Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Brian the Sun

2017年01月号掲載

Brian the Sun

メンバー:森 良太(Vo/Gt) 白山 治輝(Ba/Cho) 小川 真司(Gt/Cho) 田中 駿汰(Dr/Cho)

インタビュアー:沖 さやこ

-変化を求めた?

森:いや、クローズドなところから始めたかったんです。「HEROES」はオープンじゃないですか。それはそれで好きやし、バンドでやることに疑問を感じることはないんですけど――どちらかと言うとメジャー・デビューのタイミングでは"来るもの拒まず全部やってやろう"というテンションやったんです。それでデビューして、アニメで自分たちの曲が流れる光景を見て。そこにはすごく"なるほどな"と、いい感じに見えるなぁと思ったんです。でも――めっちゃニュアンスが難しいけど――外向きの曲が自分たちにとってリアルな曲と言うよりは、いまの自分の手元にはない希望やったり、先のことを見据えて歌っているものやと思うんです。そればっかりやってると、生きてる実感や手応えがふわっとしてしまうなー......と思ったりしてて。だから、もうちょっと自分にとってリアルなものを書こうと思って書いた曲たちなんです。でもその曲たちをいま見たら、すごく新鮮(笑)。いまのリアルではないのかもしれないです。

白山:『パトスとエートス』の曲を作ってるときの良太は完全に内にこもってる感じで。ピリピリしてたんだろうけど、0から1にする作業のときの顔を俺らに見せることはあまりなくて。スケジュール的に俺らも短い期間で仕上げなきゃいけなかったし、良太がせっかくツアーと並行させて制作していた曲を俺たちが仕上げられないなんてありえないじゃないですか。だから俺らも必死になって間に合うようにしました。

森:フレーズがややこしいし、難しいし。レコーディングのときとか、めっちゃイライラしてたわ(笑)。荒れてたね~。

白山:レコーディングのときまでは荒れてたか(笑)。

-自分たちの理想に近づけるために妥協を惜しまなかった結果、荒れたと。

森:やっぱり、そういうことやと思いますねー......。俺、作ったアルバムを聴き返すことは普段あんまりしないんですけど、今回はめちゃ聴くんですよ。いいものができたと思っているんですけど。

-えぇ。最初にも言いましたが、10年のバンド史上、最高傑作ですよ。聴き続けられる、ちゃんと残るアルバムができましたね。

森:自分の中でいいものかな、という気がしていたんで、周りの人からいいと言ってもらえるのはすごく嬉しいです。

白山:アルバム曲をぎゅっと短い形で制作したときに、いわゆる「HEROES」や「Maybe」みたいな外向きの曲ではなく、Brian the Sunがもともとやっていたような、ソリッドなものをいまの状態で作った曲になったので、俺ら的にはかっこいいものになったと思っています。だからはたしてこれが評価されるのか......というのはね(笑)。

田中:世に出てどうなるかね。

小川:出てみんとわからんし、出るのが楽しみやな。でもバンド仲間に聴いてもらうと、"いい曲ができたね"だけでなく"かっこいいものができたね"と言ってもらえていて。俺たちとしては、それは嬉しいんですよね。

白山:10年前のBrian the Sunをリバイバルさせて、みんなでやってきた10年間の活動でもって、昔やっていたソリッド感をブラッシュ・アップできたと思っていて。これを評価してもらいたいです。

-現時点で自分たちが納得できるものができたなら、それは素晴らしいことでは。

森:いいものはできたけど、まだまだもっとできる、いけると思う。

白山:満足できたら解散やと思います(笑)。いま自分たちがいる位置にも満足はしてへんし、高みは望んでいます。

-もちろんもっともっと音楽的な追求もできるし、多くの人を巻き込むこともできるバンドだと思っていますよ。......1時間近く話しましたが森さん、記憶は取り戻しました?

森:......こうやって話していて、良いも悪いもないんやなぁ、自分には白と黒に明言できることがあまりないから、話して伝えるのが難しいんやなと思いました。"そうなんやけど、そうじゃないねん"、"そうなんですけど、ちょっとちゃうんすよ"みたいなことがめっちゃ多い(笑)。もうちょっとなんとか、わかりやすいものを作ってもらわんとね?

小川:誰に言うてんねん(笑)。曲を作ってるのは森さんですよ?

森:(笑)どれもそうやし、どれも違うんですよ。治輝が言ってることに"そのとおり!"と思う自分もおるし、"ん~"と思う自分もおるし。俺が自分で言うことも"そのとおり"と思いながら言ってる半面、"それにはこういう弱点があるよね"と思ってる。だから大変です(笑)。

-言葉にできないこと、両極端なもの、方程式で成立しないものを、嘘偽りなく届けられるのが音楽であり芸術ですよ。

森:おぉー、なるほど。曲にある"余白"みたいなものを汲み取ってもらいたいですね。

白山:このアルバムの曲をメインにして全国ツアーを回るので、お客さんの反応も楽しみですね。ツアーを回り始めれば、メンバー全員の気持ちもまた変わってくると思うし......一生そういうふうにして前に進んでいくんやろなと思います。