Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KEYTALK

2015年10月号掲載

KEYTALK

メンバー:小野 武正(Gt/MC/Cho) 首藤 義勝(Vo/Ba) 寺中 友将(Vo/Gt) 八木 優樹(Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

KEYTALK、シングル表題曲で初のメジャー・キー、そして素直に感情移入できる前向きな歌詞と、ド直球な楽曲が今回の「スターリングスター」。初の武道館公演で大事な場所にセットされそうな曲であるのはもちろんだが、それが彼らの前進のスピードと清々しいほどリンクしていることが何より大きな意義。高性能作曲集団であるKEYTALKがその実力を次のレベルで発揮しているのだ。

-遂にド直球なシングルがきたなと思いました。この時期にリリースするシングルとして何かヴィジョンがあったんじゃないですか?

首藤:そうですね......テーマじゃないですけど、武道館が控えてて、1回自分の目線でそのまま書く曲を作ってみたいなと。タイミング的にもちょうどいいのかなと思って、Track.1「スターリングスター」はちょっとリアリティのある歌詞にしました。

-今までは物語があってそれに沿って書いていたと。

首藤:そうですね。歌詞書く人によって違うんですけど、僕は全部、物語作って、それを歌詞に起こすみたいな感じで書いてました。

-個人的には武道館公演のアンコール1曲目とか、本編ラスト前とかの感じがしました。

首藤:何かしら大事なポイントにはなりそうな気は......メモメモ。

-(笑)今日(取材日:8月28日)早朝解禁されて、Twitterでファンの人の感想を見てたんですけど、"神曲"的な感想が多かったですね。

寺中:"イントロからすごく感動して"みたいなことを言ってる人がいたんですが、僕も特にイントロが大好きで。まぁ、僕らの曲の中でもすごく不思議な位置の曲ではあるんです。イントロからガツーンと盛り上がってる曲ってのはたくさんあったと思うんですけど、イントロから雰囲気のある曲ってのは、なかなか珍しいなと。"このメロディ・ラインがいい"ではなく、完全に"雰囲気がいい"みたいな。イントロから持っていける曲なのかなって、その感想見ても思いましたし、個人的にすごく感じています。

-首藤さんの中ではこのタイミングでこういう曲をっていう意識はどれくらいあったんですか? 5月にリリースした3rdフル・アルバム『HOT!』のインタビュー時は"これでひとつのタームが終わった"と話していましたが。

首藤:アルバム曲の歌詞書いてるときに、最初「YURAMEKI SUMMER」(3rdフル・アルバム『HOT!』収録曲)をあの感じでなくて、自分たちのバンドの状況を歌った歌詞にしようって思ってたんです。でもそれをやめて、またここでシングルのタイミングがあったので、ここでそういう歌詞書きたいな、みたいなところはありましたね。

-「YURAMEKI SUMMER」はもっと反骨っぽいことを書こうとしてたんじゃなかったでしたっけ?

首藤:そうですね、はい。

-でもそれとは全然違う歌詞なのは、この間バンドに起こったことが前向きな作用だったってことなんですかね?

首藤:なんか自然と出てきたって感じでした。

-しかもシングルでは初めてのメジャー・キーですね。

首藤:そうですね、今までよくなかったなと。自分でもそこまで違和感ないかな。サビのコード進行がメジャー・キーのコードから始まるっていうのがシングルでは初めてで。このコード進行、ちょっと難しいんですよ。流行ってないというか、インパクトは薄くなりがちなんですけど、ストーリー性が作りやすいっていうところがあって。歌詞とも合ってていいと思いますね。

-曲作りはいつも通りですか? 首藤さんが全部打ち込んで?

首藤:全部ではないですけど、ある程度の骨組みを聴いてもらって。そこからあとは直して直して、フレーズもそれぞれ作り直して、プロデューサーのNARASAKIさんともアレンジをどんどん詰めていってって感じでした。

-NARASAKIさん、アイドルもやってるからキラッキラな感じやスケール感のあるものは得意そうですね。

首藤:そうですね。あんまり専門用語とかはわかんないんですけど、"キラキラ感とか広がる感じが欲しいんです"みたいに言うとちゃんと汲み取ってくれて。そこはやっぱりすごいなと。今回、歌詞とかヴォーカルのメロディもちょっと直してもらったんです。今までは自分が作ったその2つは変えたくないという思いもあって、プロデューサーの意見で変えたことはなかったんすけど、今回、NARASAKIさんの意見で主旋律や歌詞もちょっと変えたところもありましたね。

-例えばこうしたらこう聴こえるよっていう具体的な提案があったんですか?

首藤:例えば"大切なぬくもりも"のところが、"いつだって不安だけど"って歌詞だったんですけど、"限られたサビっていう大事なところでネガティヴなワード入れるよりはポジティヴなものを入れたほうが映えるんじゃないでしょうか?"って(笑)。