Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KEYTALK

2017年03月号掲載

KEYTALK

メンバー:小野 武正(Gt/MC/Cho) 首藤 義勝(Vo/Ba) 寺中 友将(Vo/Gt) 八木 優樹(Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

-ぶっちゃけ、このアルバムにかける気負いみたいなものはそんなになかったですか?

寺中:いや、アルバムではコケれないなっていうのはやっぱありましたね(笑)。

-(笑)毎回ちゃんとやってると思うんですけど、"ちゃんと"がどういう方向性に向かったか? ってことだと思うんですよ。

寺中:自分の場合は、シングルなりアルバムなり、新しい作品を出せるっていうタイミングができたときに、ちょっとでも新しいことはやっていきたいなってことを常に考えてるんですけど。それは活動を長くやっていくなかで飽きないようにとか、たぶんお客さんも一緒で、好きなバンドがどんどんいろんなことをやってくれたら面白いだろうな、みたいな。新しいことは常にちょっとずつ取り入れていきたいなってことは、みんな考えながらやってきたと思うんですけど、今回は完全にやりまくってますね。

-巨匠(寺中)の美メロ路線もアップグレードされてて。「STAY」(Track.11)はポップ・パンク風だし、「story」(Track.14)はメロディが洋楽的だし。

寺中:今回、曲作りする前に洋楽を適当にちょこちょこ聴き漁ってて。今まではあんまり聴いてこなかった音楽だったりしたんで、そういうのを取り入れたら自分の中で新しいものができるんじゃないかな? っていうなかで、いろんな曲からヒントをもらってって感じの曲作りを今回やってたんですよ。結果、今まであんま自分から出なかったメロディ・ラインが出たりしましたね。あと単純に、初めて英語詞で作ってみたりもしたし(※「STAY」)。もちろん歌も成長していきたいんですけど、それよりもチャレンジしていきたい感じはありますね。

-で、小野さんと八木さんの今まで以上の振り切りっぷりが。

小野:(笑)そうですね、もう好き勝手やりましたよ。

-好き勝手って言っても、小野さんならではのもともとのバックボーンも出てる気がするし。「パラサイト」(Track.5)と「森羅万象」(Track.8)は今までの中でも最強なんじゃないですか?

小野:そうですねぇ、いろいろやりました。特に「森羅万象」はほんとに、"こういうものを作ろう"じゃなくて、次から次へと出てくるものをどんどん出したって感じですね。頭の中でドラムのリズムが思い浮かんで、それを打ち込んで、いきなりリフが出てきて、完全に打ち込みのドラムとセッションして。最初のドラムのビートをずっとループして、ギターをサビまで弾いちゃったんですよ。で、そのあと、ギターに合わせてドラムのリズムを変えて、何回か流しながらメロディを考えました。

-ラップ・パートは?

小野:ラップ・パートは結構、歌詞を考えてるときに思いつきましたね。1番と2番が同じメロディでもなっていうところで、ラップにしようかなと。で、巨匠にお願いしようと思ったんですけど、昔「鏡花水月」(2015年リリースの6thシングル『スターリングスター』収録曲)らへんのころに"俺、ラップはちょっと......"って言ってたのを思い出して、断られたらどうしようと思って、レコーディング直前まで言わないでおきました。で、逃げられない状態へ(笑)。

寺中:熱出ましたね。"明日やれ"って。デモをiTunesに取り込んで、拡大して細かーくおんなじとこを何回も再生して。あと、RIP SLYMEを何回も聴いて、SUさんの声をいっぱい聴きました。なんか人の声って、いっぱい聴くと声帯がそこに寄っていくようなイメージがあるので。それでちょっとイメージしながら歌いました。SUさんです。

小野:巨匠じゃねぇの(笑)?

-相当、追い詰められたってことじゃないですか。

寺中:そうっすね。今回のレコーディングではダントツで一番追い詰められました。結構、早めに歌詞を作るんですけど、何も言ってこねぇから"こりゃなんかあるな"感はあったんですよ。別に先に言われても俺は断る気はなかったんですけど。

小野:ははは。どうだか(笑)?

-SUさんって言われちゃうと"そうか"と思いますけど(笑)、いい落としどころですよね。ヤイヤイ言ってるラップとは違うテンションで。

小野:そう、テンション感がいいんですよね。あとオク(オクターブ)下も入れてたりするので、SUさんが3人分鳴ってるんです(笑)。

-構図としてはもう"これが小野さんじゃん"って曲で。謎な感じと、7thっぽい感じ、ジャズ、フュージョンというか。

小野:そうですね。こういう曲聴きたいなって感じで作ってます。音源探すのが好きなんですけど、なかなか自分にフィットする音楽がないんで、そうなるともう作りますよ。こういう目まぐるしいのが好きなんです。