その創作意欲が爆発してる感じです(笑)。あのとき、こういうのがやりたかったなという思いも含めて。

-以前のそのカセットテープで作っていた少年時代の思いが、大人になって実ったわけですね。

西村:そうですね。写真でいう"アルバム"は、そのときに撮ったものがどんどん並ぶじゃないですか。僕の作るアルバムって、それとは意味がちょっと違って、写真でいうところの"写真展"みたいな感じなんです。このテーマで、この曲がここにいるっていう。今回はこのテーマに合わなかったけど、のちのテーマにハマッたらそっちに入れようかとか。そういう感覚のアルバムなんですよね。

-それで言えば、昔のネタを引っ張り出してもありそうですね。

西村:そうなんですよ、聴き返せばあると思うんです。でも結局、今の熱量でやっちゃうんですよね。よっぽど困ったら、頼ろうかと思いますけど。今のところ、余ってしょうがないので大丈夫です。

-嬉しい悲鳴じゃないですか、それは。

香葉村:4枚くらいアルバム出したいからね。

西村:出せるよね。

-復活してからというもの、こうしてすごくいいペースでやってますしね。

西村:自分たちでいつ出すかとか、どのくらい曲を入れるかとかも決められるので、やりやすさがあって、いいペースでできていますね。昔も僕がもっといいものをどんどん明確に出せていたら、また変わったかもしれないですけど。今はバンド内の関係性も、メンバー同士で、"それはどうかな"とか言い合える間柄で。でも、それがないくらいの、突き抜けたものを僕が出す気でみんなに曲を渡すので、その関係性もいいのかもしれない。

香葉村:「シュレーディンガーの僕」とか「ムーンダスト」(Track.2)のデモが来たときは、LINEでざわつきましたからね(笑)。"あいつ、作曲のスキル上げたんじゃない!?"って。

山田:マジでびっくりしたよね。

西村:かばちゃん(香葉村)が、"本当にシュノーケルで良かった"って返信くれたときは嬉しかったな。

香葉村:珍しいんですけどね、そこまで思えることってなかなかないから。でも「シュレーディンガーの僕」が来たときは、"この曲やりたい!"って思ったし。

西村:それがすごく嬉しいから、ダメ押ししたいわけですよ、僕としては。もっと俺のことを好きになってほしいから。

山田:はははは。

西村:それで「理由」とかを送ったりして。

-褒められて伸びるパターン(笑)。

西村:めちゃめちゃ伸びました、今回。

香葉村:ヴィレッジヴァンガードの特典でデモを聴いた人は、僕らがこれを聴いたときにどんな気持ちだったかを想像してくれればと。

-今回、店舗によっていろんな初回特典がつくんですよね。

香葉村:西村さんのプレゼント好きが出ちゃってますね。

西村:サービスしたくてしょうがないんですよ。予算とか度外視しちゃうので。そこを山田雅人がいろいろやってくれて。

山田:全部盛りになってるからね。

西村:今回、3種類の特典があるんですけど、TOWER RECORDSは"EYEと青春の旅立ち"ツアーでのワンマン・ライヴの模様が丸ごと入っているのと、今回のアルバム曲のライヴ映像も入っていて。

山田:それはこの間、下北沢LIVEHOLICでやったライヴです。

西村:HMVは、このアルバム全曲の弾き語り音源プラス、"KABAラップ"というかばちゃんのラップと、山田雅人の"歌ってみた"が入っていて。

山田:まさに全部盛りです。

西村:ヴィレッジヴァンガードが、僕の自宅で作ったデモと、かばちゃんの弾き語り──かばちゃんが宇宙をテーマに作ったオリジナル曲で。あとは、山田雅人の歌ってみた。

香葉村:全力ですね。今まで、インタビューでも西村晋弥というバンドの顔がいて、僕らはそれを支えるんだよっていう話をしてたんですけど、今回は全力で全員が出てます。ジャケットも僕がデザインをして、雅人は宣伝活動をしてという、全員がそれぞれでやっていて。

山田:自分の役割、自分の持ち場を全力でっていうね。

西村:一番いい状態ですよね。もう、3人の会社みたいなもんですけど、一番いい会社のあり方ですよ。