Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SpecialThanks

2014年12月号掲載

SpecialThanks

メンバー:Misaki (Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

SpecialThanks、初の日本語詞、初のタイアップ、初のシングルという"初めて"が、バンドの成熟と化合した『LOVE GOOD TIME』。TVアニメ"オオカミ少女と黒王子"のオープニング・テーマ書き下ろし楽曲だ。歌詞はアニメの主人公、エリカの気持ちや状況をそのまま投影したもので、恋を掴もうとする少女の強い想いを後押しする。MIX MARKETとのスプリット・アルバム『ROCK'N'ROLL』でも楽しさを切らさず制作したという彼女たちは、初めて尽くしのこのシングルでもそのモードを継続し、より逞しく成長し続けている。「LOVE GOOD TIME」という楽曲は、マイペースに歩んだからこそ得られた充実の表れだ。

-「LOVE GOOD TIME」はTVアニメ"オオカミ少女と黒王子"オープニング・テーマの書き下ろし曲とのことですが、ここに至る経緯は?

(制作側から)声をかけていただいて......実は最初、私はメンバーと一緒にスタジオに入ったときに、メンバーからその話を聞いたんです(笑)。話をもらったときにメンバーは"マジで!?"って喜んだらしいんですけど、私が絶対英語詞しかやらないと思っていたみたいで、"みーちゃん(Misaki)がやりたいって言わないんじゃないか?"と思ったらしいんです。だからメンバーから"アニメの主題歌やる?"と言われて、私が普通に"やる~! やるやる! やったー!"って答えたら、びっくりしてました(笑)。もともといつかアニメのタイアップとかをやれるときが来たらいいなと思っていたので、お話を頂いてすごく嬉しかったです。"オオカミ少女と黒王子"は前から知っていたし、絵も可愛いし、有名な漫画じゃん! って(笑)。

-お話があったのはいつごろなのでしょう?

お話を頂いたのは8月の半ばで、録ったのは9月で。もともと歌詞以外は大体できていたので"この曲どうですか?"と(アニメの制作チームに)聴いてもらって、それでOKを頂いたんで、歌詞も日本語で作品のイメージに合ったものにしました。可愛らしい漫画だなと思ったし、面白い漫画だし。歌詞にこだわりました!

-そうですね、SpecialThanks初の日本語詞ですものね。「LOVE GOOD TIME」の歌詞は"オオカミ少女と黒王子"の主人公、エリカをそのまま反映させたものになりました。

そうなんです。まったく自分の言葉ではなくて。エリカの気持ちになって"エリカだったらどう思うかな?""エリカだったらこう思うかな?"と考えながら書いて。

-ストーリーをぎゅーっと詰め込んだ歌詞ですよね。本当に主題歌らしい主題歌だと思います。

オープニングはエリカのことを歌ったもので、というお題もあって。

-そういう作りかたはいかがでした?

向いてると思います! 今までも結構歌詞に関しては"こういう話を書いたら?"と言われるとばーっと書けたりすることが多いタイプなんです。自分だけで作るときもお題を決めてやっているので、それを(他者から)言ってもらえると、それは自分では出ないお題だから、新しく広がるなーと思います。だから"お題があって広げていく"というのは作りかた的には普段と変わらなかったんですよね。

-"オオカミ少女と黒王子"は、恋人がいたことがないのに見栄っ張りゆえに彼氏がいると嘘をついてのろけ話をしていたエリカが、その嘘も限界と思ったときに街で見かけたイケメン君を盗撮して、自分の彼氏だと嘘をついて自慢をする......というのが話の発端ですが、エリカに共感する部分はありました?

いや(笑)。そんなに嘘ついたりしないから......でもエリカのそういうオオカミ少女っぷりが"オオカミ少女と黒王子"の面白いところなんですよね。そういうところから始まる恋愛もあるんだな、と思いました。

-最初にインタビューさせて頂いたときにMisakiさんは"日本語で歌うのは照れくさい"とおっしゃっていましたが、「LOVE GOOD TIME」はエリカの気持ちを歌っているから、その照れも半減でしょうか?

そうです! まさにその通り(笑)。自分の恋愛のことだったら、こんな気持ちをストレートに出した歌詞は書けないですね、今はまだ......。

-『ROCK'N'ROLL』に収録されているMIX MARKETとのコラボ曲である「ロックンロールダンス」はMisakiさんが歌詞を書いてらっしゃいましたが、あの曲にも日本語は少し用いられてましたね。

「ロックンロールダンス」の歌詞を書いたのは「LOVE GOOD TIME」のあとなんです。だから「LOVE GOOD TIME」で日本語を経験したので、「ロックンロールダンス」にもちょっと日本語を入れてみたんです。だから「ロックンロールダンス」も「LOVE GOOD TIME」があったからこそスムーズにできたかなーと思って。

-では「LOVE GOOD TIME」は本当にSpecialThanksの日本語詞処女作なんですね。「LOVE GOOD TIME」を歌うときは、エリカになりきって?

いや、歌はSpecialThanksのMisakiです! 歌詞はエリカだけど、歌は私。でもエリカの気持ちが自分のものになっちゃってる感があります。だから特に意識はせず、自然に歌ってます。