Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SHERBETS

2016年01月号掲載

SHERBETS

メンバー:浅井 健一(Vo/Gt) 福士 久美子(Key/Cho)

インタビュアー:山口 智男

浅井健一率いるSHERBETSが前作『きれいな血』からわずか6ヶ月で新作『CRASHED SEDAN DRIVE』をリリースする。多彩な曲からなる、ある意味ファンタジックなSHERBETSワールドは変わらないものの、舌鋒鋭いシングル「Stealth」を始め、持ち前のアグレッシヴさが前作のときよりも戻ってきた。"今回は燃えとるよ"とベンジーも言っている。3年ぶりに冬眠から覚めたと思ったらバンドはいきなりトップギアに入ってしまったようだ。

-前作『きれいな血』からわずか半年で新しいアルバムがリリースされることになりましたね。

浅井:うん。『きれいな血』(2015年7月リリースの9thアルバム)でツアーをやったんだけど、すごく充実したものになって。バンドが一丸となってるというか、みんなすごくやる気になっていて、このままもう1枚......これまでは1枚出してはしばらくやらずにっていうのが続いてたんだけど、バンドを継続してやるって大事だよねって話になったんだよね。半年っていうのはちょっと早すぎるけどね(笑)。でも、集中してやったら、いい曲がたくさん生まれてきて、『きれいな血』以上に今回のアルバムは好きかな。

-お客さんの反応が今までと違ったんですか?

浅井:お客さんの反応はすごくよかったよ。今まで以上によかった。

-それは『きれいな血』が......。

浅井:いや、演奏がいち段とよくなった感があって、やっぱりライヴが良かったんだよね。ライヴ自体が。

福士:この間のツアーのときは心が強かったよね。心っていうか思いが。やっぱり、音楽は上手い下手じゃなくて、そこが大事なんだって思いました。そこがよかったところだと思っているんですけど、メンバー全員、思いを寄せて......もちろん、これまでもそういうふうにやってきているんだけど、この間のツアーはそれをすごく強く感じました。そこが伝わった部分でもあるのかな。私たちの思いを感じとってくれた人の思いももらったりして嬉しかった。頑張ってきてよかったと思えたんですよ。

-メンバーはそれぞれにキャリアのある方たちじゃないですか。それでもまだ伸びるってことがあるんですね。

浅井:ここに来て、ようやくって感じだね(笑)。

-それは謙遜しすぎじゃないですか(笑)?

浅井:前もよかったんだけど、まだまだ先があったっていうことかな。

-ツアー・ファイナルだった恵比寿LIQUIDROOMのライヴを拝見したんですけど、あのときのライヴもよかったですよね。よかったっていうか、凄まじかった。そのとき、MCで"また作るよ"って浅井さんはおっしゃっていたんですけど、ひょっとしたらそのときにはもう作り始めていたんですか?

浅井:まだそのときは決まってなかったかな。夏にソロを作り始めようかなって思ってたんだけど、ツアーを1本みんなで回ったその勢いを切らさずにやろうっていうことになって、それで作り始めたのかな。

-そしたら浅井さんが8月に指を骨折されて......。

浅井:あれはみんなにすげえ迷惑かけたな。すっげえ迷惑かけたし、申し訳ないと思ったし(苦笑)。

-もう曲は作り始めていたんですか?

浅井:8月に曲作りのリハーサルに週1ぐらいで入り始めて、そんで9月の終わりに福士さんのスタジオでレコーディングやろうよってところまで決まってたんだよね。そしたら8月の終わりにいきなり指を折っちゃって、"ギブスがとれるまでに4週間。とれてもすぐには弾けないでしょう"って言われて。となると、9月の終わりに予定していたレコーディングを、そのままやるか伸ばすかってところだったんだよね。でも、伸ばさずに治っとるってつもりで、もうカルシウムとかいっぱい摂ってたかな、9月は。ライヴもあったから、サポートを立てて、本来ならば、みんなにやらなくていいリハーサルをやってもらって。だから精神的にもいろいろ......申し訳ないって気持ちとやらねばいかんって。その時期に歌詞も作って、ぎりぎり......9月の終わりにレコーディングに入るじゃん。そこでぎりぎり指が動き始めて、そのとき、8割か9割レコーディングしたんだよね。

-じゃあレコーディングはぶっつけ本番みたいな?

浅井:レコーディングはみんなで"せーの!"で録って、クリックも最近は......クリックを使うとダメになるんだ、俺たち。だから、"せーの!"で一斉に録るやり方。それで、できたのが今回のアルバム。そりゃ不安要素はいっぱいあったよ、レコーディングに入るときはね。だけど、こういうことっていつまでも不安がっとってもしゃあないんで、期限を切ってやるしかない。で、いっぺんみんなで入ってみたら、すげえいいテイクが何曲もレコーディングできて、『きれいな血』よりも手応えがあったかな。みんなの集中力もすごく高かったね。『きれいな血』は『きれいな血』で大好きだし、自信もあるんだけど、今回の方が熱量が多いっていうかね。そんな気がするよ。みんなは聴きながら旅ができると思う、それもいい旅が。Track.5「COWBOY」が好きなんだよね。しんみりしちゃう。

福士:「COWBOY」は(グッと)来るよね。