Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

魔法少女になり隊

2017年01月号掲載

魔法少女になり隊

魔法少女になり隊

Official Site

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt)

インタビュアー:秦 理絵

-バンドのメッセージ性として、魔法少女になり隊は前向きな言葉を選ぶことが多いんじゃないかと思います。それは意識してることですか?

ウイ:あぁ、そうですね。聴いてくれる人が笑顔になってほしいっていうのはありますね。

gari:曲もそうだけど、歌詞もキャッチーになった方がいいなと思ってます。もちろんネガティヴな歌詞を否定するわけではないんですけど、個人的には、前向きな歌詞の方がキャッチーだと思うんです。まぁ、今後はどうなるかわからないですけど。すごいネガティヴな歌詞を書くときもあるかもしれない(笑)。でも、それはいまの僕らが作ってるものだから。歌詞も含めて、このあとも自分たちが作りたいものを作れればと思います。


いまは良くも悪くも、上を目指すタイミング
お客さんも"仲間"だし、全員で魔法少女になり隊の冒険をしてる


-カップリングの「テッペン伝説」(Track.2)はゴリゴリなメタル・ナンバーですね。

ウイ:スラッシュ・メタルですね。

-これはノットフェスに出演したことの影響もあるんですか?

ウイ:そういう刺激もありつつ、ガツッとやりたいなと思った曲ですね。僕の中のスラッシュ・メタルって、METALLICAなんですけど。METALLICAは構成が多くて、曲展開がドラマチックだったりするじゃないですか。だから僕も最初は、そういう感じで攻めたいなと思ったんです。展開も多くして、曲のサイズを長くしたんですよ。そしたら、みんなから"長い"って言われて。

gari:あー、長すぎたね(笑)。構成がメタルだったもんね、完全に。

ウイ:だから"すみませんでした"って言って。最初は複雑だったものを、ちょっと聴きやすいようにシンプルにしたんです。

-でも、ウイさん本人は、それがやりたくて曲を作るわけじゃないですか。

ウイ:"俺はこれが好きだ、どうだ!?"ってね。まぁ、怒られるかもしれないけど。

-メンバーに言われたからって、すぐに納得できるものなんですか?

ウイ:僕の暴走を止めてくれるメンバーがいるから、やりたいことを言えたりするんですよ。ちゃんと支えられてる感じがするので、"すみません"って作り直すんです。

明治:私もウイさんが出してくるものはすべていいなと思うんですよ。ウイさんは、"メタルだったら、こうでしょ?"みたいなのが......たぶん何のジャンルでもあるんですよ。

-そこにある美学みたいなのをリスペクトしてるんですね。

明治:ウイさんは音楽を真面目にやってるから、そこに対して、みんなで聴きやすいように若干調整していくっていう作業は、より良いものにするためには必要なんだと思います。

gari:魔法のフィルターに通したいっていう感じですね。

-歌詞は、まさに魔法少女になり隊がテッペンを取っていく、その伝説の始まりというか。

バジル:さっきウイさんが言ってたけど、"俺たち、いけるんじゃね?"を全力でやってる曲ですね。みんなでテッペン、一番を勝ち取ろうぜって。

gari:この曲はメインをバジルさんが書いたんです。やっぱりメジャーにきて仲間の大切さを感じたし、CDを聴いてくれる人も、ライヴに来てくれるお客さんも全員仲間だと思ってるんですよ。全員で魔法少女になり隊の冒険をしてる。いまは良くも悪くも、"上を!"っていうタイミングだと思うんです。そこで仲間っていうのがより明確に見えてきたから、うちららしく、みんなでテッペン取ろうぜ、いえーい! っていう歌詞ですね。