Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

KEYTALK

2014年05月号掲載

KEYTALK

メンバー:小野 武正 (Gt/MC/Cho) 首藤 義勝 (Vo/Ba) 寺中 友将 (Vo/Gt) 八木 優樹 (Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

マスロックの変拍子も歌謡曲も含むジャパニーズ・ポップのメロディのキャッチーさも飲み込んだ上で、時代が感じるキャッチーさの変化を先取りするような怪物的なアルバムをKEYTALKは完成させた。ポップの肌感覚の変化をいち早く感じる子どものような感性と、それを現実のサウンドスケープに落とし込める実年齢の腕力をもって。聴くほどに、見るほどにクセになるKEYTALKの最新形についてメンバー全員インタビューで迫ってみました。

-すごいアルバムができましたね。もう小気味いいを通り越して、ちょっと気持ち悪さもありつつ気持ちいいみたいな。

一同:ハハハ!

首藤:"キモい気持ちいい"(笑)。

-いつ頃から制作していたんですか?

首藤:曲によって前からある曲も最近の曲もありつつ。ここに入ってきてる曲の中にはインディー最後のアルバム(『ONE SHOT WONDER』)を作った、その最後の月から作り始めた曲もあるぐらいなんで。

-このフル・アルバムをどういうものにしたいってビジョンが出てきたのは?

首藤:明確にこういうアルバムにしたいっていうのはなくて、それよりは"強い曲をいっぱい入れよう"みたいな意識はありつつ。明確に定まったのは、1回出揃ってる曲は若干、幅が広がり過ぎてるから、KEYTALKらしい楽曲とはなんでしょう?っていうのを考え直そうっていうミーティングがあって。そのタイミングから徐々に見えてきた感じはありますね。

-KEYTALKって、曲をバンドでの再現性をそんなに考えずにまず作るじゃないですか?そのことが、今回のアルバムをさらにバンドで到達する地点を狂気的なものにしてると思って(笑)。同じぐらいの状況にいるバンドがたくさんいる中で何か考えていたことはありますか?

首藤:そうですね......ホントに唯一の存在になりたいっていうのはどのバンドもそうだと思うんですけど、たとえば同じ位置にいるバンドが、今、多い状況でなおさらアタマひとつ抜きん出たいっていうのは、最近考えるようになって。あとはもう、個人的にはとにかく強い曲をブチ込みたいなっていうのは思ってて。何をもって強いか?っていうのは、いろいろあると思うんですけど、例えば他のミュージシャンに聴いてもらって"わー、これはやられたわ。KEYTALKすごいわ"って言われるような作品だったり、そういう意味で勝負の曲みたいのをどんどん入れたいなっていうのは思いましたね。

-小野さんはどうですか?

小野:前からあって突き詰めた曲と、メジャーでやるって決まってからできあがった曲の両方あるので、3年間インディーでやってたこともいいように消化されて、この13曲に詰まってるとすごく感じます。で、もちろんKEYTALKとしては2枚目のアルバムということもあって、1枚目よりもさらに精度が上がったと感じてて。あと八木くんも今回初めて作曲してるので。

-遂に八木さんが作曲している曲も入りましたね。

小野:八木くんの曲が入ったことも大きくて。4人全員が作曲してるんで、奥深いというか、いろんな人に刺さる気はしてて。聴いてもらいたい思いは強くありますね。

首藤:作った人のカラーはいい具合に分かれてきたと思いますね。

-寺中さんは自分のソングライティングの役割を考えてましたか?

寺中:そこは基本的には考えてないんです。KEYTALKの核となるような曲は、義勝や武正が作ってくれるんで、そこにはちょっと安心感があって。自分は意識して力を抜きまくった曲を作るというか。いつもそういう感じでやってるんですけど、今回のアルバムに向けては、今まででその選択肢がいちばん多かったし。曲の候補という意味で。そういう面では今までで1番みんなが力を出しきれてるアルバムにはなったかなと思います。