Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Split BoB

2017年01月号掲載

Split BoB

メンバー:あゆみ(Ba) なつみ(Gt) こはる(Vo/Gt) ゆり(Dr) さとみ(Key)

インタビュアー:秦 理絵

-さっき"悩みが変わった"って言ってましたけど、どういうことを悩んでいたんですか?

こはる:MCで喋ることにプレッシャーを感じてたんです。でも、あそこでいいライヴの感覚を掴んだことによって、いつもより重いけど、軽くMCを言えるようになったというか。私の中の重い想いを、ちゃんと伝えることができるようになってきたんです。

-MCで悩むということは、自分たちが何を伝えるバンドなのかっていう、根本的なところで悩んでるってことじゃないかなって思うんですけど。

こはる:そうなんです。自分たちのことばっかりになっちゃいけないし、でも、ものすごく大きいことを言っても嘘っぽい。その境目はずっと......いまでもだけど、悩んでますね。でも、前よりMCに対するプレッシャーはなくなってきたと思います。いままでは自分たちの良さがわからなくて、"MCでいいことを言うバンド"みたいなところを目指してたんですけど、いまはMCに頼らなくても勝負できるっていう気持ちになれてるんです。

-つまり、音楽の中身をちゃんと届けた方がいいと思えたってこと?

こはる:そうなんです。そうなると、私自身にも味方が増えた気持ちになれたんですよね。それまでは"自分がいいことを言わなきゃいけない"っていう孤独な戦いだったけど、ちゃんと音楽でも勝負できるっていう姿勢になれたことで、他の4人が味方になった気がしたんです。だから、ここにきて結束力が強くなってきたのはあるかもしれないですね。


自分たちがやりたいことはやり切ったから、もっと大勢の人に聴いてもらいたい気持ちが芽生えた


-そんな状況のなかでリリースされるのが、今回のミニ・アルバム『オヒレフシメ』ですね。まさに音楽で勝負をするための1枚になったんじゃないかと思います。

こはる:もちろんいままでも毎回、勝負作ではあったんですけど、次にCDを出すなら、それなりの覚悟をもって出したいと思ってたんです。

さとみ:この先を見据えた、未来を見据えた1枚だと思います。いまの自分たちができるギリギリのところまで、ちょっと無理をするぐらいのところまで、アレンジも詰め込んだ部分があって。前作よりも確実にランクアップした曲を収録できたし、この先、ライヴで演奏していくことで、少しずつ完成するミニ・アルバムになったと思います。

なつみ:いままではずっと、ただかっこいいことをしたかったんです。でも、もうその時期は越えて、楽曲とかメロディの良さとか、初めて音楽で勝負したのかなと思います。

ゆり:いままでのアルバムはそのときやりたかったことの集大成みたいな感じで、すごくロックだったりするんですけど、それをやり切って、もっと大勢の人に聴いてもらいたいなっていう気持ちが芽生えたんです。だから、ロックだけど、ポップっていうか。かっこいいフレーズがあるだけじゃない。今回は聴きやすいロックを目指しました。

こはる:"誰でも好きやん"みたいなやつですね(笑)。

-つまり今回は自分たちのエゴだけじゃなくて、聴き手を意識した作品っていうこと?

ゆり:いままではどちらかと言うと、自分たちの捌け口みたいになってたから。そうじゃなくて、聴く人がどんな作品だと気持ちいいかっていうことを考えたんです。

こはる:この作品を聴いて、一緒に笑ったり、泣いたりしてほしい。いままでよりも聴き手に寄り添いたかったし、それができたアルバムだと思いますね。

-あと、今回の大きな変化として、これまでやってきた自分たちだけの作詞作曲ではなくて、外部から作曲家の方を迎えて制作してますね。

こはる:バンドだから自分たちで作らなきゃいけない、それがロックだ、みたいな考えは薄くなってきたんです。昔だったら、楽曲提供は嫌って言ってたと思うけど。いまはいい曲をちゃんと伝えたいっていう気持ちの方が大きくなったし、その曲に私たちが選ばれたなら、それを私たちの曲として演奏できるっていう自信もついたんだと思います。

ゆり:だから、楽曲提供の話が出たときは前向きでした。それを受け入れたことがきっかけで、何か自分たちが変われるのなら、いまは試してみる価値があるんじゃないかなと思ったんです。それに、伝えたい言葉は私たちがちゃんと書いてますからね。

-他の人が自分たちに提供した曲を聴いてみて、どんなふうに思いましたか?

なつみ:今回は最初に作曲家の人たちに私たちの曲を聴いてもらって、"こういう曲が合うんじゃない?"って提案していただく試聴会みたいなことをやったんですよ。そしたら、私たちにすごく合ってる、自分たちでもやりたいと思う曲ばっかりだったんです。

ゆり:私たちにとってはすごくいい出会いでしたね。

なつみ:こんなに私たちに合う曲があるんだっていう嬉しさもあったから、そこでひとつ、提供曲をやることに対する壁も取れて受け入れられたんです。