Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッバイフジヤマ × 挫・人間

2016年11月号掲載

グッバイフジヤマ × 挫・人間

グッバイフジヤマ

Official Site

遊び心弾ける極上のポップ・ソングの数々がたまらなく胸を躍らせる、グッバイフジヤマ初のフル・アルバム『この胸いっぱいの愛を』。今年リリースした会場限定シングル収録曲やバンドの代表曲「ひばりくんの憂鬱」などを含め、彼らの音楽愛が遺憾なく発揮されている。そんな今作のリリースを記念し、中山卓哉と彼が熱い思いを寄せるバンド 挫・人間の下川リオによる対談が実現。11月27日に渋谷CLUB QUATTROでのグッバイフジヤマ主催イベントにて共演も決まっている2組の、出会いから当日の意気込みまでを訊いた。到着して早々、下川が自作/着用したダンボール衣装("今嘘ついてます。"と記載)もまた一興な対談をお届け!

グッバイフジヤマ:中山 卓哉(Vo/Gt)
挫・人間:下川 リオ(Vo/Gt)
インタビュアー:松井 恵梨菜 Photo by 川村 隼也

-実はまだまともに話をされたことがないということで、これを機に関係性を深めていただけたらと思います。

中山:この間、浜松で対バン(※10月14日に開催された[挫・人間 りりぱ・つあー"ちょおじつりょくはせんげん"]追加公演)させていただいたときにようやく挨拶だけしました。実はもう3、4回対バンしてるんですけど、なかなか話せなくて。初めて対バンしたのが2013年4月の新宿red clothでのライヴで、そのとき初めて挫・人間のライヴを観て、"えぇ~、何この人たち!?"みたいな(笑)。怖いな、尖ってんなと思いました。

下川:そんな......まぁ、今も"何この人たち!?"って感じだと思いますけど(笑)。最初に対バンしたときは全然お話できなくて、そのあと対バンしたときに、中山さんが打ち上げで"下川君、1杯だけ飲んでいってよ!"って言ってくれたんですけど、"いやいや! 帰ります!!"って。

中山:"打ち上げには出ないスタイルなんです!"って言ってね。ライヴが良かったから話したかったんですけど、断られたから心が折れちゃって(笑)。この間の浜松のときも、一緒に出てたプププランドと"さわやか"っていうハンバーグ屋さんに行こうって話になって、挫・人間を誘ったらやっぱり"打ち上げには出ないスタイルなんで!"って。"今度の対談よろしくお願いします!"って言いながら帰っていったんですけど、すっきりしていていいなと思いました。

下川:実はそのあと、僕らもさわやかに行ったんですよ。

中山:行ったんかい(笑)! ......挫・人間は3年前と今のイメージが全然違って。俺らはどう思われてたかわかんないですけど、当時の挫・人間はとっつきにくいイメージがすごく強かったんです。今の方が断然好きですね。メンバーも今と違いましたよね?

下川:あ、そうかも。お互い違いましたよね。

中山:俺たちも今の編成じゃなかったです。去年、同じくらいの時期に作品をリリースしたんですけど、挫・人間のMVを観てたら"え、めっちゃ変わったな!"といい意味で思って。前はアングラ色が強かったんですけど、去年リリースした『テレポート・ミュージック』(2ndフル・アルバム)ではわざとセルアウトみたいなことをしてて、それが歌詞の中にも入ってたので面白いなと思って。その行動が逆に捻くれてる、というか。あとは2013年ごろに"下川サブカルブス殺し"っていうバンドをやっていて、それで下川君のことを知って"面白い、何これ!?"と思っていろいろ調べてみたら、かなり頭おかしい人たちだなと(笑)。それからTwitterで下川君をフォローして、フォローを返してくれたのが最初だったと思います。

下川:あ、思い出した! フライヤーか何かで名前を見つけてくれたんですよね。そのイベントで、豚の生首を投げたりしてたんですよ。

-今時の若いバンドがやるパフォーマンスじゃないですね(笑)。

中山:観る側は面白いですよ(笑)。

下川:いや、やる側はもっと面白いですよ!

中山:(笑)そのメンバーの中にリコチェットマイガールの稲荷(直史)もいて、その繋がりで一昨年から去年くらいの間、稲荷にグッバイフジヤマのサポート・キーボードをやってもらってたんです。そんな感じで、わりと共通の知り合いは多いんですよね。それなのになかなか話せなかったので、この間の浜松ではMCでいじってくれて嬉しかったんですよ。"あいつはモテねぇ! あのキノコ頭、絶対に初恋失敗してるよ!"って(笑)。

下川:ほんと申し訳ないです! 話し出すと止まらなくなっちゃって。"あいつ口臭そう"とか、音楽とまったく関係のないことをたくさん言っちゃって。あとあと考えたら、いわれのない悪口を言ってしまったなと......。

中山:いやいや、面白かったです。それで話し掛けるきっかけをもらえたというか。そのときに、"よく、自分(下川)に嫌われてると人に思われてる"みたいなことを下川君が言っていて。僕は被害妄想が強いので、逆に人に嫌われてると自分で思っちゃってるんですよ。真逆ですよね。

下川:僕は豚の生首を投げたりしてた歴史があるんで、そういうイメージをよく持たれるんですよ。"下川君、僕みたいな人はきっと好きじゃないと思うけど"って中山さんもおっしゃってたんですけど、僕はわりと誰でも好きなんですよ。

中山:嘘! あ、今これ("今嘘ついてます。")でしょ(笑)?

下川:ほんとですよ! 嫌いな人はたしかにいますけど、話したことのないような人を嫌いになったりはしないので。ただ、わりと挫・人間が"お前ら、ふざけた歌を歌いやがって"って嫌われてることが多くて。