Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

HY

2017年04月号掲載

HY

メンバー:名嘉 俊(Dr) 仲宗根 泉(Key/Vo)

インタビュアー:荒金 良介

HYの12thアルバム『CHANCE』は、自分たちらしさを突き詰め、このバンドのカラーがいままで以上に押し出された傑作に仕上がっている。昨年はBIGMAMAとコラボレーションし、シンクロニシティ・アルバムの制作やツアーも一緒に行うなど、新たなチャレンジを試みた。その経験も今作に大きく反映されているようで、"地元沖縄を拠点に活動するHYの真の魅力とは何だろうか"――その問い掛けに自ら答えを出すように、まっすぐな歌詞とシンプルなサウンドを掲げ、幸せとあたたかさを聴き手に運ぶ珠玉のナンバーがずらりと勢揃い。さらに、初回限定盤の特典CDには、"RIZAP"CMソングとして仲宗根 泉が書き下ろした「DEBUと言われて」を収録。もちろんその曲についても、たっぷり話を訊いた!

-昨年はHYにとって、どんな1年でした?

名嘉:やっぱりBIGMAMAに出会ったことが大きいですね。一緒にアルバム(2016年リリースのシンクロニシティ・アルバム『Synchronicity』)を作ったり、ツアーの中身まで一緒に考えましたから。その経験を踏まえて、自分たちのツアーにも新しい風を吹き込めるし、改めてこの5人は最高だなと。

-自分たち最高ってこと?

名嘉:そうですね(笑)。この5人は出会う運命だったんだなと。BIGMAMAのリアド(偉武)は僕よりも真面目でドラムのことばかり考えているし、カッキー(柿沼広也)は彼にしか弾けないギターを勉強してる。(東出)真緒ちゃんはまた泉と違って、女の子ってこんなに素敵で甘えん坊なんだなって。まぁ、僕たちは泉がいないとダメだなと。僕らにとって母親的な存在だから。

仲宗根:ははは。BIGMAMAはお互いに主張があって、ちゃんと意見が言えるわけ。ウチのメンバーは空気感を気にしすぎたり、人のことを考えすぎて何も言えないところがあるから、それを私が代弁することもあるんです。バンド同士でお互いのメンバーを見て、自分たちはこのメンバーが合ってるなと。改めて、自分たちのバンドの良さもすごくわかって。

-そうなんですね。

仲宗根:ウチのメンバーがはっきり喋りだしたら、私の立場がなくなるから(笑)。

-外から見た勝手な印象としては、HYの方がお互いに意見をぶつけ合っているのかなって。

仲宗根:それ、ほぼ私の印象でしょ?

-え、えぇ(笑)。

名嘉:BIGMAMAはいい意味でドライなんですよ。お互いに曲げられない部分も話し合うし、マスタリングもめっちゃ揉めるんです。レコーディングでもどんどん新しい機材を使うし、家でレコーディングしたものを、スタジオで渡しますからね。それが今のやり方なんだって、本当に勉強になりました。

-HYはみんなでスタジオで合わせる感じ?

仲宗根:ウチらは超アナログですね。音をひとつずつ確かめないと、曲ができないから。BIGMAMAとHY、お互いにかっこいいものを目指してるけど、ウチらはなぜかゆるくてあたたかい曲ができちゃう(笑)。

名嘉:だから、BIGMAMAにも刺激を受けて、改めて楽器を見直したりしました。ドラム・セットを全部出して、俺はなぜこれを買ったのかなって考えたりして。あと、金井(政人)君はMCさえも歌なんですよ。それで曲に入るから、よりいっそう伝わるんですよね。もし英之(新里英之/Vo/Gt)が金井君みたいなMCをしたら、また違ってくると思うんです。英之のキャラだからこそ、自分たちが育ってきた沖縄というバックボーンも伝わりやすいのかなと。

-BIGMAMAというフィルターを通して、自分らしさがより明確に見えてきたんですね。

名嘉:僕らは人見知りバンドなので、そこまでワーワー行かないんですよ。最初は壁がありましたからね。

仲宗根:ほかのバンドとコラボしたことはなかったですからね。だけど、沖縄で合宿とかして、徐々に打ち解けていったんですよ。

名嘉:今は金井君からよくLINEも来ますからね、"次はいつ東京来るの?"って。それも嬉しくて。

-9月にライヴを観たときも、この2バンドが合わさったからこその幸せなオーラが会場全体に溢れてて、あの場にいるだけで心があたたかくなるライヴでした。そのときに感じた空気感も、どこか今作に通じるところがあって。

名嘉:それはあるかもしれないですね。ドラムの面ではリアドが好きなフレーズを聞いて、それを取り入れた部分もあるし。あとは、削る作業を意識しました。英之が書いた「あの日のまま」(Track.5)も、削ぎ落としてああいう曲調になりましたからね。

-今作を聴いたときに、ものすごくHYらしい作品だなと思いました。俊さんが書いた「BLUE」(Track.2)の"青く青く青く あなたを写すよ"、"白く白く白く 真っ直ぐな歌をうたう"の歌詞は沖縄らしさ全開ですよね。

名嘉:楽曲制作をスタジオではなく、外でやるようになって。それで2年目に入るから、自分たちが見た風景も曲に反映されるようになったのかなと。

仲宗根:自分たちでも沖縄の風景が浮かび上がる曲だね、と話してましたからね。

名嘉:「BLUE」はこの歳になって、昔好きだった人と偶然出会ってしまって。一瞬記憶が蘇ってきて、その気持ちを書いたんですよ。僕は海で、あなたは空でって。絶対に繋がらないけど、そういう曲を書きたかったんですよね。

-それはなぜですか?

名嘉:なんでだろう......当時めっちゃ好きだったから。それをみんなで演奏するたびに、あの日あの場所で自分がこういう思いをしていたんだなって。この曲が遺作でもいいかなと思うくらいに書こうと。

-そこまで強い気持ちをこの曲に込めて。今作は俊さんが書いたものが頭から3曲続くじゃないですか。しかもオープニング曲「HAPPY」(Track.1)は、このアルバムを象徴するような1曲ですよね?

名嘉:自分の友達で、めちゃくちゃ明るい奴がいて。"あぁ、みんなに会えて幸せだなぁ"とか普通に言うんですよ。人間は温泉に入ったときに、"はぁ~!"と言うじゃないですか。あの溜め息には"幸せだなぁ"という気持ちが入ってる。そういう感情があるのに、なぜ心に留めておくのか――その話を聞いたときに、思ったことはきちんと言わなきゃダメだなと。それで"幸せだなぁ"といっぱい言える曲を書こうと思ったんですよ。あと、BIGMAMAに対する思いも入ってます。

仲宗根:今、これ素晴らしいこと言ってますからね。

名嘉:ははははは(笑)。

-BIGMAMAに対する思いというのは?

名嘉:本当は歌詞の中に金井君がMCで言ってた言葉を入れたかったけど、それを入れてしまうと、BIGMAMAが自分たちに声を掛けてくれたことに対する"ありがとう!"という感謝の思いが薄くなる気がして。だから、最後まで自分の言葉で綴ろうと。"私の知らないこの感情に あなたが名前を付けた"という歌詞は、一緒にライヴをやったときに幸せだなと感じたから、その気持ちを入れたんですよ。