Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

そこに鳴る

2017年02月号掲載

そこに鳴る

メンバー:鈴木 重厚(Gt/Vo) 藤原 美咲(Ba/Vo) 真矢(Support Dr)

インタビュアー:山口 智男

-「family」(Track.4)もメタル要素が濃いけど、メタルを真正面からやっているというよりは――

藤原:デフォルメしているんです。

鈴木:メタルって高度なギャグだと思っているんですよ。それをよりわかりやすく表現してみました。

-曲作りはスムーズに?

鈴木:たくさん作って、そこから選んだというよりは、一球入魂みたいな感じで作っていきました。

-すでにMVが公開されている「新世界より」(Track.2)は、前作で挑戦したことと、そこに鳴るらしさが見事に溶け合って、新たな代表曲になったという手応えがあるんじゃないでしょうか?

鈴木:おっしゃるとおり、そこに鳴るらしさとポップさを以前よりも高い次元で融合させてはいるんですけど、手応えは......どうですかね?

藤原:これからツアーを回って、みんながシンガロングしてくれたら、手応えというか、自分たちがやろうとしていることが伝わっていると実感できると思うんですけど。

-じゃあ、サビのシンガロングは狙って?

鈴木:そうです。入れとけ入れとけって感じで(笑)。

-ラストの「sayonara blue」(Track.7)も新境地と言えそうですが、前作のときだったらこういう曲は素直に作れなかったんじゃないでしょうか?

鈴木:「METALIN」を作った反動だと思うんですけど、普通にいい曲を作りたいと思ったんです。変わったことをしてなくて、ただただ普通のいい曲を目指して、できたのが「sayonara blue」。「藍色の明日へ」(Track.5)もそうなんですけど、「sayonara blue」はしっとりしている曲だと思うんですよ。前回、納得いかへんって思ったのは、わっしょいわっしょいする空気にすることだったんですよね。だから、「sayonara blue」だったら前の自分でもいけたんじゃないかな。しっとりしている曲は大丈夫だったと思うんですけどね(笑)。

-今回、プレイヤーとして新たにやってみたことがあったら教えてください。

鈴木:僕ら、レコーディングに莫大な予算がかかるバンドらしく、さすがに今回は"ちょっと待て"となりまして(笑)、スケジュールも考えて、ギターは全部、宅録したんですよ。しかも2万円ぐらいのオーディオ・インターフェイスにラインを直挿しして録った音なんです。でも今回、これまでで一番音が好きな感じで。結局、機材じゃないんだって思いました。リアンプはしているんですけど、メタル系の音色に関しては、メタル・バンドをやっている先輩から借りたギターで録っていて。それはリアンプもしてなくて、2万円ぐらいのインターフェイスと1万円ぐらいのアンプシミュレーターに通して完結した音なんで、3万円の音なんです(笑)。予算をかけなくても、なんとかなるんだと思いました。

-しかも、宅録なら時間を気にせずにできますからね。

鈴木:1曲録るのに丸1日かけました。「星の行方」(Track.6)はコードのポジションがややこしくて、コード・チェンジの瞬間、開放弦を交ぜないと繋がらないんですけど、それが音源に入るのが嫌で、ひとつ目のコードをジャージャージャーって録って、いったん止めて、次に違うコードでジャージャージャーと録って、また止めてというように、コードごとにバラバラに録って繋げるという宅録ならではの手間のかかる録り方もしたんです。

-プレイ面はいかがでしたか?

鈴木:それはメタルの先輩から借りたフロイドローズに尽きますね。「METALIN」のギター・ソロはSLAYERみたいなことをやろうと思って、フロイドローズを初めて手に入れた子供のように弾きまくりました。これまで使っていた(メインの)ジャズマスターではありえなかったプレイです。

-藤原さんは今回、何か新たな挑戦はありましたか?

藤原:「藍色の明日へ」で全編、初めて指で弾きました。デモをもらったとき、ピックやったら硬すぎるから、もうちょっとあたたかみを出したいと思って、指弾きしてみたんです。これまでタッピングしたあとにピックに持ち替える時間がなくて、部分的に指弾きしたことはあったんですけど、全編で指弾きというのは初めてで、家で練習してたらめっちゃ指が筋肉痛になって......。

真矢:え、指が筋肉痛に?

藤原:しんどかったです。

-藤原さんの歌も増えましたよね。例えば「METALIN」のようなもろにメタル調の曲を歌うにあたっては、どんな気持ちで臨んだのでしょうか?

藤原:レコーディングしたとき、ちょうどBABYMETALにハマッてたんですよ。だから、これを言ったらBABYMETALのファンから反感を買うかもしれないけど、一員になったつもりで歌いました(笑)。

鈴木:MISAMETAL(笑)。

藤原:気持ちで持っていきました。

-そういうメタル・ナンバーで聴かせるブラストビートも聴きどころのひとつだと思うのですが、真矢さんはもともと、ブラストビートは得意だったんですか?

真矢:いや、やったことなかったです(笑)。今回のブラストビートは、彼が――

鈴木:"ここはブラストビートで"ってカチカチカチっと打ち込んで(笑)。

真矢:自分の中にはないものでしたね。ツイン・ペダルはもともと使ってましたけど、ブラストビートみたいな連打はやったことなかったです。だから今回、ドラマーとして幅が広がったというか、かなり成長できたんじゃないかと思います。