Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夜の本気ダンス

2016年03月号掲載

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

Official Site

メンバー:米田 貴紀(Vo/Gt) 町田 建人 (Gt) マイケル(Ba) 鈴鹿 秋斗(Dr)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

このバンドの名前を各地のイベントやフェスで見かける機会は増えてきたし、たしかな演奏技術やメンバーそれぞれのキャラクターを活かした彼らのステージは着実に支持者を増やしていった。そんな夜の本気ダンスが、2ndフル・アルバム『DANCEABLE』で遂にメジャー・デビューを果たす。これまでと変わらず"身体と心を揺らしにかかるダンス・チューン"という軸を真ん中に据えながらも、多彩なアプローチで魅せる本作が彼らにとってさらなる飛躍へと導くことだろう。メンバー4人へのメール・インタビューで話を訊いた。

-アルバムのリリースは約1年半ぶりとのことなので、その間のライヴ活動について振り返らせていただけたらと思います。まず、昨年春にはドラマチックアラスカ、フレデリックとの3マン・ツアー"ALA-UMI-DOSS TOUR 2015"がありましたが、関西の同世代バンドと全国を回ってみての感想を聞かせてください。

鈴鹿:フレデリックもドラマチックアラスカも同じ関西でよく同じ括りにされますが、改めてそれぞれ個性があるということをお互い認識できたと思います。

-昨年夏~冬は全国各地のイベント、フェスに引っ張りだこでしたが、実際そのステージに立ってみて、やはり自分たちの音楽を求めてくる人が増えている実感は湧きましたか?

米田:たしかにフェスなどに出させてもらって、たくさんの人が観てくれてることは増えましたのでありがたいなぁとは思いますね。

-そして年明け早々、東名阪でのワンマン・ツアーがありました。このツアーを経て、新たな発見や気づきなどあれば教えてください。

鈴鹿:"ワンマン"というのは、やはりお客さんは自分たちだけを観に来てくれているわけなので、率直に嬉しいという気持ちはありますし、それこそ自分たちの本質みたいなところを全部出せますね。なので、フェスでたくさんの人に観てもらえるというのも嬉しいんですが、ワンマンこそ観てほしいっていう気持ちはありますね。

-この1年間で行った様々なライヴを通して"夜の本気ダンスらしさとは?"という部分をあらゆる角度から見つめ直すこととなったのでは?と思うのですが、いかがでしょうか。

米田:とにかく楽しむという部分が1番大事かと思いますね。それは、楽しさに対してまっすぐ向き合うということでもあるし、楽しませるという意味では、お客さんにもいろんなことを忘れて楽しんでもらうようにと心がけてますね。

-"DANCEABLE"というアルバム・タイトルなので、今一度根本の部分をうかがいたいのですが、そもそもなぜ"夜の本気ダンス"と名乗って、ダンス・ロックをやっていこうと思ったのでしょうか?

鈴鹿:名は体を表すと言いますか、バンド名が"夜の本気ダンス"で、踊るという意味でも踊らせるという意味でも自分たちがやらなきゃ嘘だろという意識はありますね。

-例えば、自分たちが演奏者としてダンス・ロックをやりたい、もしくはやるべきだと感じた理由、意識などは結成当初と今で変化していますか?

米田:結成当初と比べてもあんまり気持ちは変わってないですね。グルーヴィな曲もあるし、重たい曲もあるんで。ただ自分たちのルーツにある音楽要素の混ざり方が細かく複雑になってきてるように感じますね。

-ご自身では、『DANCEABLE』はどのような作品になったと思っていますか? また、本作がメジャー・デビュー作となりますが、制作の際、そのことについては意識していましたか?

米田:正直、前作の『DANCE TIME』(2014年リリースの1stアルバム)がメジャー1stアルバムで、『DANCEABLE』がメジャー2ndアルバムというくらいの気持ちですね。『DANCE TIME』である意味出し切った部分もあるので、新しい一面を見せたいという気持ちはありましたけど。

-『DANCE TIME』のときは期間を長く設けてじっくりと制作をしたとうかがっていますが、今回のレコーディングはどんな感じで進みましたか?

マイケル:今回は奈良のスタジオで録りました。泊まれるスタジオだったんですけど、わりとタイトなスケジュールだったので、レコーディングして、泊まって、ご飯食べて、またレコーディングして――という感じで、合宿しているようでした。

-新曲の制作時期はいつごろでしたか?

米田:前シングル「By My Side」(Track.3)と「LOVE CONNECTION」(2015年リリースの2ndシングル収録/Track.4)以外は去年の夏くらいから作ったので、夏フェスとかのスケジュールの間でした。