Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

そこに鳴る

2017年02月号掲載

そこに鳴る

メンバー:鈴木 重厚(Gt/Vo) 藤原 美咲(Ba/Vo) 真矢(Support Dr)

インタビュアー:山口 智男


今回は全曲のサビの頭に爆発音を入れました。そうすると、サビ感がより出るんですよ


-前回、ミックスはドンシャリを意識したと言っていましたが、今回はどんなことを意識しましたか?

鈴木:爆発音をいっぱい入れました。効果音の音源集を見てたら、爆発音がいろいろあって、試しにそれをサビに入れてみたらすごくしっくり来て――

藤原:全サビに入れました。

-えっと、それは全曲の?

藤原:えぇ。全曲のサビの頭に入っているんです。

鈴木:しっとりした「sayonara blue」にも入っているんですよ(笑)。

-あ、あそこいいですよね(笑)。

鈴木:サビ感がより出るんですよね。

藤原:「family」の頭のシャウトが入るところは、爆発音を3つぐらい"入れとけ入れとけ"って。この曲が一番、爆発しているんです(笑)。

鈴木:"ベンサーム!"ってシャウトに合わせて、バーン! バーン! って(笑)。「family」の冒頭のシャウトは、KOGA RECORDSの所属バンドの名前を羅列してるんですよ。

藤原:最初がKEYTALKで。

鈴木:Bentham、SpecialThanks、最後に(ナンバーガールの)向井秀徳ってかなり遡りましたけど。で、最後にファミリーって。

-あ、"family"ってそういうことだったんですね。

鈴木:愛の歌です。

-あの爆発音はドラムの音を加工しているんだと思っていました。

鈴木:それ以外にも動物の鳴き声やサイレンをミックスで入れました。でも、それをミックスって言っていいのかな(笑)。

藤原:悪ふざけだよね(笑)。

-今回の歌詞は、もちろん1曲ごとにテーマがあると思うのですが、全体のイメージとして、僕は裏切りとか、別れとか、奪われた気持ちとかを感じましたけど。

鈴木:でも、全然意識はしていないんですよ。だからホンマに出ちゃったという感じで。今回、こういうことを伝えたいというテーマがあったというよりは、まず音があって、それに合う言葉を自分の語彙から添えてあげようという作り方が多かったんですけど、そういう作り方をしているうちに自分の内面が出て、そう聴こえるのかもしれないですね。

-聴きながらいろいろ深読みをしてしまいました(笑)。

鈴木:それはもう術中にハマッていますね(笑)。

-3月3日の渋谷Milkyway公演からリリース・ツアーも始まりますね。

鈴木:東名阪を含め、全国12、13ヶ所ぐらい回る予定です。

藤原:今回こそはソールド・アウトのライヴを経験したいです。まだソールド・アウトしたことがないんですよ。あともうちょいやなってことは多かったので、今回こそは。

鈴木:真矢君は新曲叩けるの? 「family」はサビの後半、ありえない速さになるけど。

藤原:人間(業)を超えてるもんね。

鈴木:人間やめなあかんもんな(笑)。

真矢:いや、人間やめなくても大丈夫です。頑張ります!