Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

植田真梨恵

2016年12月号掲載

植田真梨恵

インタビュアー:石角 友香

-幸せな妄想だけど、"だがしかしうまくいかないのだ"ということですか?

でも、「パエリア」では"だがしかしうまくいかない"を歌詞には入れなかったので、最後、おばあちゃんになったところの描写まで入れてしまってますね。最後の変拍子になるところで、"きっと人生はでこぼこ道ですよね"って感じを出せたらと思いながらリフを弾いています(笑)。

-そうした遊び心のある曲があるから、Track.9「僕の夢」みたいな曲も生きてくるというか。「僕の夢」はピアノ 対 植田真梨恵で、すごくいいですね。

ピアノの西村(広文)さんもたぶん、子供のころからピアニストになりたいと思ってたんじゃないかな? と思って。幼少期に夢見ていたことを今も追いかけてる人と一緒にやれるのが、すごく意味がある曲でしたね。

-曲の内容とアレンジがリンクしてるなと思いました。サウンドとしては西村さんのピアノと植田さんの歌が、歌詞では過去の僕と今の僕が対峙してるじゃないですか? それもしっくりくるなぁと。

嬉しいです。もともとピアノで作った曲で、四分でダーンダーンって弾いてるだけのデモを聴いてもらったんですけど、西村さんが"あれも悪くない"って言ってくれて。"えー"と思ったんですけど、西村さんはすーごいピアノが弾けるのにあんまり弾かないで、1音に魂を込める素敵な感じが出たのがまた良かったですね。

-これは植田さんとしてはどういう心情で書いた曲ですか?

これはですね、ピアノがある場所にぼんやり座ってて、自分の夢とか、今やっていることに対して、なんの陰りもなく"素敵"って言えない時期に書いたのかなと思います。書いたときも、できあがりに対して心が"うっ"ってなってきつかったので、たぶん本音が出たんだなと。

-自分もそういう状況にあるからグッとくるのかもしれないですけど。

時代のことを言いたくないけど、見てきたものと今とでは変わってしまった部分もあるし、実際に私自身も見てることが違うから、"なんとも言えないけど悔しいな"と思ったり、"悔しいなと思えよ!"と思ったり......なんかしますね。

-Track.6「I was Dreamin' C U Darlin'」のオールドタイミーな感じもいいですね。これもわりと気楽な感じに?

そうですね。CD化はあまり考えず、友達に贈りたくて作った曲です。その友達はカップルで、女の子の方と特に仲が良いんですけど、ふたりからいろいろ話を聞いてて、なんか危ういなと思ってたら、やっぱり別れたっていう話を聞いて、"そっかー......"と思って。私自身、ただ急に別れたって聞いてたら超悲しいと思っただけかもしれないですけど、いろいろあったことを知ってたから、"しょうがないね"と思ったんですね。「わかんないのはいやだ」みたいですけど、どういうふうに言葉を贈ったらいいかわかんなくて。それで紅茶を淹れて一緒に飲んだりしたいなと思ったんですけど(笑)、叶わないからそんな曲が書けたらなと思ったんです。iPhoneで録って、ピッとその子に送りました(笑)。

-でも、その友達からしたら"しょうがないね"の部分をわかってくれてるかわからないかで大きく違いますよね。

選んでいくのは自分なので、それでも自分より相手のことが好きだったりしたら別れは選ばないかもしれないし、もうこれ以上ふたりでいい効果が生めないと思っちゃったから別れたわけで。それはもうしょうがないけど、やっぱ別れは寂しいなと思って書きました。


不安はよぎるけど拒否したら終わりなので、受け入れていこうと思う


-ちなみに今回の制作中のモードというか、外的なことで影響されたものはありますか? 今年らしい何かとか。

うーん......今年はそうだな、いろんなバンドが復活したので、長い夢という意味では"おぉ!"と思うことが多くて。それに、こんなに長年頑張ってる人が今もキラキラを放っているんだったら、私ももっと頑張れよとも思いましたね。「僕の夢」で歌ってた、"現状に夢がないかも"って思ったようなことって、THE YELLOW MONKEYのライヴを観たときに"あ、そんなことないかも。やっぱすごいかっこいい職業やん、魔法やん!"って感動できたので。それ以降、音楽を信じてというか、"やっぱ好き"と思ってやってます。

-何十年やってても相変わらず輝きを持ってる人がいると思えたからこそ、つまずいたり、今の自分はどうなんだ? ってことを書いた曲もリアリティを持って歌えるのかなと。

不安がよぎる瞬間って、人間なら絶対にあると思うんですけど。そういうときを受け入れてじゃないですけど、不安に思ったらそこで終わりなので、拒否せずに受け止めていければと思いますね。

-さて、"ロンリーナイト マジックスペル"というタイトルについて、これ自体がおまじないみたいですけど、どういう思いでつけたんですか?

「ダイニング」をアルバムで聴いてもらうと思ったときにポンと浮かんだ言葉が"ロンリーナイト マジックスペル"だったんです。ひとりの時間に、寂しいっていう思いもあると思うんですけど、ちょっとしたことでその時間が貴重になったり、とっても楽しく過ごせたりするので。そういうときにそばにあるようなアルバムになったらいいなと思って作りましたので、ぜひ聴いてください。