Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KOZUMI × それでも世界が続くなら

2017年01月号掲載

KOZUMI × それでも世界が続くなら

それでも世界が続くなら

Official Site

KOZUMI:ニシハラシュ伊東 潤(Vo/Gt) きたはらさき(Vo/Dr) 北原 康平(Gt) 岡 涼太郎(Ba)
それでも世界が続くなら:篠塚 将行(Vo/Gt)
インタビュアー:吉羽 さおり Photo by 川村 隼也


KOZUMIの人柄をできるだけ音で再現できるように背中を押すのが、僕の役割でした(篠塚 将行)


-制作時はたくさん曲を作ったけれど、だいぶボツにされたという話もあったようですが。篠塚さんは、彼らの持ってるポテンシャルをもっと引き出したいと思っていたんですか。

篠塚:どれもいい曲だったんですよ。俺はKOZUMIって、絶対負けないっていう気持ちや、貪欲さや反骨心があるバンドだと思うんですよね。今回最初の全国リリースで、そういう反骨心や、4人が普段考えていることが、ちゃんと音楽になったらいいなというのがあったんです。ボツになった曲には、そうなってない曲もあったんだと思う(笑)。言葉にするのは難しいんですけど。このアルバムでKOZUMIのことを知る人もいるから、そういう意味では、どの曲で初めて知っても、ちゃんと彼らの反骨心がわかるようなアルバムになったらいいなとは思っていたんです。僕の場合、制作にアレンジャーやプロデューサーとして付き合って考えるときに、一番大事なのは、メンバーの人柄がちゃんと出ているかどうかだと思っていて。今回はちゃんと、一番出ている形になったのかなって思っているんですけどね。

-サウンド面でのテコ入れといえば、4人の人柄の感じですか。

篠塚:4人の関係性が、音を聴いたらわかる......っていう感じですかね。これがバンドの人間関係として、潤だけのワンマン・バンドだったら、ツイン・ヴォーカルじゃなくてもよかったと思うし。例えば、どんなにメンバーに意見を潰されても、自分の意見を言い続けるのが岡君なんですよ。さきちゃんはさきちゃんで、彼女なりの審美眼があるし、意外とバンドっぽくない意見とかもあるタイプだと思うしね。潤はヴォーカリストらしいんです。でも、相手の話も聞きながら、意外とまとめようともするし。康平は、そういうみんなの意見を"じゃあ、こういうことね"って感じでまとめてくれて、気に入らなければ言うタイプで。典型的なワンマン・バンドではなく、全員が自分でバンドをやってる感じをちゃんと持てていて。4人でずっとワイワイしてるバンドらしいバンドでもあったので、人間関係どおりの演奏と音楽になるべきだろうと。

-そのままでいいバンドだなと、わかったんですね。

篠塚:そういうことかもしれないですね。例えば、康平とかは、最初はソロ以外のところは(アンサンブルとして)後ろに下がろうとしていたと思うんです。単純に歌モノだから、歌を立たせるために下がろうと。でも、実際の人間関係では別に下がってないんですよ。音楽的には、歌があるところではギターをあまり弾かない方が歌は聴きやすいかもしれないけど、KOZUMIの人柄を考えたら、そういう感じではないよねと思ったんです。もっとぶつかり合っていていい。僕は、できるだけ人間関係を音楽で再現できるように背中を押す役割というか。

-もっとエンジニアリング的な視点だったのかと思ってました(笑)。

篠塚:いや、精神論ですよ。

一同:はははは(笑)。

岡:たしかに。言われてみればそこが一番デカかったかもしれない。

伊東:俺ら全員が、ちゃんとした知識を持ってないし、何が正しくて何がダメかがわからないんですよ。ただみんなが、誰かに後押ししてほしかった部分は絶対あって。"お前はこれでいいんだよ"って、しのさんが言ってくれて。あぁ、これでいいんだって自信を持てたのが一番でかい。

篠塚:型から外していく感じですよ。4人が持ってるものをそのまま出せたら、それが一番バンドにとって幸せだと思うんです。4人がひとりひとりちゃんと肯定されているっていうか。自分が出したアイディアが、ちゃんとバンドに反映されていることが、一番大事な気がしたんです。とりあえず、先のことは考えずそれをやっていったら、気づいたらちょっとなんだかわからないバンドになっていたみたいな感じですね。

-それが短期間でメキメキ変わっていったわけですね。

篠塚:外から見たらそうだと思うんですけど、変わったというよりも、もともと4人がしたかったことだと思ってます。4人が全員で、本気で一歩を踏み出したらどんなバンドになるだろうっていう。それは、まだこれが一歩目だと思うので、どんどんわけのわかんないバンドになっていくと思いますよ。

-現在、ライヴで新曲も披露していると思いますが、それまでのKOZUMIファンからの反応はどうですか。

伊東:面食らってますね(笑)。

岡:"変化"じゃなくて、"進化"なんですよね。変わったと言えば変わったんですけど、路線は変わらず、鈍行列車が新幹線になったというか(笑)。上位互換的なね。

伊東:うん。サナギが孵化した感じでね。

岡:サナギの状態で戦おうとしてたのが、ようやく。そういう進化ですね。