Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ぜんぶ君のせいだ。

2016年10月号掲載

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。

Official Site

メンバー:如月愛海 成海5才 ましろ 十字 一十三四

インタビュアー:吉羽 さおり

"病みかわいい"をヴィジュアル・コンセプトにしたアイドル・ユニット"ぜんぶ君のせいだ。"が、第3弾無料ミックスCD『意味なんてない!』を10月26日より配布スタートする。1stアルバム『やみかわIMRAD』とシングル『無題合唱』、『僕喰賜君ノ全ヲ』の2作、さらに新曲5曲を含めた全21曲のミックスとなっており、"ぜん君。"1年間の活動を凝縮した、11月9日にリリースされる2ndアルバムへの布石となる内容だ。12月30日には恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴも決定。2016年を全力で走り抜ける5人に、ぜひついてきてほしい。

-2ndシングル『僕喰賜君ノ全ヲ』(2016年7月リリース)を引っ提げた全国7都市を回るツアー(※2016年7~8月に開催した全国ワンマン・ツアー"~僕喰賜君達ノ全ヲ~")が終わったばかりですね。これまで行っていた東名阪ツアーからもだいぶ規模が大きくなったツアーでしたが、いかがでしたか?

如月愛海:東名阪から7都市を回るツアーをやって、最後にもう1回、名古屋で再ファイナルを行いました。今までワンマン・ライヴをやったことがない場所にも行くことができたんですけど、それって来てくれる人が増えたからできたのかなという気持ちですね。

ましろ:東名阪でも、それぞれの場所でライヴの雰囲気が違うんです。それが7都市になれば、また各地まったく違うライヴになるので、だいぶ"こういうときは、こういうふうになるんだな"とか、考えることもいっぱい増えました。自分たちの力にもなったかな。

-公演ごとに反省会もするんですか?

ましろ:毎回ライヴを終えるとすぐに楽屋で"今日はこうだったね"みたいな話はします。

如月愛海:"あれをすればよかったね"とか、"これは、正解だったよね"とか。でも難しいのが、そのときは正解でも次のライヴでは違う反応だったりするんですよね。もっと応用力をつけなきゃなって7都市を回って思いました。でも本当に、たくさんの人が来てくれて。何回も足を運んでくれる人や、7都市全部来てくれた人もいたんです。それは自分たちにとって力になったし。本当に充実した夏が過ごせたなと思います。

-今回の7都市ツアーで、これはクリアしようという課題はありましたか?

如月愛海:課題という課題はなかったのかな? 毎回そんなにないんです(笑)。ライヴに対しての課題というより、ずっとあるのは"楽しむ"こと。自分たちが楽しまなかったら、来てくれる人は絶対に楽しくないから、"楽しむ"という気持ちは絶対にありました。

-その"楽しむ"というのは、どの段階で芽生えたものですか?

如月愛海:今年の春か夏ぐらいだよね? 全員がダンスも歌も初心者だったし、アイドルをやること自体が初めてだったから、立ち位置はちゃんとした方がいいんじゃないかということに一時期ぶつかってしまったんです。

ましろ:"パフォーマンス向上時期"みたいなね。

如月愛海:でもそれを考えすぎてしまうと、楽しいんだけど何か違うような気がしたり、ここっていうときに踏み込めなくなっちゃったりもして。だから立ち位置のことばかり考えるのはやめて、そこからは"楽しもう!"ってなったんです。

-そこはたくさん話し合ったんですか?

如月愛海:そのときはすごく話しました。全員泣いたもんね(笑)。今日は再ファイナルの翌日(※取材日は9月19日)で超エモーショナルな気分なので、今思い返してたらまた泣きそうになりましたけど。

成海5才:(笑)。

-名古屋での再ファイナルは、とてもいい形で終えられたんですね。

成海5才:患いさん(※ファンの呼称)もみんな"楽しかった"って言っていて。もともとライヴに来てくれていた患いさんが、友達をいっぱい連れて観に来てくれたんです。それで、みんな"楽しい"って言ってくれていたので。

如月愛海:初めて来た人も多くて。自分たち的には少しずつ、患いさんたちの人数が増えてきているのが目に見えてわかるので、それがすごく嬉しかったし、後ろにいた人が前に来てくれたり、笑顔がたくさん見えたりしたライヴができました。

十字:福岡や北海道から、名古屋に来てくれた人もいたんです。

如月愛海:ツアーをやった意味はあったなと思ったし、これから自分たちが成長するための一歩を踏めたなという感じがします。

-11月9日にリリースする予定の2ndアルバムを前にして、さらに大きくなっていくための大事な日になりましたね。その前に、10月26日には3rdミックスCD『意味なんてない!』が配布されます。こちらは今年1月にリリースした1stアルバム『やみかわIMRAD』と2枚のシングル(2016年4月リリースの1stシングル『無題合唱』、7月リリースの2ndシングル『僕喰賜君ノ全ヲ』)に加えて、新曲5曲を収録した全21曲のミックスCDという、かなりのボリュームですね。

成海5才:普通のアルバム並みのボリュームになっちゃってますね(笑)。

如月愛海:前に出したミックスCD(2015年9月配布の1stミックスCD『意味なんてない』、2015年10月配布の2ndミックスCD『意味なんてない?』)もそうだったんですけど、"この曲のここで切り替わるんだ?"っていうのが面白いんです。"そこまで聴かせるの!?"っていうのもあったりして。

成海5才:すごく焦らされると思う。

如月愛海:新曲も入るので、楽しみにしていただけるんじゃないかなと。

-これまでにも2枚のミックスCDを配布しているんですよね。そのときのリアクションは大きかったんですか。

如月愛海:ライヴに来ている人たちで、初めてミックスCDを配布したころから来てくれている人はたくさんいますね。

成海5才:今でも、Twitterでエゴサーチすると、その配布したCDを聴いてくれている人がいたりして。

如月愛海:しかも数量限定だったので、持ってる人からすると本当に大切な1枚になっているんだなって。今回はアルバムくらいの分数になるので、通勤通学のお供にしていただけると嬉しいですね。

-このミックスCDは、"ぜんぶ君のせいだ。を知ってもらおう"というところから始まったんですか?

如月愛海:もちろんそれもありますし、ファンの方が来てくれるからこそ、また次のライヴができる。それに対して感謝するという意味でもあるんです。

-今回収録される新曲「WORLD END CRISIS」と「やみかわぐんまーち」を聴かせていただきました。まず、「WORLD END CRISIS」の方はかなり激しい曲ですね。

如月愛海:そうですね。この曲ではゆくえしれずつれづれの、◎屋しだれをフィーチャリングしてまして。

-この激しいシャウトは、しだれさんなんですね。

如月愛海:しだれには食ってかかってきてほしいし、うちらは5人いるわけだから負けない(笑)。そのバランスはいい感じになっているかなと思います。

-両グループともコドモメンタルINC.所属ですが、ゆくえしれずつれづれの曲に、ぜんぶ君のせいだ。が参加しているものもありますね(2015年リリースの1stデジタル・シングル『凶葬詩壱鳴り feat. ぜんぶ君のせいだ。』表題曲)。今それぞれ同じ歩幅くらいで進んでいるなっていう感じも?

如月愛海:"絶対負けないけど!"っていう気持ちはあります(笑)。引っ張っていくという意味とは違うんですけど、やっぱり自分たちが先に行きたい。先に武道館でのライヴをやりたいし、負けてられないなっていうのはありますね。家族だけど、ライバル。ライヴを観て刺激をもらったりしますし、つれづれを見て勉強することもあるし。いい関係だなって思います。