Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FOUR GET ME A NOTS

2015年07月号掲載

FOUR GET ME A NOTS

メンバー:石坪 泰知(Vo/Ba) 高橋 智恵(Vo/Gt)阿部 貴之(Vo/Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-なるほど。では今回は、どの曲あたりからアルバムはできていったんですか。

石坪:最初にできたのはTrack.3「Set you free」だよね?

-「Set you free」はメロディの哀愁感が強いですね、でもサビではちゃんと高揚感がある。

石坪:この曲は、智恵さんがネタで持ってきていたAメロに、僕がサビをくっつけた感じなんです。そのAメロをどうしても活かしたいなと思っていて。

高橋:もともとは1曲丸々あったんですけど、Aメロだけ......。

石坪:採用(笑)。

高橋:このAメロがもったいないからもっといいものをつけようよっていう話で、サビをつけてくれたっていう感じですね。

石坪:合作みたいな。今回は、これがサビだぜっていうわかりやすさはどの曲にも意識したかもしれないです。だから、今回のアルバムが、今までで1番キャッチーなんじゃないかなと思っています。

-これまでの積み重ねで、メロディのあり方だったり、サビへとブラッシュアップする見極めであったり、よりキャッチーさというものがわかってきた感じなんですか?

石坪:前作の『AUTHENTIC』を作ったとき、"サビが来る来る感"っていうか(笑)。"これがサビだぜ"みたいな作り方を、プロデューサーの渡邊 忍さん(ASPARAGUS/Vo/Gt)に意識させてもらったのが大きいと思います。"聴かせたいのはこれだ"みたいなね。もちろんAメロ、Bメロ、サビ全部聴かせたいんですけど。

高橋:1曲としての物語をしっかり作っていくっていう部分で、それがすごく勉強になった。それがここでやっと、自分たちでも形にできたのかなって思います。

-キャッチーということでは、Track.2「Music is my life」もかつてない抜けがあって、しかもポップ性も非常に高い曲ですね。

高橋:これは、ベック(阿部)が作った曲で(笑)。

阿部:まるっと作りました。智恵が歌う曲を作ったのは初めてで。コンセプトとしては、JUDY AND MARYぐらいポップな曲を作ろうっていうもので(笑)。これは制作の最後の方にできた曲なんですけど、あまりこういう明るい曲は自分らにはなかったので。そういうことも考えつつできたのがこれだったと。

高橋:それが、ものすごいポップな曲に(笑)。

>阿部:直前に、YUKIさんのライヴに行ったので。たぶんそれもあります(笑)。

石坪:はははは、影響を受けてる。

阿部:ああ、いいなあと思って。そういうのも奥底にあったかな。

-高橋さんが歌うことで、そこまで甘すぎずにポップな曲として着地してますよね。そして、歌詞は自分自身と音楽、バンドについて歌ったものですね。

高橋:歌詞は私なんですけど。曲調もポップだし、じゃあこの曲で何を伝えたいのかっていうところで、自分にとっての幸せな部分を書きたいと思ったんです。そこから、"自分がなぜここにいるのか""今後どういうことをしていきたい"に発展していって。2ndアルバム『SILVER LINING』(2011年リリース)に入っていた「My guitar my songs」も、自分の人生を語った曲なんですけど、その第2章みたいな曲にしようと思って。大事な曲だなと思えたので、現状の、自分の人生の歌詞を書こうと思いました。

-サウンドとの相乗効果で、熱い思いがありながらも軽やかでいい歌になりましたね。

高橋:いろんな目標を持って頑張ってる人の支えになるような曲になればいいなと思いつつ。きっと、音楽だけじゃなくても共感できる人はいるはずなので、そういう気持ちを込めて書いています。

-今の強い思いということでは、アルバムの幕開けとなる「Sail」も勢いがあって前向きで、1曲目に相応しい内容ですね。今作を象徴している曲だとも思います。

石坪:そうですね。僕なりのメロディック・スタンダードみたいな。それこそ最初は、打ち込みで頭に浮かんだものを入力していった感じでした。最初は歌じゃなくて、ピコピコ音だったんですけど。

高橋:作っていくうちにリズムが変化したり、作っていく中で夏っぽくなって、まさにこのアルバムをリリースする時期にぴったりになったなって私は思っています(笑)。

-駆け抜けていく爽やかさもありますしね。メロディアスな曲ということでいうと、Tack.5「Memento」なんてかなりエモい曲で(笑)。

高橋:エモいって。

石坪:これも阿部君の曲で(笑)。