Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夜の本気ダンス × SOL REPUBLIC

2016年08月号掲載

夜の本気ダンス × SOL REPUBLIC

夜の本気ダンス

Official Site

メンバー:米田 貴紀(Vo/Gt) 町田 建人(Gt) マイケル(Ba) 鈴鹿 秋斗(Dr)

インタビュアー:米沢 彰

初の全国ワンマン・ツアーを成功裏に終了したばかりの夜の本気ダンスの4人と、Steve Aokiを始め世界的なDJたちと深く関係をもつ2011年にスタートしたオーディオ・メーカー"SOL REPUBLIC"とのコラボレーション・インタビューが実現。"踊らせる"ことをモットーにする彼らならではの切り口も含めて、自由に聞いてみた。

-昨夜は、初の全国ワンマン・ツアー"WONDERFUL! DANCEABLE! ENSEMBLE!"のファイナルとなる恵比寿LIQUIDROOM公演でしたが(※取材日は7月16日)、ライヴはいかがでしたか?

鈴鹿:全国9ヶ所を回ってのファイナルが恵比寿LIQUIDROOMだったんですけど、ここまでの集大成になったかなと思います。ワンマン・ツアーはほぼ初めてだったので、ツアーの最初の方はいろんな試みもたくさんやりました。初日は緊張感もかなりあったんですが、9ヶ所目はさすがに緊張感もなく、余裕をもって楽しみながら何をやろうかって考えられるようになって、お客さんを楽しませられたのではないかなと思います。

-全公演ソールド・アウトと、バンドの好調がしっかりと表れたツアーになっているようですね。

米田:これまでは対バンで複数のバンドが出て、合わせて何百人って人を呼んでやっていたんですけど、今回は僕らだけで何百人って人を呼んだり、特に地方でも何百人と呼べるのを見て、僕らの名前が全国的に知られ始めていることを実感しました。

鈴鹿:メジャー・デビューして、より一層加速していると感じています。

-7月17日に予定されていた"2016年問題-新横浜クライシス-"(※きのこ帝国、空想委員会、GOOD ON THE REEL、ASIAN KUNG-FU GENERATION、真心ブラザーズも出演予定だった)が残念ながら中止になってしまって、ちょっと驚きました。

米田:非常に残念です。個人的にアジカンが好きで、共演できるチャンスだと思っていたので。

-夜ダンの名前がさらに広がるいい機会だと思っていましたが、もったいなかったですね。

米田:本当に残念です。

鈴鹿:たぶんまた、もっといいタイミングで一緒にできるときが来ると思うので、そこは前向きに考えて、今あるライヴを引き続きこなしていきたいなと思っています。

-すごくポジティヴですね。ところで、今回は"SOL REPUBLIC"という、Steve Aokiを始め世界的なDJたちと深い関係をもつ、2011年にスタートした比較的新しいオーディオ・メーカーとのコラボレーションという形でのインタビューとなりますが、普段みなさんはどんな環境で音楽を聴いていますか?

マイケル:やっぱり移動時間が多いので、機材車の中で聴くことが多いですね。家だとパソコンにスピーカーを繫げて音を出してますね。

鈴鹿:夏にORANGE RANGEと沖縄で対バンするんで(※8月13日"テレビズナイト016")、沖縄に行く以上は上の服を脱ぐ機会も多くなると思って最近鍛え始めているんですけど、それで走るときに音楽を聴いたりしていますね。あとは家の中で片づけしたり、何かゴソゴソしているときとかによく聴きます。

米田:僕は移動中が多いですね。ツアーでの移動もありますけど、それ以外の日常の移動でも、携帯電話やポータブルのCDプレイヤーを使っています。

-今、ポータブルCDプレイヤーってすごいですね。

米田:逆に便利なんです。買ってすぐにCD聴けるんで。

-たしかにそうなんですが、まるで10年ぐらい前の話みたいですね。

米田:昔からやってるんで。

-町田さんはいかがですか?

町田:移動中はポータブル・プレイヤーで聴いて、家ではパソコンで聴いてますね。

-今回はこのSOL REPUBLICのワイヤレス・イヤフォン"SHADOW"を事前にご提供させていただきましたが、実際にどのようなシーンで使ってみましたか?

米田:僕は実際に移動中に使ったりしました。ホテルに泊まってるときにも支度しながら聴いてて、ワイヤレスなので楽だし、気持ちがよくなってきて支度もはかどりました(笑)。

鈴鹿:僕は鍛えているときとか、片づけをしているときですね。線があったら邪魔だし、集中できひんのが嫌やなって思ってて。かといって、イヤフォンを抜いて音を流してもちゃんと聞けへんし、水なんか流したら絶対に聞こえへんし。そういうときにずっとフィットして、ずっと音楽が流れてくるのがいいですね。外で音楽聴くときも、カバンとか持ってたら、イヤフォンを外すときにショルダーのとこでガッてなったり(笑)。

一同:(笑)

鈴鹿:そういうのが面倒臭いなって思っていたんですけど、気にせずにカバンを下ろしたりできるので、いろいろなことがスムーズになりましたね。

マイケル:初めてワイヤレスを使ったんですけど、今まで"音とかどうなんやろ?"って思って敬遠してて。昔いろんなイヤフォンを試してたときがあって、高音が出てるとか、低音がカッチリしてるとか、モノによってかなり癖があったんですけど、これは結構バランス良く音が出ているので、長時間聴いてても疲れないですね。あとは装着した感じも首が疲れなくて、長時間使っててもしんどくならないようになってるなって思いました。

町田:携帯電話のイヤフォン・ジャックが壊れてて、挿しただけだと(接続部分が)出てきちゃうので、指でずっと押さえてないと音楽が聴けなかったんです。それがワイヤレスになって、もうすごいフリーっていう(笑)。

一同:(笑)

町田:あと、耳にキュッとハマる感じがあって、音をそんなに上げなくても聴けるのがいいですね。