Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ドラマチックアラスカ × ライブキッズあるある中の人

2016年12月号掲載

ドラマチックアラスカ × ライブキッズあるある中の人

ドラマチックアラスカ

Official Site

ライブキッズあるある

Official Site

ドラマチックアラスカ:ヒジカタナオト(Vo/Gt)
ライブキッズあるある中の人
インタビュアー:秦 理絵 Photo by 川村 隼也

-"ロックンロール・スターになりたい"みたいなことを、ヒジカタさんはずっと言い続けてますもんね。

ヒジカタ:うん、ロック・スターが何なのかは全然わからないですけど。

あるある:でも、なんかわかります。ちょっと前のバンドとは変わってきてるじゃないですか。メッセージ性の強いバンドが増えていたり。そのなかで、あんまりストレートではないけど響いてくる何かを、ヒジカタ君は歌おうとしてるんちゃうかなと思うんです。

ヒジカタ:本当にそのとおり。確固たる自分と、ちゃんと自分の言いたいことがないと残っていかないなと思ってます。自分が憧れてた人って、みんなそういう人やったから。そういう人間になりたいなと思ってやってますね。

あるある:ここで言うのも嫌かもしれないけど、僕はGRAPEVINEが好きなんですよ。

ヒジカタ:え? そうなんや。初めて聞きました(笑)。

あるある:あと、ストレイテナーが好きで。その世代の、なんかこう......奥底に響いてくる何かと同じものが、ドラマチックアラスカにはあるんですよ。

ヒジカタ:そこと並べてくれるのはめちゃめちゃ嬉しい。僕は高校生のときに知ったthe pillowsが大好きで。(山中)さわおさんになりたくて、バンドで走ってきたんです。the pillowsの歩みにはすごく憧れてるんですけど、あの世代にはMr.Childrenとかがいるなかで、the pillowsは自分たちのやりたいことを変えずに二十何年続けてきて、いろんなバンドからも尊敬されてる。ああいう存在になりたいんですよ。だから、僕に憧れてバンドを始めた人がライヴ・キッズの中から現われて、いつか会ったときに"ヒジカタさんに憧れてバンドを始めました"って言ってもらえたら嬉しいなと思います。

あるある:「TEPPEN」でも触れてますけど、流行り廃りが多いなかで、ドラマチックアラスカの曲は、今のキッズの子たちがずっと聴いていけるものだと思うんです。僕でこそ何年好きやねんっていう感じですからね。それこそ、ドラマチックアラスカはGRAPEVINEとかthe pillowsみたいにロック・シーンで末永く愛されるバンドになっていくんちゃうかなと思います。

ヒジカタ:頑張ります(笑)!

-で、今作を引っ提げて、年明けからは対バン・ツアーが始まります。

あるある:フェスとかでドラマチックアラスカのライヴを観ることもあると思いますけど、フェスっていう限られた時間だとアッパーな曲が中心になると思うので、今回のミニ・アルバムを聴いていいなと思ったら、ワンマンとかの尺が長いライヴに行って、ぜひドラマチックアラスカの魅力にもっとどっぷりハマッてもらえたらいいなと思います。

ヒジカタ:なんかライヴ・キッズじゃないっぽいこと言ってる(笑)。

あるある:あはははは! フェスで満足するバンドもいるとは思うし、それはそれで僕はめっちゃ楽しいしいいと思うんですけど。ドラマチックアラスカはフェスも楽しいですけど、ワンマンに行ったらもっと楽しいと思います。僕も行きます! みんなも行きましょう!

-今回の対バン・ツアーは、今の4人が正式メンバーになってから初めてのツアーですね。

ヒジカタ:名義がサポートのときからこのメンバーで回ってるんで、グルーヴはしっかりできてると思います。本当に応援してくれる人のありがたみに気づけたから、まずは、そういう人たちに恩返しをしていきたいです。今回のアルバムは原点回帰やから、改めて自己紹介的な1枚にもなってるし、メンバーが変わったことで新しい要素も出てるアルバムやと思う。ずっと応援してくれてる人も、新しく聴いてくれる人も楽しませたいです。皮肉なもので、脱退と加入によってTwitterのフォローが増えたんですよ。

あるある:リツイート数もすごく多かったですもんね。

ヒジカタ:リリースとかミュージック・ビデオとかも、それぐらいリツイートしてくれたらと思うんですけど(笑)。普段では考えられないような数のリツイートとかいいねがあって、そのニュースで初めてドラマチックアラスカを知って"いいね"って言ってくれる人もいたんです。だからそういう人たちにも、これからついて来てもらえるようなライヴをしたいです。

-今日の対談はどうでしたか?

あるある:なんかしんみり......3次会に残ったふたりみたいな感じだったな(笑)。

ヒジカタ:あはははは! 朝5時ぐらいになるやつね。でも、普段は音楽の話とかしないから面白かったです。まぁ......最初に会ったときは完全に疑ってたんですけど(笑)。"うわ、チャラ!"って。"なんかこのお客さん、ぐいぐい来る、怖っ!"って思ってましたからね(笑)。あるあるさんって嫌いなバンドはいるんですか?

あるある:嫌いなバンドは言わないだけです(笑)。

-私は今日あるあるさんと話してても思ったんですけど、"ライヴ・キッズ"って誤解されてるような気がするんですよ。

あるある:というのは?

-たしかにいろんなバンドを幅広く観たりもするから、ヒジカタさんも感じたように"この人はどのバンドが本当に好きなの?"っていうふうにも見えるけど、実はみんなちゃんと好き。単純に"好き"がいっぱいあるだけだと思うんですよね。

あるある:ほんまにそう。だから生活費を削ってライヴに行ってるんです。

ヒジカタ:何々の息抜きでライヴに行くんじゃなくて、もうライヴに行くために働いてる。そうやってライヴハウスに来てくれてるのは感じますね。

あるある:ライヴ・キッズっていう広い括りのなかで、ライトな音楽好きの気持ちもわかるし、めっちゃ深く聴き込むよっていう人の気持ちも、僕はなんとなくわかるんです。そういうなかでドラマチックアラスカは全部を取れるバンドやと思ってます。

ヒジカタ:ありがとうございます!