Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

吹雪

2015年10月号掲載

吹雪

メンバー:宮川直彦(Vo/Gt) 佐藤智宏(Ba) 竹田敏之(Dr)

インタビュアー:山元翔一

-"孤独の冷たさは/あらゆる生命の鼓動をとめた"という歌詞も印象的ですが。

宮川:誰にも認知されない光のあたらない世界ってすごく孤独だと思うんですけど、「Avalanche」はそういうところから描いているんです。

-なるほど。先ほど佐藤さんも少し話されたミュージック・ビデオの話ですが、戯曲的なカットもありますよね、これはどういったものをイメージしたのでしょうか?

宮川:すごく抽象的なことを描いているので何と言われるとすごく困るんですけど......ビデオに出てくる人は、見る人によっては善を象徴するものにも見えるし、悪を象徴するものにも見えるっていう存在にしたかったので、あえてマスクさせて男女の区別がつかないようにしました。あとはコンテンポラリー・ダンスをやっている方なのでコンセプトだけを伝えて自由に踊ってもらったので、僕自身もあれが一体何を表しているかは把握していないです。

-宮川さんの場合、主張や思想はあるんですけど、結構聴き手に委ねる部分が大きいですよね。

宮川:そうですね、個人的にはかなり強いものがあるんですけどね。音楽なので強要はしたくないし、思想家ではないので。

-ミュージシャンの方でもいろんな方がいらっしゃりますが、例えば忌野清志郎さんみたいにメッセージを発信していきたいっていうわけではないんですね。

宮川:忌野清志郎さんも好きですし、ああいうのもいいなと思うんですけど......どっちが正解かわからないんですよね。昔は結構言ったりもしていたんですけど、なんか違うなっていう思いもあって。でもやっているのは音楽なので説明してもしょうがないですし、曲聴いて歌詞を読んでもらえればそれでいいかなって思っています。

-なるほど。ではサウンドのことを中心に聞いていきますね。この曲のMVではボウイング奏法を披露されていますが、実際にあれをやっているのJimmy Page(LED ZEPPELIN/Gt)とJónsi(SIGUR RÓS/Vo/Gt)しか見たことないんですよね。

一同:(笑)

宮川:いや、結構いますよ(笑)! あれやろうか迷ったんですよ、絶対それ言われると思ったんですけどあえてやりました(笑)。

-資料でも、RADIOHEADとかSIGUR RÓSって具体的に打ち出しているじゃないですか。そういった見られ方をするのに抵抗はないですか?

宮川:もういいかなって(笑)。吹雪ってどんなバンドか聞かれるとすごく困って、僕はめんどくさいんで"ロック"って答えるんです。シューゲイザーと言われても自分でもちょっと違う気がするし、ポスト・ロックもしっくりこなくて説明するのが難しいんですよ。なのでRADIOHEADとかSIGUR RÓSっていうわかりやすいところを出しておけば、みんなイメージしやすいのかなと思って。

-たしかに、吹雪の音を画一的なジャンルで語ることは難しいですよね。どちらかというと視覚的というか情景を想起させる要素の方が強いですよね。

宮川:たしかにそうですね。自然とそういう音になっているとは思います。逆にこういう音楽しか作れないかもしれないですね。

-Track.2「Lost」。意味は"喪失"ですね。この楽曲は作品においてはどういった立ち位置の曲なのでしょうか?

佐藤:最初に「Avalanche」と対になる世界観の楽曲という話はもらっていました。

宮川:この曲は猛吹雪が過ぎ去ったあとのイメージですかね。

-Track.3「GROTTA」。"GROTTA"は洞穴という意味で、古代ギリシャ/ローマでは冥界への入口と考えられた言葉だそうですね。作品の世界観にも沿った楽曲です。今作において宗教や神話的なモチーフが多いのはなぜなのでしょうか?

宮川:そこは全然意識していないんですよね。歌詞にもあえて"悪魔"とか書いてるのもありますが、わかりやすいじゃないですか? ベタかなって思ったんですけど、今作はコンセプトがしっかりしていたので、悪魔でいいかなと。

-この曲は7分以上ある曲で、静と動があってという楽曲ですが。

宮川:最初期のころからある曲で、アレンジもどんどん変わっていったんですね。イントロとかは初期のベースが持ってきて、ずっとあたためていた曲なんですけどアレンジがなかなか決まらなくて。この3人になってようやく今のアレンジに固まったので今回出そうということになりました。後半、転調して変拍子になってるんですけどスタジオでセッションして遊びながら作りましたね。

佐藤:当初から前半部分だけで終わるのは物足りないなと思っていたんですよね。

竹田:たしか最後は5拍子じゃなかったんですよ。普通に終わる流れだったのをバシッと切り替えたんです。