Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

音×AiR

2017年03月号掲載

音×AiR

ズダッパ(ex-音×AiR)

Official Site

メンバー:楓(Vo) MASAYA(Ba) 竜之介(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

-そんな音×AiRの初の全国流通盤が『ハートフルレボリューション』ですね。いままでにリリースしてきた曲が再集録された、集大成の1枚になったと思いますが。

竜之介:いままでの4人でやってきたことが全部詰まってると思います。

MASAYA:12曲も入ったアルバムは初めてなので、いろんな音×AiRを見せられる1枚になったんじゃないかなと思いますね。真面目な曲もあって、面白い曲もあって。

楓:いまはもう3人で作った新しい曲ができていってるので、"いまの僕たち"というより、"いままでの僕たち"っていう印象が大きいんです。12曲をバーッて並べたときに、過去の曲が10曲ぐらいあったので、改めて"俺ら、間違ってなかったな"と思いますね。

-たしかに、聴かせてもらったところいまの音×AiRはものすごく進化してるときだから、リアルタイムなバンドのモードはもう少し遅れて作品に出てきそうです。

竜之介:そう。だから正直に言ってしまうと、早く次のCDを出したいんです。このアルバムは僕らの第1章の区切りなので。たぶん、次のCDはガラッと違うものになると思います。

-アルバム全体を通じて、元気になれるようなアップ・テンポな曲や、ちょっとクスッと笑える面白い曲も多い。それはバンドのポリシーなんですか?

竜之介:ライヴのことばっかり考えて作るとそうなるんですよね。まずはライヴを観てる人を笑顔にしたいから。それが、どんな形でもいいと思ってるんです。お客さんが笑ってくれるんやったら、ボケるし、突っ込むし、お笑いみたいなこともするし。

-そういえば、月一でお笑い芸人とコラボするライヴをやってますよね。

楓:経緯としては、僕たちはいまも大阪在住なんですよ。だから、東京で活動するために基盤を固めたかったんです。いまは90年代のバンド・ブームみたいに、お客さんがライヴハウスに集まる時代でもないから、もっといろんな人たちに見てもらえる場所として見つけたのがJOL原宿だったんです。で、大阪出身といえばお笑いだよねっていう話になって。そこから芸人とコラボして一緒にやろうってなったのがスタートです。

-要するに、それって音×AiRの目指す音楽が、いわゆるバンド好き、音楽好きだけに聴いてもらいたいわけじゃないっていうことだと思うんですよね。

竜之介:そうですね。もっといろんな人にバンドを好きになってほしいです。僕らは高校のときからバンドしかやってなくて、すごくバンドを好きだけど、そうじゃない子にもバンドを好きになってほしい。これから自分らが大きくなるためにもライヴハウスでやってるだけじゃダメだなと思うんです。JOLは、僕たちがライヴハウスでやってるだけだったら出会えなかった人とも出会える場所なので、すごく大事にしてますね。

MASAYA:入り口を広げたいんですよね。僕らはストリートでもやったりするんですけど、そこで出会った人がライヴハウスにも観に来てくれたりするんですよ。

竜之介:"最終的にはライヴハウスに観に来てほしい"って、ずっと言ってます。JOLは無料のイベントだけど、ライヴハウスに来たらお金がかかる。でも、俺らが一番かっこいいのは、ライヴハウスでちゃんとアンプを繋いで鳴らす姿やと思うんで。

楓:めっちゃ怖いけどな。ストリートとかJOLとか。

竜之介:うん、めっちゃ怖い。

楓:2015年の5月からJOL原宿でのイベントを始めてて。そもそも音楽が好きかもわからへん人に向けて"こんな音楽やってます"って発信するのは、放り出された感じというか。

竜之介:すごく敵のように感じるときもあります。

楓:当然、見向きもされへんこともたくさんあったんですけど。よう考えたら、東京でワンマンやるってなっても来てくれるお客さんは、JOLとかストリートで出会った人なんですよ。だから、少しずつ積み重ねてる手応えは出てきてますね。