Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ポタリ

2016年11月号掲載

ポタリ

メンバー:鈴木 奈津美(Vo) 中西 詠美(Gt) 内田 愛子(Ba) 茄子川(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

愛知を拠点に活動する4人組ガールズ・バンド、ポタリが前作より5ヶ月ぶりとなるニュー・シングル『ナイショ ナイショ』を完成させた。好きな人に"好きな人、誰?"って聞かれたときの、誰もが経験したことのあるような、言えそうで言えないドキドキ感をテーマにした今作。女の子としてのかわいらしさも、ロック・バンドとしてのかっこよさも欲張って追求するポタリらしい1枚に仕上がった。カップリングを含め全4曲で一発録りに臨んだという勢いの良さもこのバンドの持ち味のひとつ。ライヴ第一主義を貫きながら、そのシンプルでキャッチーな楽曲の中には深読みしたくなるこだわりがたくさん詰まっている。

-今作は、前作『君とアワー』(2016年5月リリースの5thシングル)から5ヶ月ぶりのリリースになりますけど、その間かなりたくさんライヴをやってましたね。

中西:前回のシングルをリリースしてからは、"かっこいいロック・バンドを目指そう"と思ってやってきたんです。だからライヴのセットリストも、特にロックでかっこいい曲を持ってきたりして。で、最後に「君とアワー」でしっかり聴かせるということをしてましたね。

内田:ポタリってなんとなく"明るいバンド"っていうイメージだと思うんですけど、"そうじゃない部分も見せられるんだぜ"みたいな反骨精神が芽生えたんです。

鈴木:ロックな気持ちがね。

中西:"男にも負けないぞ"みたいな気持ちから、ライヴの幅広さを出していこうとしたらそうなりました。

前回のインタビュー(2016年5月号掲載)でも、"女の子だけど、ライヴハウスでかっこいいバンドになりたい"って言ってましたもんね。その想いはますます強くなってるんですか?

鈴木:つい最近もそんな話し合いをしたんです。"ロック・バンドなのか? 女の子を売りにして生きるのか?"っていうことを、周りの人にも聞かれることが多くて。そこは私たちの中でもあんまり答えが出てなかった部分でもあったんです。でも、いいとこ取りじゃないですけど、"あれもこれもやってみたい"っていうのがポタリなんですよね。今はライヴ・バンドとして、かっこいい女としてやっていくんだって考えてます。

内田:あとは最近、お互いのことについてよく話すんです。"あなたの良いところはここだよ"みたいな。それでお互いのことを認められるようにもなって、ますますこのバンドでライヴがやりたいと思えるようになったし、そうすることで4人全員がキャラクターを出す意味もあると思えたんですね。それがポタリのロックになるんじゃないかなって思ってます。

鈴木:話せば話すほど、みんなライヴが好きでやりたいんだなとか、4人で一緒に全国を回って、一緒にいろいろ経験したいんだなって思います。

-話を聞いてて思うんですけど、ポタリって"話し合い"が多いですよね(笑)。

鈴木:真面目な人間が4人集まってしまうと、話し合いだらけなんです。みんないろいろ考えてるし、熱いんですよ。でも、それが良いところだと思うんですよね。

-では、ニュー・シングルの話に移りたいと思うんですが、表題曲のTrack.1「ナイショ ナイショ」は、好きな人に"好きな人、誰?"って聞かれたときのドキドキ感を歌ってますね。

鈴木:そうです。言いたいけど言えない、みたいな。誰もが経験のあることだと思うんですよね。「ナイショ ナイショ」っていう言葉の響きもいいから、みんなの中にスーッと入っていってくれたらいいなと思ってます。

-こういうテーマはどこから持ってくるんですか? 昔の記憶を辿るんでしょうか?

鈴木:傍から見たら若いころの経験に見えると思うんですけど、私たちはわりと今でもこういう感じなんです(笑)。記憶というよりは、常に今の自分の感覚で書いてるところはありますね。恋愛のことを書くときにふわっと浮かんでくるんですよ。

中西:まず"ナイショ ナイショ"っていう言葉を持ってきて想像したんだよね?

鈴木:そうだね。女の子が聞いてかわいいと思う言葉をイメージして、ノートに書き出してたときがあって。"女の子が言うとかわいい語録"みたいな。まだ5個ぐらいしか溜まってないんですけど(笑)。その中のひとつが"ナイショ ナイショ"だったんです。

-"女の子が持ってるかわいさを表現したい"っていうのはポタリのキーワード?

鈴木:そうですね。女の子には聴いて共感してもらいたいし、あとは男の子が聴いて、"女の子はこういうことを思ってるんだ"っていう、女子の株が上がるような感じというか。女の子って素敵なんだなって思ってもらえる曲をいっぱい書きたいんです。