Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

キノコホテル

2016年08月号掲載

キノコホテル

キノコホテル

Official Site

メンバー:マリアンヌ東雲(歌と電気オルガン)

インタビュアー:岡本 貴之

来年で創業10周年を迎えるキノコホテルがKING RECORDSへの移籍を経て約2年ぶりにリリースする5枚目のフル・アルバム『マリアンヌの革命』。まず目を引くのはそのアートワークだ。これまでのエロティックで挑発的なヴィジュアルとは一線を画すメカニカル・フェイスでジャケットに登場したマリアンヌ東雲は不敵にこちらを見て微笑んでいる(初回限定盤ジャケット)。その姿はいったいどんな"革命"を示唆しているのか!?

-約2年ぶりのアルバムということになりますが、マリアンヌさんの中ではそれほど間が空いた感じはないですか?

スタジオにこもってうんうん唸りながら、家に帰ってきても夢の中でうなされて悪夢を見て(笑)。そんな日々が何日も続いて......こんなに真面目に仕事をしたのは久しぶりだったかも。怠けていたツケが回ってきた、という実感はどこかでありましたね。

-これまで以上に、生みの苦しみを感じながら作った作品ということでしょうか。

2015年はほとんど曲を書かなかったんです、ただ単に気乗りしなくて。とはいえツアーやライヴはやっていたので、お客さまの前に立つという意識は変わらず持っていたんですけれども、作品を作るということに対しては少し休みたい気持ちがあったので、結果、このアルバムに収録された曲の中で8曲くらいは今年に入って書き下ろしました。

-ライヴでやっていた曲ではなく、書き下ろしの曲がほとんどなんですね。

そうですね。ただ、Track.5「遠雷」やTrack.7「愛はゲバゲバ」なんかは昨年の春くらいからあって、ツアーでも披露していたんですけど。それ以外はほぼ書き下ろした曲です。

-スイッチが入るとバーッと一気に書けちゃうものですか?

まぁ、書かなきゃいけないから(笑)。子どものころからそうなんですけど、本当にお尻に火がつかないと動かないようなのんびり屋さんなので。でもスイッチが入ると意外と頑張れるのは今回わかりました(笑)。真夜中に、他のメンバー3人に渡すためのデモ音源をせっせと制作するんですけど、それもすごく集中して気がつけば朝になっていたり。そうやって集中して取り組む作業は久しぶりだったんですけど、やってみれば楽しい作業だし、もともとひとりでチマチマやるのが好きな性分なので。そういった自分本来の人間性に立ち返りながら、今回はアルバムに入れるという曲作りの明確な目的があったので、それも自分にとっては重要というかありがたいことなんですよね。日々ストックを作るようなタイプではないもので。もちろん、アイディアが降りてきたらそれをすくい上げてあたためたりはしていましたが。今回はアルバムに入れるという明確な目的意識のもと自ずとバラエティに富んだ曲を書いていって――曲ごとの、アルバムにおける立ち位置だとかもその段階である程度想定して書いていくようなやり方で作っていったのは、もしかしたら今回が初めてだったのかもしれない。そういう意味では今までのアルバムの制作期間とはまた違う、思い出深い期間になった気がしています。

-たしかに、いろんなアレンジの曲が入っているアルバムですが、ご自分の中でも新鮮なものが出てきた実感がありますか?

そうですね。それはバンドとしての成長をようやくここ1、2年くらいで感じることができるようになってきたので。自分としては新しいものに挑戦したというよりは、今までキノコホテルでやりたいけどちょっと無理なのではないかと思っていたことがだんだん実現できるようになってきた、という見方が正確なのかなと思います。ようやくストレスなく本来の自分がやりたいこと、キノコホテルで表現したいこと、私という人間に極めて近い作品になっていますね。初期のころは自分を剥き出し向きにすることに抵抗があって、すごくフィクション感、虚構感を意識して出していたんですけど、何年かやっていくうちに、自分そのものを剥き出しにする照れとか恐怖感がいつの間にかなくなっていた。自分としてはそれを前向きに捉えたいなと思っています。

-自分を剥き出しにしつつ、今回のヴィジュアル・イメージはその逆の印象を受けるようなものになっているのが面白いですね。

あはははは、たしかにね(笑)。

-ヴィジュアルもそうなんですけど、"マリアンヌの革命"というタイトルも、常に革命を起こしているようなイメージがあったぶん、意外な気がしました。

あぁ、なるほど。キノコホテルのことをすごく挑発的な、いつも戦っているようなイメージで捉える方もいらっしゃると思いますし、たしかにそういう一面もありますが、自分としては気負わずにやってきたという気持ちがありまして。実際にステージにおいて、いつになく荒ぶっている自分を感じながらそれをどこかで楽しんでいる自分もいたりして、一番水物である実演会(ライヴ)のステージで知る自分の本性を感じることは多々あるんですけど、音源のリリースとなると、そこをどこか切り分けていた部分もあって。自分の中では、曲を作っていく作業と、それを人前で披露するのはまったく違う作業なんです。音源制作ってつらいし根気のいる作業なので、自分はずっとライヴ向きの人間だと思っていたんです。でも最近は、そのあたりの垣根を取っ払えるようになってきて、何をやっても結局自分になるということに対してしっくりくるようになってきたというか、居心地の悪さをあんまり感じなくなってきたのかもしれません。

-それがバンドの成長とも相まって"革命"というタイトルにも結びついているのでしょうか?

この革命というのは、外に向けた革命というよりは――キノコホテルに関して自分なりにひとりで考えたい時間もあったので、その空白の時間を経て再びギアを入れて、戦闘モードに自分を呼び起こす作品にしたかったということもあって。曲が投げかけてくるものが自分に向かっていたりするので、自分のための革命というか、何をするにもまずはそこからだろうということで。