Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チャットモンチー

2015年05月号掲載

チャットモンチー

チャットモンチー

Official Site

メンバー:橋本 絵莉子 福岡 晃子

インタビュアー:石角 友香

言葉じゃなくて態度で示す。チャットモンチーはいつもそういうスタンスでリスナーに勇気をくれるバンドだが、今回はさらに音楽家、アルバム全体を見据えるプロデューサー的な立場からも、そのスタンスを明らかにしてくれた。男陣(恒岡章、下村亮介)、乙女団(世武裕子、北野愛子)というふたつの4ピースに加え、橋本+福岡+恒岡の3ピースや橋本+福岡の2ピースという4つの形態で臨んだレコーディング。その多彩な形態と彼女たちの音楽欲が生み出した、明確にカラーの違う全12曲そのものが冒頭に書いた"勇気"をくれる。音楽そのものを楽しみ、イメージを具現化した結果、アップデートされたチャットモンチーが、今ここにある。

-完成してみてどんなアルバムになったと思いますか?

橋本:ものすごい濃い、詰まってるアルバムになったと思います。一瞬の隙もないみたいな。やってる人たちもいろいろ曲によって違うとか。だから、1曲ごとに曲の性格みたいなのをすごく考えた気がします。

福岡:どういうアルバムになったか......そうですね、1番好きですね。新作は常に1番いいと思ってるんですけど、"好き"って思うのって、個人的な感覚じゃないですか。すごくやりたいことがいっぱい湧いてきたし、より"足していきたい"っていうのは初めてだったし、すごく楽しかったから"好き"って感じですね。

-福岡さんが前回のインタビューで、"チャットは自由にやってるふうに見えるぐらいがいいんだろうな"とおっしゃってたんですが、現実にもかなり自由なんじゃないか?と思って。

福岡:そうですね。かなり放牧してもらってます。

-でもそれは放牧されるように自分たちで持っていった努力もあるんじゃないですか?

福岡:ま、努力っていうか、"放牧向き"っていうのをずっと知らせてたんでしょうね(笑)。

-でも放牧なんですよね、天然ものではなく。

福岡:そうですね。一応、大きい括りでは牧場内にいます(笑)。なんの話や、ファーマーズ(笑)。

-ファームの主でもあり、ファームにもいるというか。引っ張りますけど(笑)。

福岡:ま、主というか、メンバーっていうのを初めて実感したかもしれないですね。今回のアルバムというか、今期のチャットに関しては。今までメンバーしかいなかったから、"牛だけで生きていくぞ"って感じはあったんですけど(笑)。やっぱり"今日はこっちの方向に行きます"みたいのを......言うのがまぁ役目なんだな、みたいなのは初めてですね。

-全員が合議制でもいいのかもしれないけど、誰かが意思決定しないと動かない?

福岡:もちろん、指針をプリプロの状態で示して、"こういうものを作りたい"って言うんだけど、やっぱりそのお願いをするにあたって、絶対、いい意味で"想像を越えたい"っていうのでお願いしてるから。最後のまた最後に、私たちのジャッジで落としこむっていうことだから。なんて言うんかな......ま、引っ張り回す感じではなかったですね。話を結構しました。

-で、そこで共有できたものをふたりが最終判断すると。男陣と乙女団、それ以外にもふたり、そしてツネさんと3人というメンバーのパターンがありますけど、それは曲をどのメンバーでやるってイメージして作ったんですか?

橋本:基本、曲がなんとなく見えてからお願いするか、もう少し自分たちで進めて行くか決めます。完成に向けて思いっきり寄せるのはメンバーを決めてからですね。

-今までのイメージをはずさないとできないだろうなっていう、「私が証」とか、結構驚きました。

福岡:いいですよね。だから"こういう曲はないな"ってジャンルで作っていきましたね。アルバム曲は結構、他の曲も"こういうのアルバムの中でないなぁ""アルバムの中でないからこっちにしよう"って。

-それで言うと「私が証」と「最後の果実」が同じアルバムに入ってるのは両極かもしれないですね。

福岡:危険な賭けでしたね(笑)。並べてみるまで超不安でしたから。

-まぁ驚き具合では「最後の果実」なんですけど。

橋本:元はもっとTHE POLICEみたいだったんですけど(笑)。