Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ヒトリエ

2016年12月号掲載

ヒトリエ

メンバー:wowaka(Vo/Gt) シノダ(Gt/Cho) イガラシ(Ba) ゆーまお(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

-ヒトリエの表現に対して、ようやく自分が納得できたというか?

wowaka:どうやってもこのフォーマットになるっていう確信を、自分の中で得られたんですよね。そうした方が、俺も個人的なことをより伸び伸びと歌えるし、他のメンバー3人も伸び伸びと動けるんですよ。そういう他者への意識もあったし、自分じゃない何かを意識するようになったことで、今回の歌詞には"君"だとか"あなた"っていう言葉がすごく増えてるんです。今までは、自分では意図的に言わなかったんですけど。今回はメンバーとお客さんっていう存在を、明確に意識したところはあるのかもしれないですね。

-密室から、第三者のいる場所へと歩み寄ったんですね。

wowaka:それだけ自分の心の状態が変わってきたんです。今までもギチギチにやってたわけじゃないけど......いや、やってたかな(笑)。そのギチギチ感が音として表現したときにも出てくる部分が多かったんですよ。それに対して、ある種の確信を持って、今までよりも伸び伸びとやれるようになったんじゃないかなっていう感じですね。

-話を聞いてると、"自然に"とか"伸び伸びと"っていう言葉がメンバーから出てきてて。となると、レコーディングの雰囲気も今までとは違いました?

ゆーまお:スタンスは変わってないよね。

wowaka:みんな真面目だし、神経質だし、そこはそんなに変わってない。

ゆーまお:"全然練習できてねぇよ! 時間足りねぇよ!"って。

-殺伐としてますね(笑)。

イガラシ:それぞれが違う方法論でやってたとしても、言わないんですよね。だから、結果としていつもと一緒なんですよ。

-あ、なるほど、それぞれ自分の中で静かな革命を起こしてるんですね。wowakaさんの変化を、みんな肌では感じてるけども......。

wowaka:そう。勝手に感じて、勝手にやってるんです。

-メンバーが感じてたものをもう少し言葉にすると、人間そのものであったり、生きているっていうこと、そこから生まれる前向きな解放感みたいなことを感じます。

wowaka:うん、そうだと思います。

-今までも、そういう人間味みたいなものを作品に落とし込もうとしてはいたんですか?

wowaka:振り返ってみると、ずっとやりたかったんだと思います。そのために今までの段階が必要だったというか。自分の中で作品を作ること、世界を作ること、箱庭を作ることっていうのは、ひとりでDTMを使って宅録で作り上げる、プラモを作り上げるような感覚なんですね。そういう物事に自分は熱中できる人間なんだろうなと思ってたんです。

-えぇ、私も最初はそう思ってました。

wowaka:でも、もっと掘り下げていくと、実は全然違う。そことは真逆にいる人間なのかなと思ったんです。すごく理屈っぽかったり、ロジカルなことが好きだと思われてしまう側面も絶対にあるんですけど。たぶん、超感情人間なんですよ。そういう人間に、本当の意味でなりたくてずっとやってきたんだろうなって思うんです。

-本当はすごく熱い人間なんだってことですよね。っていう、wowakaさんの自己分析はメンバー的には正しいと思います?

シノダ:うん。全然ロジカルじゃないですからね、この人は(笑)。

wowaka:(笑)

シノダ:だって、"かっこいいリフを考えてきてください。もっとピャー! っとした、ブワー! っとした"とか言うんですよ。どこがロジカルやねん!? っていう。

wowaka:それも自分の中でロジックがあるんですよ。

シノダ:なぜ、それを言語化できないんだ!

一同:あははははは!

イガラシ:でも、そういう部分もわかってきたから、前より言葉でやりとりをしなくなりましたよね。前はスタジオで"かっこいいフレーズを弾いて"、"え? それはどういうこと?"みたいなやりとりがあったとしたら、"かっこいいフレーズを弾いて"って言われたら、バーン! みたいな。そういうことが多くなった気がします。

シノダ:みんなの好みがわかるようになったよね。そういうことかな。

-なるほど。Twitterで、Track.3の「リトルクライベイビー」が、今回のアルバムの中では心臓のような曲だと書いてましたね。この曲はどの段階でできたんですか?

wowaka:これは最後の方、ラスト2曲ぐらいだよね。

イガラシ:そう、本当に終わりのころに。ストックは2曲以上あるから、もうそこから録るのが当然みたいな流れのなかで、(wowakaが)"新しく作りたい"って言い始めたんですよ。作れるならいいけど......と。それで待ってたら、すごく解放感のある曲が上がってきて。これはすごいことが起こったなと思いましたね。

シノダ:ちょうど、"アルバムの中にこういう曲があったらいいのに"って思ってたんですよ。ポケットみたいなところがあって、そこにこの曲を入れてきたんですよね。

wowaka:そうだったんだ。めっちゃいい話だ。