Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SaToMansion

2016年09月号掲載

SaToMansion

メンバー:カズオ(Vo/Gt/三男) ノブユキ(Gt/四男) ユキシロ(Ba/長男) オデキ(Dr/次男)

インタビュアー:山口 智男

-カズオさんがソロのころにやっていた曲もSaToMansionでやっているんですか?

カズオ:「オリオン」(Track.4)はそうですね。

-「オリオン」は、前のバンドのファンはびっくりするんじゃないですか?

カズオ:そうでしょうね。前のバンドからの流れでソロ・ライヴにも来てくれた人はSaToMansionのライヴにも来てくれてますね。俺の中では、SaToMansionでやってる音楽は表現したいことのすべてなんです。前のバンドをやっていたときはソロでしかできなかったようなこともSaToMansionではできるし、ガツンとした曲ももちろんロック・バンドだからできるし。だからやりやすい。どんな曲でもできるから。

-いろいろな曲をやりながら、ちゃんとSaToMansionというひとつのイメージにまとまっているのは、やっぱりカズオさんの歌声があるからこそなのかな。

カズオ:まぁ、そうでしょうね!

ノブユキ:かっこいい~(笑)。

カズオ:いや、俺はそう答えるしかないから(笑)。

ユキシロ:みんなで曲を作り始めたとき、それぞれに好きなフレーズを持ってきて楽しくやってたんですけど、僕はなるべく俯瞰で見ながら、今のシーンでこういう音楽はどう響くんだろうと考えてたんですよ。で、カズオが「VooDooMansion」(Track.1)を持ってきたとき、サウンドだけで言ったらロックンロールだったんですけど、そこにポップ感がうまく混ざっていたんで、これは行けるなって思いました。それと「R&R Radio」(Track.8)。これはただのロックンロールじゃなくて、しっかりポップ感があるからSaToMansionなんだと思います。

-そのポップ感を加えているのは......?

ユキシロ:メロディと歌詞と歌。ロックンロールって、やっぱりダークなところがあるじゃないですか。それをうまくひっくり返してポップにしている感じなんですけど、こういうバンドってあまりいないと思うんですよ。

-SaToMansionにとってポップな要素は欠かせない、と?

ユキシロ:ええ。「VooDooMansion」ができたあと、アルバムのジャケットも含め、ポップ・アート的な要素も打ち出したら面白いんじゃないかってなったんですよ。

オデキ:このジャケ、悪ノリしすぎだよね(笑)。

ノブユキ:早い段階から決まってたよね。

ユキシロ:普通、ジャケって最後に決めるじゃないですか。でも、これありきで行こうって(笑)。

ノブユキ:ジャケが白だから、メンバーが着ているジャケットも白にしようって。

-今回、インストも含め9曲が収録されていますが、その中でこれは新しいと思える曲を挙げるなら?

カズオ:俺の中では「東京五月」(Track.5)かな。こういう曲ってバンドでやったことなかったから。でも、一番難産でした。曲は前からできてたんですけど、バンド・アレンジが全然固まらなかった。

ノブユキ:アコギと歌だけのデモから作り上げたんですけど、ドラムのリズムから結構悩みましたね。

カズオ:その甲斐あって、かなりよくできましたね。こういうロックっぽい表現もあるんだって思いました。すごいポップな曲なんですけど、やっているとロックな感じを出せる。こういうこともできるんだなってわかった曲なので、個人的にはかわいがっています(笑)。

-ふわっとした曲なんですけど、グルーヴがあってうねりのあるアレンジになっているところがかっこいいですね。

ノブユキ:リズム隊のふたりはずっと悩んでましたね。

カズオ:あんまり悩んでるから、俺はもうやめようと思った曲でもありましたね(笑)。

ユキシロ:でも、悩んでよかったよね。

カズオ:ロックにしないと納得できないんですよ、俺らは。ポップなだけじゃ、"これは俺らがやる必要はない"ってなっちゃうから、絶対にロックの要素がいる。ドラムもベースもドカンと行くところがないとダメだし、そういう初期衝動的なものもまだ持っている、まだロックでやれる、戦えると思いました。こういう曲でもロックにしたいという衝動に駆られるって良いことだと思いましたけどね。

-それを言うと、歌謡曲っぽいメロディとアグレッシヴなバンド・サウンドを組み合わせたTrack.3「Call you」もSaToMansionの真骨頂と言えませんか?

ノブユキ:このバンドを始めたとき、カズオから送られてきた5曲ぐらいのデモの中から「Call you」を選んだんですよ。

オデキ:この曲が中心かもしれないね。