Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

愛はズボーン

2016年02月号掲載

愛はズボーン

メンバー:カネシロマサヒデ(Vo/Gt) ギマケンタ(Vo/Gt) シライタツヤ(Ba) トミナガリョウスケ(Dr)

インタビュアー:岡本 貴之

初の全国流通盤となった前作から約1年ぶりのリリースとなる2ndミニ・アルバム『MAGMAそれは太陽のデジャヴュ』は、セオリーに囚われることなく、自由なアイディアによるアレンジやメロディ、ローファイなバンド・サウンドでこれでもかと音楽が楽しめる作品だ。一見おちゃらけているようなバンド名やジャケット、アルバム・タイトルも何も考えてなさそうでいて実は深い......のかどうなのか!? メンバー4人に話を訊いた。

-1年ぶりのミニ・アルバム『MAGMAそれは太陽のデジャヴュ』が完成した今の手応えはいかがですか?

ギマ:めちゃくちゃありますね。『IWZBN』(2015年リリース)を出したときとは違う、成長した感じというか。"これは新しいんちゃう!?"っていうポップさを打ち出せていると思うので、めちゃめちゃ満足しています。

シライ:前のアルバムがアマチュア時代の集大成的なアルバムだったんですけど、今作は自分らっぽさを出しつつ前作とは違うような作品になったんで、みんなに聴いて欲しいですね。音質も、ローファイに寄ってる感じです。

ギマ:今回はよりディープな、コアなところも出てますね。

トミナガ:個人的に、前のアルバムよりも自分らしい音にできたなと思っています。イイ感じに。

カネシロ:そやな、"1枚目よりイイ感じ"に(笑)。

ギマ:アバウトやな(笑)。

カネシロ:作っているときに、いろんな方からアドバイスをもらいながらやってたんですけど、最終的に自分らで作っているのがメインみたいになっていったんですよ。それを"人に聴いてもらってやっと完成やで"みたいなことを途中で言われたのをめっちゃ覚えてますね。

-すでにライヴでもできた曲を披露していると思うのですが、反響はどうですか?

ギマ:「MAJIMEチャンネル」(Track.2)はカネシロ君と交互に歌ってるんですけど、"ボンボンズボボン(『IWZBN』収録曲「愛はズボーン」)の次これくる!?"みたいなお客さん的には衝撃があったと思うんですよね。それとアルバム・タイトルを発表したときにどよめきと笑いが起きたという(笑)。"MAGMAそれは太陽のデジャヴュ"というのは、カネシロ君と僕でつけたんですけど、僕が"MAGMA"っていうワードにすごくハマってまして、カネシロ君は"デジャヴュ"にハマっていて。

カネシロ:曲を作るときもよく"今なんかワードない?"って訊くんですよ。それと同じで、今使おうとしていたりハマってるワードがないかを訊いたら"MAGMA"と"デジャヴュ"だったんです。あとは半笑いで、どうやって繋げるかギマ君と考えるんですよ(笑)。

シライ:次にスタジオに来たときに"これになったから"って(笑)。

カネシロ:でもギマ君がちゃんと意味もつけてくれて。

ギマ:太陽を掴もうと手を伸ばしてジャンプしても遠いし手が届かない。その太陽を掴むにはどうしたらいいかというと、まず地下に潜って真っ暗な道を手探りで進んで行かなければならない。何も聞こえないし、どの道が正解かもわからないけど、とりあえずずっと進んで行くと、だんだんコアなところ、"MAGMA"の中心に行き着く。それを掴んだときに、"ああ、あのとき掴みたかった太陽ってこのことやったんや!"って、デジャヴュするという。"太陽"を""夢"と置き換えたら、そういうふうに掴んでいくものちゃうかなって。それが"MAGMAそれは太陽のデジャヴュ"です。このタイトルにはこんなに深い意味があるんですよ(笑)。

-なるほど!ものすごく納得しました、今。ジャケットにしてもタイトルにしても、一見ふざけているように見えて深いんだろうなって思いつつ、でも深いって思わない方がいいのかもしれないって悩まされるんですよ(笑)。

カネシロ:そうなんですよ、すごく気を遣わせているんですよね~、いろんな人に(笑)。

ギマ:狙っている部分でもあるけどね。

カネシロ:ジャケのデザインにしても、僕が描いたんですけど、なんなんでしょうね(笑)。これは本当に何も考えてないです。

ギマ:でも絶妙なニュアンスですね。新しいけど古さも感じるというか。

カネシロ:僕が"ガロ"って漫画雑誌にハマってて、古本屋で集めて行ったりしているんですけど、そこで描いている人の中で安西水丸さんって人がスクリーントーンをわざとはみ出させているんです。それが好きで、まさに"ガロ"の表紙みたいにしたかったんですよ。実はこれの前にまったく違う雰囲気のものがあったんですけど。二転三転してこれになったんです。

ギマ:その前のやつがTHE BEATLESの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967年リリースの8thアルバム)のジャケのオマージュで。("スター・ウォーズ"の)C-3POがいたりとか。

カネシロ:THE BEATLESのメンバーも描いて。全部僕がこの絵のタッチで描いて。

-この絵のタッチであのジャケットを(笑)?

カネシロ:このタッチで(笑)。周りにいっぱい、つげ義春の"ねじ式"の男の子とか、"カートゥーン ネットワーク"のキャラクターとか、C-3POとか、僕らが影響を受けた音楽以外のカルチャーが並んでいて。何気にその中にRAZORS EDGEのKRASHさん(Dr/"TOUGH&GUY RECORDS"オーナー)がいたりして(笑)。でもこのジャケットでいきたいって相談したら、"これを通すには(権利関係上)時間がかかりすぎる"って(笑)。"スター・ウォーズ"やしディズニーやし、結構キツイと。だからできるなら次のものを描いてみて欲しいと。それでこのジャケットになりました。

-C-3POを描いている時点で、それは考えてなかったんですか?

カネシロ:僕ねえ、そういうの考えてないんですよ(笑)。"行けるんちゃう?"くらいに思ってたんで(笑)。

一同:(笑)