Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

魔法少女になり隊

2017年01月号掲載

魔法少女になり隊

魔法少女になり隊

Official Site

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt)

インタビュアー:秦 理絵

-そう考えると、「革命のマスク」とも近いところにある曲ですよね。

バジル:(頷いて)今回のテーマはシングル1枚を通して"仲間"みたいなところもあるんですよ。だから3曲目の「Believe」は"ONE PIECE"のオープニングのカバーなんです。

-たしかに"仲間との冒険"と言えば、"ONE PIECE"ですね。魔法少女になり隊のファンの人たちはカラオケとかで歌ったりするような、絶妙の選曲だなと。

ウイ:正直、それは狙ってます。カラオケとかでみんなが歌ってるような曲を、あえて選んでるところもあるんです。

gari:今回も最初はバジルさんが"この曲どう?"って持ってきたんです。

明治:私は原曲をあまり聴いていなくて。ウイさんがアレンジしたカバーがこの曲の印象になっていて。聴いてるのはすごく楽しいんですけど、この曲......速いんですよ。

ウイ:右手つらくない?

明治:そう、右手がつらいんです(笑)。でも、ライヴでやったら、みんなどんな感じでノってくれるんだろうなっていうのは楽しみではありますね。

ウイ:僕としても「Believe」はもともと好きな曲だし、ユーロビートじゃないですか。魔法少女になり隊で曲を作るときの最初のテーマとして、ユーロビートに対して、ソリッドなギターとかハードなドラムを入れてたらどうだろうか? って実験がひとつのテーマだったりもするんです。だから、魔法少女になり隊のルーツにもなってると思います。

-なるほど。それはこのメジャー2ndシングルのタイミングで入れる意味がありますね。プラス、歌詞も1、2曲目のオリジナルと一貫した統一感を持ってるし。

gari:やっぱり"ONE PIECE"のオープニング曲のイメージが強いから、テーマが"仲間"っていうところでは、シングルのまとめのような感じになったんです。仲間たちと一緒に夢を追いかけていく、みたいな。だから、1曲目で"みんなで革命起こそうぜ"、2曲目で"みんなでテッペン目指そうぜ"、最後にこの曲で"みんなで夢を追いかけよう"っていう1枚です。

バジル:仲間と一緒に、革命だってテッペンだって目指していこうっていうことですね。「Believe」はもともと知ってる曲を、私らしく歌うのがめちゃめちゃ気持ちいいです。

gari:バジルさん、好きなところあるもんね? サビに入る直前の英語のところ。"I'm really really/stuck on you"の、"ストッコーン(stuck on)"のところ。

ウイ:あそこ何回か録り直したもんな(笑)。

バジル:英語の歌詞を歌うこともなかなかないし、wow wowっていうのも自分たちではあんまりないんです。だから、そのへんはノリノリで歌ってます。

-では、2017年一発目のシングルなので、最後に今年の抱負をお願いします。

ウイ:"革命"を起こしましょう。

gari:みんなで"テッペン"目指していきましょう。

ウイ:明治はこれ読んで(※「Believe」の歌詞カードを渡す)。

明治:仲間を信じて、"夢の背中を/追いかけて"いきたいと思います。

-つまり、このシングルを聴いてくれってことですね(笑)。

バジル:あと、東名阪ワンマン・ツアーもやるので来てください。リリース後だからこそ、幅広い私たちの曲を知ってほしいなと思ってます。今回は"攻めのゾーン"があるので、そこも楽しみにしていただければ。内容はワンマンに来てのお楽しみです。

-ちなみにツアー・タイトルは"メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る"ということで。RPG的にはメロディアっていう旅立ちの町からどんどん冒険が進んでますね。

gari:そうなんです。メロディア王国から旅立って、今回のシングルでアメリケに着いたので、「革命のマスク」はポップ・パンクな感じでもあるんです。