Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FOUR GET ME A NOTS

2015年07月号掲載

FOUR GET ME A NOTS

メンバー:石坪 泰知(Vo/Ba) 高橋 智恵(Vo/Gt)阿部 貴之(Vo/Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

3月に初のベスト・アルバム『FOLLOW THE TRACKS ‐The Best of 10years‐』を発表し、バンドのスタートから11年目を迎えた3ピース、FOUR GET ME A NOTSが、5thフル・アルバム『ASTREA』をリリースする。今作は、FOUR GET ME A NOTSのアイデンティティを確かにし、力強く発信しているアルバムだ。メロディック・ロック・バンドからも大きな影響を受け、汗だくのライヴハウスで培われてきた、キャッチーで心震わせる歌とグンと体温が上がるソリッドでドライヴ感溢れる曲が詰まっている。自信が音となったフォゲミ・スタンダードの完成だ。

-5作目となるフル・アルバム『ASTREA』がついに完成しましたが、今本当にバンドが充実しているのがわかるアルバムですね。

石坪:ほんとですか。

-前回、ベスト・アルバム『FOLLOW THE TRACKS ‐The Best of 10years‐』のインタビューの際に、絶好調だと話していた理由がこのアルバムを聴いてわかりました。

高橋:ああ、嬉しい。

石坪:ベスト盤に入れた新曲「Our chords」を作ったときみたいに、みんなが"いいね、いいね"って、前向きに曲に向かっていけたかなっていうのがありましたね。

-それは、何が理由だったんですか。

石坪:うーん、何ですかね(笑)?

高橋:いい意味で、決めつけていたことがはずれてきたと思います。"ああじゃなきゃいけないのかな?こうじゃなきゃいけないのかな?"じゃなくて、"これ、やってみよう!やってみなきゃわからないし、とにかくやってみよう!"っていう感覚にちゃんとなれたという感じがありました。だから、本来自分たちがやりたかったことが、今までよりもクリアに収録されているのかなと思います。チャレンジもかなりしましたし。とにかく、"やってみよう"っていうことが多かった気がするけど、どうですかね?

石坪:そうだね、うんうん。

高橋:あとは、今までだったらできなかった曲も、"この曲やりたいからやろうぜ!"って、強い意志を持ってチャレンジができた気がします。

-曲作りの段階からそういうムードがあったってことですね。

石坪:そうですね。結構、無心でやったっていう感じですかね。あとは、この3人でできる範囲で、やりたいことを純粋に作っていった感じがあります。例えば、自分が好きなジャンルの音楽があって、それを無理やり曲に取り入れて......みたいな感じじゃなくて。この"3人でできることは何だろう"っていう考え方をしたことで、やりたいことが純粋に出てきやすかったかなと思いますね。今回は。

-それが、思う形になったという実感はありますか?

石坪:そうですね。実は今回やっとDTMでデモを作ってみたんです(笑)。今までは、適当に弾き語ったデモを持ってきて作るってことが多かったんですけど、今回パソコンで打ち込んだりして、みんながもっとイメージしやすいようなデモを作れるようになったので。そこも面白かったかな。

-いつごろそういったことを始めようと?

石坪:今年の2月くらい(笑)?

-そんなに最近のことでしたか(笑)。

石坪:だからまだファミコンみたいなピコピコした音源なんですけど(笑)。仮タイトルも"ロックマンX"とか、そんな感じの曲もあったりして。

-なぜ今、そういうデモ作りをしようと思ったんですか。

石坪:スピードが速いじゃないですか。作ってすぐにメールで送れたりするし。あとはイメージを伝えやすいのがいいなと思っていたので、以前からいつかやりたいなと思っていたんですよね(笑)。なので、まだDTM1年生です。

-それで、3人で作り上げる作業スピードも上がったんですか。

高橋:そうですね。私はもともとそういう作り方を、ちょっとずつやっていたんですけど、自分のイメージする世界観も伝えやすいし。逆に、弾き語りのデモって、やっぱり弾き語りのテンションになっているので、本来やりたいテンションが伝わってこなかったりすることもあるんです。でも、DTMだと"ああ、こういうスピードでやりたいんだな"って、わかりやすくなりましたね。

阿部:作業スピードは速くなったし、イメージが沸きやすいというのもあるのでいいところもありつつ。いろいろと勉強にはなりましたね。どんなもので作っても同じだと思うんですけど、ばっちり決めてきちゃうと速いけど、ただ一回行き詰まっちゃうと形を崩すのが難しいという難点もありつつで。