Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Ivy to Fraudulent Game

2017年03月号掲載

Ivy to Fraudulent Game

Ivy to Fraudulent Game

Official Site

メンバー:秦 理絵

インタビュアー:寺口 宣明(Gt/Vo) 福島 由也(Dr/Cho)

昨年4月に初の全国流通盤『行間にて』をリリースしてから、その高い楽曲のクオリティと、不敵なまでに存在感を放つ熱いライヴも話題になり、瞬く間にその名を全国へと知らしめたIvy to Fraudulent Game。約1年ぶりのリリースとなる2ndミニ・アルバム『継ぐ』では、彼らのルーツでもあるシューゲイザーやノイズ・ミュージックを独自のセンスで昇華させることで、バンドが鳴らすべき音楽のかたちがより明確になった新境地となる作品だ。わずか1年の間に大きな進化を遂げた今作『継ぐ』について、全曲の作詞作曲を手掛ける福島由也と寺口宣明に話を訊いた。そこで感じたのは自分たちの鳴らすものこそ"本来の音楽"だという圧倒的な自負。それが過信ではないことは今作が物語っている。

-前作の『行間にて』が初の全国流通盤で、あれから1年が経ちましたけど、振り返ってみてどんな時期だったと思いますか?

福島:全部が初めての感じでしたね。それまでは取材も受けたことがなかったから。ツアーに行ってみれば、知らないお客さんが来てくれるようになったし、どこに行っても待ってくれてる人がいるのが嬉しくて。"ちゃんと届いてるんだな"と思いました。ライヴをやって、いろんな体験をして心境の変化もありましたね。もう高校生の延長線じゃないというか。

寺口:前回のツアーがすごく良かったぶん、届いてないもどかしさを感じる部分も多かったんです。だから、もっと掴みにいかなきゃいけないと思ってますし。自分らの音楽がすごく好きなので。いまのフェスとかに出てるバンドとは全然違う音楽かもしれないですけど、俺はそこに勝っていかなきゃいけないなって勝手に思ってますね。

福島:自分らが目指す場所があって、"そこまで行きたい"だったのが、"行く"っていう明確なものに変わったんだと思います。

-自分たちでは"もどかしさ"もあるかもしれないけど、そのときはすでにリリース・ツアーの渋谷TSUTAYA O-WEST(※8月12日に開催)も、追加公演の渋谷CLUB QUATTRO(※8月19日に開催)もソールド・アウトしてて。予想以上の展開じゃないですか?

寺口:追加公演に関しては、俺がTSUTAYA O-nestのイベント(※5月25日開催の"ツタロックDIG「LIVE!!」Vol.02")に出たときに、MCで冗談交じりに言ったんですよ。その日のイベントがチケット代がすごく安くて、そのぐらいの値段でワンマンやるかって言ったら、(お客さんが)"わー!"ってなって。そしたら、その夜にスタッフが食い気味に"どこにする?"って言ってきたんです。

福島:めちゃ酔っ払ってぐいぐい来たから、"何を言ってるんだ"と思いましたけど。

寺口:俺は追加公演をやることに意味があると思ってたから、"お前らは(渋谷)クアトロだ"と言われて......"はい"みたいな(笑)。

福島:もっと小っちゃいライヴハウスのイメージだったんですけど。規模がさらにデカくなる。ダメでしょと思ってたけど、結果的にみんなが来てくれて嬉しかったですね。

-結構、無鉄砲というか、思いつきで言っちゃう人なんですかね? 寺口さんは。

福島:無鉄砲だよね。

寺口:言っちゃいますね(笑)。そういうときって、"どうせ、ここにいる人間も俺も死ぬからいっか"みたいな感じですね。別にいいやって。テンションに勝てないんです。

-そういう活動をしてきた1年を経てリリースされる2枚目のミニ・アルバム『継ぐ』ですけど。よりIvy to Fraudulent Game(以下:Ivy)が鳴らすべき音が明確になったなぁと思いました。

福島:今作は前作を踏まえたうえで音楽的にも挑戦できた作品ではあると思いますね。前作は初の全国流通盤だったので、いままでの総まとめみたいなイメージだったんですよ。でも、今作は全部書き下ろしだし、もっと新しい部分を見せたいと思ったんです。自分が聴いていたものを全部消化したので、音楽的な振り幅も出たと思います。

-聴いてきた音楽というと、SIGUR RÓSとかMY BLOODY VALENTINE?

福島:そうですね。前回のインタビューでルーツとか聞かれたときに、よくマイブラ(MY BLOODY VALENTINE)を挙げてたんですけど、前作にはそれ(影響を受けた要素)が入ってなかったんです。だから、意味がわからないことを言っちゃったなと思ってて(笑)。それを自分なりに入れたらこうなりました。

寺口:結果的にいままで俺たちがやったことのないテイストが入ったから、作るのは難しかったんです。僕は曲を作ってはいないですけど、表現者ではあるので。これだけ曲の振り幅があるなかで、どう歌うかはめちゃめちゃ考えましたね。歌は本当に1曲1曲違うものになったので、今回も注目していただきたいです。

-たしかに今回のアルバムを聴かせてもらうと、「Utopia」(Track.1)とか「夢想家」(Track.7)とか、シューゲイザー的な要素が強くなってる。だから曲がクライマックスに向かう昂揚感がすごくて。

寺口:そうだね。

福島:いま、その曲のサビしか知らない人っているじゃないですか。僕は音楽を1曲で愛してるんです。曲がだんだんラストに向かって昂揚していく展開のかっこよさって、それを通して聴くことでしか味わえないから。15秒聴けばわかるとか、そういうのじゃない。そもそも1曲5分なんて長くないと思うんですよね。僕らの曲ってたまに長いって言われるけど、別に長さとかじゃなくて、その中で何を得られるかだと思うんです。

-今回のアルバムを作るうえで、ポイントになった曲はありますか?

福島:そうだなぁ......最初にできたのが「夢想家」なんですよ。これは前半はバンド・サウンドじゃないんです。途中からバンド・サウンドが加わるっていう。その前半部分を作ってるときに、ベースを弾くところがないから、ベースのリョウタロウ(カワイリョウタロウ)に、"これをバンドでやってもいいのかな?"って聞いたんです。そしたら、"好きにやりなよ"って言ってくれて。制限が全部取っ払われて、自分が納得のいくものができたんです。

-以前、メンバー全員が主役になれるように曲を作るって言ってましたもんね。

福島:そう、普通はベースとドラムがあって、ギターが2本あって、歌がある。みんなをちゃんと前に出せるようにしてたんですけど。別に今回もそれがないわけじゃなくて。でも、自分が聴いてきた音楽を消化して、やりたいものをやろうと思ったから、いままでの作り方を1回排除した方がいいと思ったんです。その音楽にギターが必要だったら、ギターを入れればいい。そしたら、ああいう結果になりましたね。

-より音楽を自由に捉えることができるようになった。

福島:今作に限っては、ですね。次回以降どうなるかはわからないですけど。