Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

魔法少女になり隊

2017年01月号掲載

魔法少女になり隊

魔法少女になり隊

Official Site

メンバー:火寺 バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt)

インタビュアー:秦 理絵

-絶好調ですね。そんななかリリースされるメジャー2ndシングル『革命のマスク』は、かつてないほど解放感のあるナンバーになりましたけども。

ウイ:これまでとは少し雰囲気が変わったと思います。本当は明るくてポップな感じの曲にしようと思ってたんですけど、ストリングスのアレンジが入ったことによってエモくなってしまいました。

-なってしまった、というのは?

ウイ:最初に思ったイメージからガラッと変わったんです。まず僕がギターとコードだけで楽曲の骨組みを作っていくんですけど、それをメンバーに"どう?"って聴かせたときに、"ストリングスを入れてみるのはどう?"っていう提案をもらったんです。そのとき、僕にはストリングスの引き出しがなかったんですよ。だから、"わからねぇな"って困っちゃったんですけど。それでも、みんなが面白いと思ったことは――

-とりあえず、やっていこうっていう精神ですね。

ウイ:そうなんです。だから、どうやって入れるんだろう? って悩んだりして。かなり難しかったですね。でも、うまいことストリングスが入って良かったなと思ってます。

gari:最初に聴いたときに、エモくしたいと思ったんです。だから、"お願い! お願い!"って言って、ほぼほぼウイさんに丸投げして。実際、こういう楽曲が生まれて"開けた"って言ってもらいましたけど、魔法少女になり隊にとっては新しめの曲が生まれました。

明治:この曲は以前から、ライヴでもやってたんですよ。このアレンジではなくて、ストレートなバンド・サウンドだったんです。でも、ある日を境にやらなくなって。もっと良くなるんじゃないかっていうので、今回のアレンジとか歌詞とかになって。サビごとにリズム・パターンが変わるのもエモさが出てる部分ではないかと思ってます。

-サビでパターンが変わるのもそうだし、ストリングスも入って音の情報量も多いけど、やっぱり魔法少女になり隊の曲はキャッチーでメロディの飛び抜け方が群を抜いてます。

ウイ:最初にメロディを作ったときから、この曲はすごく良いものだなっていう確信はあったんです。アレンジをどうイジっても、絶対に良いものなのは間違いなかったりするんですよ。で、それを引き立たせるために、どうしたらいいんだろうな? っていうのは結構、試行錯誤を繰り返してて。それで、さっき言った"ストリングスを入れてみては?"っていうメンバーの意見もあって、よりメロディが引き立つような感じになったんじゃないかなと思ってますね。あとは、バジルの声がメロディを強くするんです。

-歌詞に関しては、あだるとゆうくん(※"魔法少女になり隊"というRPGの開発者)も関わってるんですか?

gari:ゆうくんが書いたものを、メンバーがああだこうだ言って書き直した感じですね。

-前作の「KI-RA-RI」で歌っていた"夢に向かうんだ"っていうところから、"革命を起こすんだ"っていう、1段上の意志を持った歌詞ですよね。

gari:成長感があるよね。"泣いちゃうよ、泣いちゃうけど、頑張るの"みたいな歌詞から、"わたしは革命起こすの"ですからね。

バジル:この曲は良い意味で、聴く人に委ねられる曲なんです。"ありがとう"と言いたいのに、気づいたときには離れて言えなくなってしまった人がいたりするじゃないですか。私の場合、伝えたい想いがあるけど、喋れないからそれが難しくなっちゃって。でも、伝えたいことがあるのっていう、意志が詰まった曲。聴いてる人それぞれに当てはまると思います。マイナスをプラスに変える革命の曲なんです。