Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ぜんぶ君のせいだ。

2017年03月号掲載

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。

Official Site

メンバー:如月愛海 ましろ 一十三四 咎憐无 未来千代めね

インタビュアー:吉羽 さおり

ぜんぶ君のせいだ。が新メンバー加入後初の作品となる3rdシングル『Sophomore Sick Sacrifice』をリリースした。これまではつむじ曲がりなポップさ、毒っぽさのある曲がシングルのタイトル曲となっていたが、今回はソリッドなロック・チューン。ドラマチック且つ疾走感のあるサウンドで、悩んでもがいて、それでも突き進んでいく、ぜん君。の新たな決意表明のような曲に仕上がっている。カップリングもこれまでとこれからを繋ぎ、ライヴ・チューンとしても抜群に機能する曲になっていて、今を刻印する1枚になった。レコーディングや歌に込めている思いを、5人に訊いた。

-新体制での初のシングル『Sophomore Sick Sacrifice』が完成しました。新たにふたりが入ったことで、声の違いもありますが、曲の感じや曲に込められたものもまた雰囲気が違っていいですね。

如月愛海:今までにない感じですね。作曲者でいうとsyvaさんの曲がリード曲になりました。

一十三四:最初にデモを聴いたときに、"あぁ、ロックな曲でいくんだな"って思って。

-サウンドはヘヴィですが、5人のヴォーカルが乗ることでシンプルに、まっすぐに聞こえてくる曲でもあると思います。

如月愛海:そうですね。今までは重いイメージ──それこそ、恋愛に対しての歌詞も重たいイメージがあったんですけど。もちろん、強い想いは変わってないけど、どちらかというと、前に進みたいという想いが入っている曲だと思います。

ましろ:駆け抜けていく感じで。

-咎憐无さんとめねさんは今回が初のレコーディングですが、どうでしたか。

未来千代めね:緊張してしまって、最初はガチガチだったんですけど、だんだんと楽しくなりました。

-レコーディングをしたのは、いつごろだったんですか。

如月愛海:この5人が揃ってから2、3日練習して、というタイミングで。だから本当に、勢いが強い曲なんです。ライヴで聴くと、もっともっと強い勢いが出るんじゃないかと思います。

-初のレコーディングへのアドバイスはしたんですか。

如月愛海:して......ないね(笑)。

未来千代めね:わたしは、レコーディングの日にちも違ったので。

如月愛海:めねの歌声は、ちょっとボカロっぽい感じなんです。ふたりが加入して、今までになかったタイプのヴォーカルが加わりました。強気の姿勢もすごくあるんですけど、ふたりがかわいらしい感じの声なんですよね。

-たしかに。表題曲もそうですけど、カップリングの曲ではそれがよりわかりますね。

如月愛海:そうなんです。それで、もともとのコンセプトの"病みかわいい"の、"かわいい"を補ってくれているというかね。

未来千代めね:補えているならよかったです(笑)。

-レコーディングでは、何かヴォーカルのディレクションや、ここはもっとこういうふうに、という指導もあったんですか。

未来千代めね:自由にやらせてもらいました。

咎憐无:その言葉に合った自分のイメージで声を入れました。

如月愛海:かっこいいね、"自分のイメージで声を入れました"って(笑)。

ましろ:かっこいいよ(笑)。

咎憐无:イメージで(笑)。ただ、頭の"MODERN"のところと、"HEY! 1・2・3・4......"のところがどうしてもうまく言えなくて難しかったです。

如月愛海:ぜん君。(ぜんぶ君のせいだ。)特有の早口のパートですね。

ましろ:録る前に、イヤフォンで聴きながらずっとひとりで練習してたもんね。

咎憐无:ボソボソ、ボソボソ練習してました。

未来千代めね:わたしも早口が苦手だから、同じところで苦戦しました。

-いつもそれぞれに合った、これぞというパートで歌割りをしていますが、今回もそれはあったんですか。

如月愛海:どちらかというとこの曲は、いろんなことがあって、それでも立ち向かっていこうとする3人と、その厳しい今の状況に加わってくれたふたりの、"今から見せるよ"、"今まで以上のやつをやるよ"っていう気持ちがとても強いので、そういう歌割りになっていると思います。もともと、この曲は中二病みたいなイメージで作られていて、全員そういう節はあるんですけど(笑)。

ましろ:ちょっとずつ違ったタイプの中二病で。

如月愛海:それぞれ、ぼっちでこじらせてるんです。それが、歌割りにも出ているので、それぞれに対して"あぁ、こういう中二病なんだな"って思ってもらえれば。

-なるほど(笑)。立ち向かっていくということでは、3人にとってこの歌詞は、かなりグッと響くものでもある?

如月愛海:そうですね。正直、開き直らなきゃいけないし、結構いろんな気持ちが混じっていますね。"この街は 血も涙もない"と歌いつつも、みんなそれまでもそんなにおいしい人生を送ってきているメンバーではないので、昔からみんなわかっていることなんです(笑)。そういうことも全部わかっているけど、それでも、こうやってこの世界で生きていくよっていう開き直りみたいな思いは入ってます。

-歌詞にはさりげなく"誇れ 子供精神(コドモメンタル/※ぜんぶ君のせいだ。の所属事務所)"と入っていて。会社を背負っていくくらいの意気込みがあるんだなとも感じますしね(笑)。

如月愛海:そうですね、会社も何もかも背負って。あと、ふたりにもそこは背負ってもらうしね(笑)。

未来千代めね&咎憐无:はい、頑張ります(笑)。

如月愛海:この曲で言いたいことはひとつなんですよね。患いさん(※ファンの呼称)や聴いてくれる人に、"ついてきて"っていうことで。

-その気持ちは伝わると思います。

如月愛海:これを1曲目にした理由も、もちろん強くいくんだというのもありますけど、一方で、いつものように水谷(和樹/Gauche.)さんの曲もあり(Track.3「あおはる」)、かわいい曲も、切ない曲も、ロック調の曲もあって、全部ひっくるめてぜんぶ君のせいだ。だよっていうことなんです。1stフル・アルバム『やみかわIMRAD』(2016年リリース)から言ってることなんですけど、それをもう1回知ってねっていう。もう1回、わたしたちはここから始めるよっていう意味合いはすごく強いですね。