Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Half time Old

2016年12月号掲載

Half time Old

メンバー:鬼頭 大晴(Vo/Gt) 小鹿 雄一朗(Gt) 阪西 暢(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

-恐竜を連想するから、少年心をくすぐるんですかね?

鬼頭:たぶん、そうですね。大人が"化石"ってあんまり言わないじゃないですか(笑)。ちょっとかわいらしいイメージも曲に合うなと。そこから化石に喩えて作りました。

-たしかに、歌詞に化石が出てきた途端ポップになるけど、この曲にも"それぞれが背負う荷物から自由になりたい"、"自分らしく生きたい"っていうメッセージが込められてますよね。

鬼頭:そうですね。化石っていう言葉が出てくる前の根本はそのメッセージだけだったんです。それが曲に合わなくて、最終的には曲に合った歌詞になったかなと思います。

-自分らしさ、アイデンティティの在り処を問う曲でいうと、Track.3「幸福病」なんかはシニカルですよね。イントロもアウトロもない、攻めの曲ですが。

鬼頭:これはだいぶ前からあった曲なので、歌詞もアレンジも変わってるんです。もともと、文句ばっかりの曲だったんですよ。それで、途中から"こんなの歌いたくないな"ってずっと封印してたんです。でも、聴き直してみたら楽曲の軸になるところはかっこよかったから、もう1回今の自分たちでアレンジして形にしてみようと思って。そのタイミングで歌詞も光が見える方に書き直しましたね。

-自分たちでアレンジをしてる曲だと、Track.9「CHERRY DANCER」はロックンロールな感じで。

阪西:サウンド的には、僕らが本能のままにやるとこういう方向に行きがちなんですよ。まさにロックンロールな感じ。そこは時間がかからず、ストレートにできました。

鬼頭:これはナンパの曲なんです。実体験ではないんですけど(笑)。

-そのナンパの曲に続いて、モンスターペアレントの曲であるTrack.10「怪獣のお勉強」がくるという流れを考えると、曲が持つ世界観の振り幅が広いですよね。

鬼頭:こっちも実際にそういう人がいたわけじゃないんですけどね。この曲はレコーディングをする前日までメロディと歌詞が作れなくて、ヤバい、ヤバいって苦戦してたんです。ISAKICKさんから鼻歌で送った曲が返ってきて、そのメロディに歌詞をつけようと思ったときに、本当に無理で。そのレコーディング前日の夜に雨が降ってたんですけど、車の中でパソコンと向き合って書いてたらこうなりました。

小鹿:僕もギターのフレーズができてなくて、なかなか地獄の夜でしたね。あれは過酷でした。

鬼頭:でも、雨が降ってたのが救いだったよね。

小鹿:大きな声で歌っても外に聞こえないからね(笑)。

阪西:結果的に一番ぶっ飛んだ曲になりました。

-ソリッドでロックな曲調とシニカルな歌詞が合ってると思います。

小鹿:でも、自分たちとしては"え? これ、大丈夫?"みたいな不安もあるんですよ。ちょっと変わりすぎかな? とか。最終的に歌が丸くなったところもあって、だいぶポップに寄った気もするんですけど、最初にできあがったときはジャンルが違うなっていうぐらいで。

鬼頭:この曲はチャレンジでしたね。

阪西:好きか嫌いか、聴く人を選ぶというか。特に今までの僕らの音楽を聴いてた人は"お?"と思うかもしれないんですけど、何回も聴けば慣れると思います。

-私は好きですよ(笑)。やっぱり鬼頭さんの少年っぽいハイトーンの歌声があって、一貫してHalf time Oldらしさになってると思うので。

鬼頭:ありがとうございます!

-そんなアルバムの最後は、Track.12「magnet」の"あなたに会えてよかった"っていう、人との出会いについての歌で締めくくられます。

鬼頭:僕が暗くなったり落ち込んだりするのって、周りに人がいないときや、ひとりになったときなんですよね。だからこそ余計に人と一緒にいるときが幸せだったり、ありがたく感じたりするので。そういうのは曲に出てると思います。

-作り終えてみて、どんな手応えを感じますか?

鬼頭:正直、今までのどの作品よりも自信があるし、たとえ今後、ISAKICKさんや第三者が入らない状況でも、このアルバムのクオリティを目指したいというか。ひとつ自分たちの軸になる作品ができたと思ってます。この先、これを超えられるかどうか、ですね。

-アルバムを引っ提げてのツアーもありますね。

阪西:リリースしてすぐに始まるので、ファイナルに向けていかに仕上げていくか、ですね。アルバムの中にはまだライヴでやってない曲も多いですし。曲の幅があるぶん、ライヴの幅も広がると思うので、それは楽しみです。練習は大変だと思いますけど(笑)。

-Half time Oldがライヴで大切にしてることは何ですか?

鬼頭:どれだけお客さんの感情の引き出せるかっていうところですね。楽しいところは思い切り笑ってほしいし、楽しんでほしいし、聴いて何かを感じるところは、思いっきり刺さってほしい。なので、僕らも伝えたいことは全力で伝えるし、遊んでほしいところは全力で煽ります。もちろん、それぞれの楽しみ方があるので、その煽りについてこなくても全然問題ないんですけど。ライヴハウスで楽しみたいっていう人を置いていかないように、ちゃんとリードしたいなと思ってます。