Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

POLYSICS

2016年03月号掲載

POLYSICS

メンバー:ハヤシ(Gt/Vo/Syn/Prog)

インタビュアー:吉羽 さおり

食やウルトラ怪獣など、ハヤシの偏愛するものだけを歌ったコンセプト・ミニ・アルバム『HEN 愛 LET'S GO!』シリーズを2作リリースし、改めてこのバンドのヘンテコでユニークな異形ぶりと、それでいてとてつもなくピュアな音楽愛を貫いている真摯さとを形にした、POLYSICS。そんなただただ好きなものを形にした作品を経てのニュー・アルバムはPOLYSICSがやっぱり、とてもいい意味で偏屈に、我が道を一心不乱に開拓していくバンドだということを伝えている。タイトルは"What's This???"。どの曲もキャッチーながら、咀嚼のたびに、歪さだったり、新たな味が飛び出てくるアルバムだ。

-前作『ACTION!!!』からは2年2ヶ月ぶりとなる待望のフル・アルバムですが、今回は結成19周年ということで19曲収録なんですね。

そう、19曲。最近、ベスト以外でいっぱい曲が入ってるアルバムってあまりないじゃないですか? この間のコンセプト・ミニ・アルバム『HEN 愛 LET'S GO!』シリーズもミニとはいえ7曲入りだったし。12曲入りでフル・アルバムと言われてもなあっていう気がしていて。アルバムにどーんと新曲が入ってるのって、潔いなと思って(笑)。

-曲数だけでもまず、インパクトがありますね。

ほんとはもっとたくさん入れてもよかったけど、今年19周年だからというところから始まったんです。それで、いいねいいねって盛り上がったけど、こんな大変だと思わなかった(笑)。

-(笑)まず、19曲入れるというところから曲作りが始まったんですか?

そこから作った曲もあるし、『HEN 愛 LET'S GO!』をやる前に作っていた曲もあって。それをリテイクしたりリアレンジしたり、歌詞にしても、今の自分たちのものに更新したところはありますね。

-Track.2「SUN ELECTRIC」などはすでに、一昨年あたりのライヴでも披露していますね。

2014年の夏には完成していて、9月のライヴではやってましたね。そのときは、これをシングルで出すんだろうな、出したいなと考えていたんですけど。そこから『HEN 愛 LET'S GO!』のプロジェクトがスタートしたから、一旦保留にしたんですよ。

-「SUN ELECTRIC」などは、どこかPOLYSICSの初期の匂いを感じさせて、1曲にいろんなタイプのPOLYSICSの面白さが詰まった曲ですね。

たしかにこのときは、1曲にいろんな要素を盛り込むような曲を作りたいというモードで、3分弱――これは、2分50秒だけど、その中にいろんなリフやジャンルがごっちゃになってるっていうものが、そのとき作りたかったんですよね。そのころにできたのが、「Funny Attitude」(Track.4)だったり「Take Away」(Track.9)みたいな、1曲の中の情報量が多めでポップな曲で。

-そこから『HEN愛 LET'S GO!』を2枚作って、楽曲への取り組みということで新たなものは加わったんですか。

加わりましたね。『HEN愛 LET'S GO!』は思い切り自分の好きなことをやるというスタンスで。今までのPOLYSICSでも自分の好きなことを思い切りやっていたし、今回も思い切りやっているんだけど、もっともっと、ジャンルにこだわらないものや、自由で自然な発想のものを形にしたいという意識はあったかな。自分が自然に作ると、音楽的な偏愛部分を、ルーツにあるテクノとかニュー・ウェイヴとか初期パンクを大事にしすぎて、小さいものになっているなという実感もあって。好きなものに振り切ったものはできたから、今回はジャンルにこだわらずもっと自分の好きなことを思い切りやろうと思って「アルプスルンルン」(Track.3)ができたんですよね。

-そこで「アルプスルンルン」なんですね(笑)。

タイトルでちょっと笑いが起きちゃう感じになってるけど(笑)。

-突き抜けたなと思っていたんですけど。例えばこのタイトルのような、語感としても面白いものにもどんどん振り切っているんですか?

語感に関してはまた今までとは違っていて。どう攻めようかなと思っているところで。今までの自分の歌詞は、語感を重視して、意味なんてなくていいと思って作り続けてきたんだけど、『ACTION!!!』でそれはやりきったというか――『ACTION!!!』は言葉をあえて言葉として捉えずに、響きだけで作ったアルバムだったので。"また、そこをやるのか?"と考えたときに、それはそれでPOLYSICSとしては間違いのないものになるけど、一度やったことをまたやるのはどうかなと思い直したんですよね。だから歌詞については、「アルプスルンルン」なんかはいっぱい書き直してるんだよね。

-より、"歌詞らしく"ということですね。

そう。タイトルがあって、そのタイトルの世界観で歌詞を作るっていうのを、最近やってなかったなと。例えば『MEGA OVER DRIVE』(2013年リリースのミニ・アルバム)のときは、「MEGA OVER DRIVE」っていう曲の世界観に合わせて、あのヴォコーダーの言葉がばっちりはまったからそこに向けて歌って気持ちのいい言葉や、あえて引っかかりのある言葉で作っていったんですけど、そこには意味もないし、ストーリーはなかったんですね。それで、そこにストーリーがあったら面白いよなと意識して作ったのが、今回なんです。結構、フミ(Ba/Syn/Vo)のアイディアもあって、"ストーリーがあるものを作りたいんだよね"って話したら、それまではみんな歌詞に対してノータッチだったんですだけど、"今のモードを伝えるなら、ここはこうした方がいい"、"ここは説明しすぎている"っていうような意見をもらいましたね。

-「アルプスルンルン」の歌詞はこのタイトルありきでのスタートですか?

もともとは、バードウォッチングをイメージした曲だったんだけど(笑)、今思えばそれじゃなくてよかったなと。一旦寝かせたり、何度か書き直していくうちに、この曲のスピード感は、直滑降なイメージあるなあと思って。そこで、メンバーに"アルプスルンルン"ってタイトルをまず出したとき、ざわっとして(笑)。いいじゃん、いいじゃんって感じで形になっていってよかったですね。