Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SaToMansion

2016年09月号掲載

SaToMansion

メンバー:カズオ(Vo/Gt/三男) ノブユキ(Gt/四男) ユキシロ(Ba/長男) オデキ(Dr/次男)

インタビュアー:山口 智男

-「Call you」からポップな方向にもロックな方向にも行ける、と?

オデキ:そういう気がします。

-ところで、ある女性から、男性が書いた女性の歌であるということがわかる一節があると指摘されたそうですけど、その一節ってどこなんですか?

カズオ:"まだ帰らぬ彼の事を忘れたわけじゃないけど"って歌詞が間違いらしい。こういう場合は、もう前の人のことは覚えていないそうです。男は引きずるけど、女性は次、次、次って考え方らしい(笑)。演歌や歌謡曲って、以前は歌詞を書く人と曲を書く人が別で、男の作家が女性の歌を作ることがあったから、"あなたを想って待ち続けてる"みたいな歌詞が多いんですよ。普通、女の人が書いたらこういうふうにはならないそうです。演歌のドロドロは100パーセント、男が書いた歌詞。それを女性に歌わせている。俺はそれをずっと聴いてきたので、どうしてもそういうふうになりますよね。

-昔の演歌や歌謡曲も聴いてきたんですか?

カズオ:山口百恵さんとか中森明菜さんとかは。特に山口百恵さんはかなり聴きました。

-今作の中から、お気に入りの曲をそれぞれ教えてください。

ユキシロ:Track.9の「止まない雨の向こう」。等身大のカズオの歌なので、兄として親近感も湧きますし。ホントこのままなんですよ。

ノブユキ:たしかにね。

ユキシロ:何も考えずにそのまま吐き出したんでしょうね。

オデキ:俺はTrack.7の「月光」ですね。得意と言うか、好きなリズムなんですよ。

-ダンサブルな曲ですね。

オデキ:叩いていて、一番楽しいのはこれです。

ノブユキ:好きなことよりも成功するにはどうしたらいいかを考えていたはずなんですけど、アルバムを作ってみたら好きな曲ばかりで(笑)。だから"全曲"と答えたいんですけど、演奏していて一番楽しいのは「RUNAWAY BOY」(Track.2)かな。ライヴで最後にやることが多いんですけど、一番テンションが上がりますね。

カズオ:俺も全部(笑)。でも、さっきも言ったけど、新しい風が吹いたという意味で「東京五月」は特に好きですね。ソロでやってきた歌の技術、表現方法、感情の入れ方とか抜き方とかがバンド・サウンドに埋もれずに、ちゃんと伝えられている。最初は歌とギターだけで、そこから徐々にガツンとロックになっていくような感じが、それこそ全部やれているかな。ソロや前のバンドでやってきたことが全部活きた曲ですね。よくできました。はい(笑)。

-いろいろな可能性が感じられるアルバムになりましたが、今後、どんなふうにバンドを発展させていきたいと考えていますか?

カズオ:今、活動している現場がライヴハウスなので、ライヴハウスをちゃんと盛り上げつつ、もっと多くの人に届けられたらいいですね。フロア向けとリスナー向け、どっちもやっていきたい。ライヴハウスだけで盛り上がっているのはミュージシャンっぽくない気もするし、だからといって、音源だけ良くても誰が聴くんだっていう気もするし。どちらもバランス良くやれればいい。全曲、歌詞カードを見ながら聴いても意味のあるものにしたいと思ってるし、ライヴハウスに来たら歌詞は関係なく、うわぁーってなるようなものもできると思ってるし。前のバンドではそのバランスが取れなかったんですよ。好きなことだけをやり続けるっていうのもロッカーとしてはかっこいいんだけど、伝わらなかったら意味がない。そのころのいい部分も残しつつ、バランスを取った活動をしていきたい。そんなふうに大人の考えを持つようになりました(笑)。