Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

POLYSICS

2015年07月号掲載

POLYSICS

メンバー:ハヤシ(Gt/Vo/Syn/Prog)

インタビュアー:吉羽 さおり

今年3月、ハヤシの偏愛する食べ物や飲み物をテーマにミニ・アルバム『HEN 愛 LET'S GO!』をリリースしたPOLYSICS。その偏愛モノ第2弾となるのが、今回の『HEN 愛 LET'S GO! 2 ~ウルトラ怪獣総進撃~』。タイトル通り、今回はウルトラマンに登場する怪獣をテーマに、POLYSICSサウンドの真髄を聴かせている。食べ物や飲み物、怪獣にしても、単に好きだというよりも、その奥にはハヤシ自身への音楽へのこだわりや偏愛と相通じるものがある。そんなブレなさを、再確認するような2作になった。

-そもそも、『HEN 愛 LET'S GO!』で前作の食べ物がテーマと、今回の怪獣がテーマのものとあって、話はどちらから進んだものだったんですか。

もともとは怪獣が発端というか。俺の好きなもので、面白く語れるものっていうことで、それは怪獣だなって(笑)。でもいきなり怪獣より、もっと俺の偏愛っぷりが伝わりやすいものがあってからの怪獣がいいんじゃないかなっていうのがあったんですよね。

-それで、先に好きな食べ物で『HEN 愛 LET'S GO!』を作ったと。前作では音楽的にいろいろ振り切って楽しんでいた作品でしたが、今回は、テーマ・ソング作るくらいの気持ちもあったんですかね。

あまりテーマ然としたような、いわゆるヒーローものの主題歌みたいのはイヤだなとは逆に思ってて。強いんだぞとか、デカイんだぞみたいのじゃなくて(笑)。"自分はこの怪獣のここがいいんだ"という偏愛がちゃんと伝わるものっていう。その視点は人によって違うと思うんだけど。必然的に、怪獣がテーマだとテンションが高くなるじゃん?

-そうなんでしょうね(笑)。

アコギなし、みたいなさ(笑)。その中でも決めごとを自分ではあまり作らずに。怪獣を選ぶところからすごく時間がかかったんだけどね(笑)。そこから、曲にいくまでは、その怪獣になんとなく合ったジャンル、曲調みたいのを、探りつつ作っていた感じかな。

-怪獣のチョイスの基準は、好きだっていう他に何かハヤシさんなりのこだわりはあったんですか。

基本、好きな怪獣はいっぱいあるんだけど、ひとつはやっぱり、ルックス。ルックスから入る方なので。ルックスの愛嬌感、いびつさ、でもキャッチーっていう。あとはそれぞれのエピソードを観て、そこからのインスパイアで曲を作っていくのもあったな。怪獣のデザインは好きだけど、エピソードを観て"うーん、これは曲にしづらいな"とかもあるんだよね、自分の中で(笑)。話がちょっと暗すぎるなとか。そうなると、曲も暗くなっちゃうのはイヤだなっていうのがあって。だからエピソードを観て、グッときたもので作るっていう。

-ウルトラマンの怪獣というとどうしても、悲しいものを背負っているものも多いですよね。

いるね、ゴモラとかもそうだもんね。結局、人間のわがままだからね。ゴモラは、ジョンスン島というところに化石を見つけに行ったら、まだ生きたゴモラが見つかって。これを展示物にしようっていうので、麻酔弾を打って運んでいる最中に麻酔が切れて、大阪にゴモラが落ちてしまうんだけど。もともと身体が弱ってたんだけど、落ちたショックで本来の凶暴さを取り戻して大暴れしちゃって、結局、ウルトラマンが倒すことになっちゃうんだけど。そのままジョンスン島で発掘されなかったら、あそこでゆっくり寝れていたんですよ。でも人間の勝手でゴモラは復活してしまい、倒されてしまうっていう、かわいそうな怪獣なんだよなっていう。

-そういうエピソードからより曲へのアイディアも膨らむわけですね。

そうそう。ウルトラマンってそういう、悪いだけじゃなくて、理由があるっていうのがすごく多い。

-子どもの番組だけども、精神性や哲学が濃いですよね。

メッセージ色が強いよね、ウルトラQのナメゴンとかもそうだし。ただ単に怪獣の体重とか得意技を歌にしてもなっていう。

-サウンド的にもゴモラ感は意識しているんですか。

強いから、突進する感じが合うんじゃないかなと思って。ちょうど"CAPITAL RADIO ONE"っていう、僕の好きな京都のTシャツ・メーカーがあって。京都大作戦とかのTシャツとかも手がけていて、ポリも何枚か作ってもらっているんだけど。そこが円谷とコラボしたとき、BLACK FLAGのモチーフでゴモラのTシャツを作ってて。"ああ、だよね"って思って(笑)。じゃあ、高速ブレイクビーツで突進するスピード感のある曲にしようって。

-このゴモラってフォルム自体もすごく怪獣らしいですね。

そう。でもこの何とも言えない角の曲線とかね、あと、異様に首が前に出てたりとか。ここがいいんだよねえ(と持参したソフビを片手に偏愛ぶりを)。

-次の曲の「怪獣チャンネル ~電波怪獣ビーコン登場~」のビーコンなんてとてもかわいらしいルックスですね。

かわいいよね。かわいいけど、謎でしょ?