Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Swimy

2017年02月号掲載

Swimy

メンバー:Takumi(Vo/Gt) 平成のまお(Vo/Ba) みっけ(Vo/Dr) タイキロイド(Gt/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

男女混声トリプル・ヴォーカルという編成で、ギター・ロックの枠に縛られないポップ・ミュージックを模索する滋賀発の4人組ロック・バンド、Swimy。昨年3月にリリースしたメジャー・デビュー・シングルの表題曲「あっちむいて」がTVアニメ"銀魂°"のエンディング・テーマに起用された彼らが、今度はTVアニメ"NARUTO-ナルト- 疾風伝"エンディング・テーマ「絶絶」を収録した『絶絶ep』をリリースする。メジャー進出から1年以内にジャンプ原作人気アニメ2作品のタイアップに抜擢される注目度は見逃せないが、彼らがユニークなのは"とにかく音楽で面白いことをやりたい"という自由すぎるマインドだ。全曲の作詞作曲とアレンジを手掛けるヴォーカル Takumiを中心に4人が共有する、なんでもありの精神がシーンに新たな道を切り拓いていく。

-バンド名は国語の授業で習う、あの"スイミー"レオ・レオニ作)からきてるんですね。

Takumi:"国語の授業で習った話で一番覚えてるのは何ですか?"みたいなアンケートをとると、"スイミー"が一番みたいですね。僕たちもあの話が好きだったから、そんな感じのバンドになりたいと思ったんです。

-そんな感じのバンドっていうのは?

Takumi:バンドをやってるような人間って、人と違うことに対する劣等感とか優越感が根っこにあるんですよね。そういう異端だった人が大勢の人を集めて何かを起こしていくバンドのプロセスが素敵だなと思うんですよ。僕らもそういうものを起こしたいなと思って、Swimyと名づけました。

-気になったんですけど、タイキロイドさんはアンドロイドなんですか?

タイキロイド:ソンナカンジデス(笑)。

Takumi:まったくもってよくわからないんですけど、いきなり言い出したんです。

みっけ:"今日から俺はタイキロイドでいく"みたいな。

Takumi:それをそのまま飲み込みました。

-そうなんですね(笑)。Swimyは去年の3月にシングル『あっちむいて』でメジャー・デビューしてからもうすぐ1年になりますけども。すでにCDは3作品目というハイペースですね。

タイキロイド:アットイウマデシタネ。

平成のまお:すごく早いんですけど、中身も濃かったです。メジャー・デビューをきっかけに、曲だけじゃなくて、バンドがどう動いていくかやったり、バンドをどう作っていくかっていう、インディーズ時代には考えてるようで考えてなかったことと向き合うことが増えて。期間だけ見ると、"まだこんだけか"って感じなんですけど。中身的にはもう何年も経ってるぐらいの感覚なんです。人生の中でも波が激しい期間でした。

みっけ:常に何かを考えちゃってる、みたいな感じになってますね。気づいたらこれだけ経ってたって感じで。知らん間に3キロぐらい痩せてたんです。

-メジャー・デビュー・ダイエットですね(笑)。

みっけ:あははは! 本当に。みんな痩せたよね?

平成のまお:痩せたね(笑)。頭を使うからかな。

-Takumiさんはどうですか?

Takumi:タイム感的には高1ぐらいの感覚というか。"1年前は中学生やったんや"みたいな、信じられへん感じなんですよ。1年前はまだメジャー・デビューもしてなかったのに、どう過ごしてたかわからないですね。

-とはいえ、Swimyはインディーズ時代から音源制作もライヴも勢力的にやってたバンドじゃないですか。そんなに劇的に変わりました?

平成のまお:あのときは何も考えずにやってたんですよ。周りの真似ごとというか。一緒にやってたバンドがCDを出して、ツアーをするらしい。じゃあ、自分らもデモを出して、ツアーしよっか、みたいな。それをすることでバンドを広めることが目的というより、"これがバンドなんや、じゃあ、やろうか"ぐらいの感覚だったんです。

みっけ:そこから、自分たち4人だけじゃなくなったのは大きいですね。周りにスタッフさんが増えたから、そのぶん必死感が出てきたのかもしれないです。

-責任感ですよね。

平成のまお:当時はなんの責任も感じてなかったもんなぁ。

-さっき、まおさんが"バンドをどう動かすか考えるようになった"って言ってたじゃないですか。そういうのは、みんなで話し合ったりしたんですか?

平成のまお:そうですね、かなりやな。

みっけ:いま4人で共同生活をしてるんですけど、毎日のように朝方ぐらいまでリビングに集まってミーティングしましたね。こんなに話し合ったことある? っていうぐらい。

平成のまお:どう見せたらお客さんがついてきてくれるやろう? とか、どうしたら心に残るやろう、みたいな。お客さんの立場になって考えて、でも、そればっかり考えすぎても、自分らの色がなくなるから......もう答えの出ないミーティングを必死でやってました。未だに答えは見つかってないんですけど。

-音楽性よりも、ライヴでの見せ方で悩んでる感じですか?

Takumi:そうですね。