Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夜の本気ダンス

2015年07月号掲載

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

Official Site

メンバー:米田貴紀 (Vo/Gt)

インタビュアー:天野 史彬

とにかく、絶好調である。その強烈なグルーヴ感と天性のキャラクターをもって、各地のフェスやイベント現場をパーティー会場へと変貌させまくっている夜の本気ダンスが、フル・アルバム『DANCE TIME』以来となる3曲入りニュー・シングル『By My Side』をリリースする。タイトル・トラック「By My Side」を始めとして、現在のバンドの立ち位置にふさわしい、ひと回りもふた回りもスケール感を大きくした1枚。とにかく、踊れて、歌えて、そして泣ける、名曲揃いのシングルである。本作をきっかけに、より大きなフィールドに足を踏み入れるであろう彼らに、メール・インタビューで話を訊いた。

-1stフル・アルバム『DANCE TIME』がリリースされてから半年以上が経ちました。あのアルバムは、夜の本気ダンスが本来的に持つアッパーでダンサブルな面、それと同時に、メロウでリリカルな面も垣間見せた1枚だったと思います。今、振り返ってみて、あのアルバムを作り上げたことは、今の自分たちに何をもたらしたと思いますか?

1stアルバムなんで、このバンドの持っている様々な要素みたいなものはある程度世間に示せた気がします。アルバムの反響があっていろんな人に知ってもらえたので結果的には良い影響ばかりだったと思ってます。

-アルバムを引っ提げてのツアー、そしてフェスへの参加など、『DANCE TIME』リリース以降のライヴ現場で自分たちが新たに得ることができた実感や気づきなどがあれば、教えてください。

今までやったこともない大きなステージで演奏させてもらったり、地方に行って自分たちのことを知ってるお客さんが増えたのは単純に嬉しかったりします。そういう意味ではゆっくりなのかもしれないけど、自分たちの音楽が広がってるんだなぁと実感します。

-イベントや大型フェスで入場規制が起こったり、動員記録を塗り替えたり、夜の本気ダンスのライヴ現場での強さを思い知らされるようなニュースも多く聞いています。今後、より大きなステージに向かっていかなければいけないという使命感は、みなさんの中で湧き上がっていますか?

使命感という感じではないですが、より多くの人が観に来てくれるわけなので、楽しませたいという気持ちは強くなったかもしれません。

-これは取材する度に訊いている気がするのですが、米田さんは、ステージ上の自分とステージを降りた後の自分、その落差は大きくなったりしていますか? 大きな舞台に立つ機会が増えれば増えるほど、ステージ上でパフォーマンスする自分とそれ以外の自分との間にギャップが出てくるものなのかと思うのですが、今、米田さんご自身はステージ上での自分自身と、普段の自分、そしてその間にあるギャップ......それらに対してどう向き合っているのか、教えてください。

大きくはなっていないと思いますね。大きいステージだからといって単純にテンションを上げていけばいいってわけでもないなと。いろんな魅せ方を模索しているって感じです。ステージと普段のギャップにもまあ慣れてきたのかなと思います。

-この半年間で、最も愛聴した曲、アルバム、またはアーティストを教えてください。新譜でも過去の作品でも構いません。

ツアー中よく聴いていたのは、LATE OF THE PIERの「Broken」(2008年作『Fantasy Black Channel』収録)とJIMMY EAT WORLDの「Sweetness」(2001年作『Bleed American』収録)かもしれません。最近やとTHE BOHICASの「Where You At」(2015年8月リリースの1stアルバム『The Making Of』収録)とTUXEDOの 「Do It」(2015年3月リリースの1stアルバム『Tuxedo』収録)です。

-今回のシングル『By My Side』は、ギターの音の鳴り、リズムの強度、そして歌の訴求力――そのすべてが、『DANCE TIME』収録曲と比べても格段にスケールアップした楽曲が収められていると思います。シングル作品として、制作にあたりどのような作品を作りたいと思っていたのか、教えてください。

ありがとうございます。この「By My Side」は原型となるデモみたいなのが『DANCE TIME』の制作以前からありましてそのときから、"いい感じやね"っていうふうにはなってたんですけど『DANCE TIME』に収録する感じではないなと思って。で、今回シングル出すぞってなって"「By My Side」挑戦してみようや!"って感じで制作を始めました。今までの夜の本気ダンスっぽいっちゃぽいけど、ぽくないみたいなそういうラインを狙っていきましたね。

-Track.1「By My Side」は、これまでの夜の本気ダンスが得意とするダンス・ロック・サウンドの流れを汲みながらも、厚みのあるギターとボトムの太いリズムが渾然一体となって迫ってくるような、非常にへヴィなサウンドの1曲だと思います。これまでの楽曲と比べても各楽器同士のアンサンブルによって生まれる曲全体の"圧"が非常に高いし、2分25秒あたりからの叙情的なギター、そしてそこから次第に覚醒感を増していく部分にはスケールの大きなカタルシスが宿っていると思います。この曲からは"夜の本気ダンスとしてのサウンドを更新しなければいけない"という強い決意を感じるのですが、この曲の曲作り、音作りに際して、どのような意識がありましたか?

この曲が最初に浮かんだとき、大きいステージで鳴らしているイメージがバッと出てきて。だからそのイメージに合うようなアプローチで作っていきました。音圧があってヘヴィな感じっていうのを常に意識して各楽器もそういうイメージで音作りをしてもらいました。