Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

シキサイパズル

2016年06月号掲載

シキサイパズル

シキサイパズル

Official Site

メンバー:Shuntaro Tsukui(Gt/Prog) Ayako Urano(Vo/Key) chaosgroove / Yoshihiro Kato(VJ)

インタビュアー:吉羽 さおり

-バンドらしい作り方ですよね。徐々にそういう形になっていったということですか。

Tsukui:最初のころはデモも作り込んでやっていたんですけど、"それならひとりでやれば?"って言われてハッとして。やっぱり、まずはちゃんと試すことから始めようと。それで、今の曲の作り方になりました。そのぶん時間はかかりますけどね。

-歌詞を書いているのはUranoさんですね。歌のキーワードなどは、曲作りのときからあるんですか?

Tsukui:最近はあまり言わない感じかな?

Urano:例えば、その曲の時間帯や色のイメージは私から聞きますけど、基本的には曲をもらって聴いて、出てきた風景を全部描き込んでいる感じですね。風景描写が多くなってしまうのはそのせいでもあるんです。

-その描写が、リスナーが想像するいろんな景色を色づけていくようなサウンドになっていると思います。メロディはすごくキャッチーだし、言葉もストレートに入ってくるけれど、それよりも、何か自分の内の想いを引き出される感覚があります。

Tsukui:それは嬉しいですね。

-強い言葉で耳を惹くよりも、静かにストーリーが流れている感覚でというのは、歌詞でも意識しているんですか?

Urano:強い言葉を使うのは少し苦手なんです。「log」(Track.4)は無機質な言葉を並べたかったので、冷たい言葉を並べているんですけど、この曲は一番苦労しました(笑)。

Tsukui:「log」は曲調的にも今までになかったタイプの曲なので。曲を出すときにも、これをシキサイパズルでやるのはアリなのかナシなのかと悩んだんですけど、やってみて決めよう、というのはありました。

-ちなみに、打ち込みのビートの曲もありますが、それもやってみてメンバーのOKさえ出ればいい、という感じですか?

Tsukui:ドラムの(Naoki)TakakuraがOKを出してくれればいいかなと。僕とドラムは一番付き合いが長いのもあって、曲を作っているときもある程度同じ方向を向けるので。"そうだよね"っていうのが、言わなくてもわかるんですよね。今作で言うと「orion」(Track.5)が打ち込みを入れているんですけど、この曲は最初からエレクトロニカに寄せるアレンジにしたかったので。生ドラムじゃなくて、打ち込みにするというのは、話をしている中で"その方向に持っていくのがいいかな"というやりとりがありました。

-みなさん、曲ありきで考えているということですね。

Tsukui:そうなんですかね?

Urano:そうだよ(笑)。彼が作る曲は基本的に信頼しているので。それに合うものを作っていきたいなと思ってます。

-今回の作品は、"記憶"をテーマにしているということですが、このテーマはどのようにして出てきたものですか。

Tsukui:今回は、1stミニ・アルバム『prismatic telescope』(2014年リリース)に比べたら明るい曲調が多くて。1stを出したあと、僕たちは自主でやっているのでなかなか思うようにいかないという現実があって、僕自身がそこの挫折感を引きずっていたんです。そんなときに、まず「predawn」(Track.7)、2番目に「pale aqua」(Track.2)ができたんですけど、「pale aqua」ができたときに、曲が先へ進むための光になってほしいなと思って。それで、自分がしんどい精神状態でも、自分を引き上げてくれるような明るい曲になればいいかなと思ったんです。

-前作があってのことだったんですね。

Tsukui:自然と"挫折感からきている希望の期待"というものがあったんです。それを"記憶"というテーマに置き換えたのは、"過去の経験があるからこそ今がある"からというか。アルバムのタイトルを"reflect memory on sphere=記憶の球体"としたのは、つらい経験や、しんどかったことを球体になぞらえてるんです。記憶にはつらかったことだけでなく、楽しかった記憶もあるので、そういったものだけを抽出して、球体に貼りつけていくというイメージ。先に進むための力になるようなものを誰かのためでもなく、自分自身が聴きたかったので作りました。それを他の誰かが聴いたときに自分と似たような感覚になってくれたらすごく嬉しいですね。

-無理に明るくというのではなく、自分から引き出されたものでもありますよね。

Tsukui:求めていたのはあると思うんですけどね(笑)。でも、もともとポップな曲は好きで、自然と出てきたものでもありますね。

chaosgroove:無理矢理という感じはしなかったよね。自然とそうなったんだろうなと。

-その"記憶"というテーマは、歌詞を書くうえでも頭の片隅にはあったんですか?

Urano:この時期は、私もつらいことがいろいろとあって(笑)。

Tsukui:はははは。

Urano:明るい歌詞が多いんですけど、明るい歌詞ってつらいときにしか書けないんです。それが出てしまったという(笑)。結果的にきれいにまとまってくれたので、よかったです。