Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

阿部真央

2014年05月号掲載

阿部真央

インタビュアー:沖 さやこ

デビュー5周年を迎えた阿部真央がリリースする2014年初音源は、NHK Eテレで放送中のTVアニメ"ベイビーステップ"のオープニング・テーマに書き下ろした「Believe in yourself」を表題に掲げるシングル。阿部は作品に感化されて、自分の思い描いていたひとつの答えを導き出したようだ。ざっくりとデビューからの5周年を振り返りつつ、ニュー・シングルについて、そしてシンガー・ソングライターとしての彼女のスタイルについて探った。

-デビューからずっと走り続けていた阿部さんにとって、この5年間はどのような年月でしたか?

んー......すごいざっくり言うと、結果的に良い5年間でした。嫌なことも悩んだ時期もたくさんあったからこそ学べたこともあったから、1個1個ちゃんと積み上げて成長できた感じもあって。いろいろあったけど良かった、という感じですね。

-悩んでいたとは?

曲を書いて、歌を歌って、ライヴをして......だけではないところで。仕事は結局人と人の繋がりや連携だったりするじゃないですか。そういうところで滞ってしまったり、本当に力を注ぐべきところ以外でのストレスが凄かったんですよ。わたしばかりが怒りに任せて改善しよう!と言っても届かなくて苦しくて。動いてくれてるのは大きな力や大人だったりするので、そういうところにうまく(自分の思いや考えが)伝わらないジレンマがあったんですけど、今はそういうものは解消されて。解消するためにいろんな人を傷つけたりしたと思いますし、傷つけられることもありました。

-解消するために阿部さんは何をなさったのですか?

わたしの伝えかたを変えていくとか......そういうところですね。 "どうしてAだったものがBになって発信されているんだ?"と、最初はわからなかったことがだんだんわかってきて。わたしたちは何とかしてAをAのままで伝えたいんです。でもそれが集中力が散漫することでBになってしまっているところを、わたしたちが"これはAでしょう?"ともしゃもしゃ言って。外に発信するまでにこういうことがあると、それが存在する意味がなくなっちゃう。わたしもこのチームのなかでいちばん若いですし、大人に意見を言うことに最初は抵抗もあったんです。でも、どうしても自分の"こうしたい!"という活動を世の中にいい形で見せるには、そこが必要だったりするので。年齢的にも多感で"なんでできないの!?"ってストレスもたまって。そこから伝えかたを変えることを覚えました。

-1年に1枚必ずアルバムをリリースなさっている裏側で、そんなことがあったんですか。おまけにお若いのに。

いやいや(笑)。若いから何もわかってないからがむしゃらに頑張れたところもあると思いますね。これをやるしかないんだなって。デビューしてるんだし、させてもらってるんだし、と思ってたし。でも5年間、みんなに支えられてきたんだと思います。ただ、みんなベクトルがちょっと違う方向を向いちゃってただけだったんだな、と今は思いますね。去年の頭、『貴方を好きな私』(2013年8月リリースの5thアルバム)の制作時からそういうものがクリアになっていって、やっと信頼している人たちと安心して活動できるようになりました。コアなチームで、発信するところから一貫して話し合ったりできるようになって。今ここにいられるのは、最初の4年間でいろんなことで悩んだり怒ったりしながらやってきたお陰だと思いますね。

-去年で再スタートを切った阿部さんがリリースする、『貴方を好きな私』以来の音源であるシングル『Believe in yourself』。こちらのタイトル曲は4月よりNHK Eテレで放送されている人気テニス・アニメ"ベイビーステップ"のオープニング・テーマということで、これはタイアップのお話があってからお作りになったんですか?

そうです。"ちゃんと自分自身を見つめて毎日を過ごしていないとだめだな"って漠然と思ってたときで。"そういう曲が書きたいな"と楽曲がまだ種の状況のときに、タイアップのお話を頂いて。まず原作の単行本を読ませていただいたんです。ものすごくモチベーションの上がる漫画で。ここまで勇気をもらったり、自分も頑張ろうという気持ちにさせてくれる漫画は意外と少ない......というかほぼ出会ったことがなくて。主人公の自分の決意の真摯な姿勢とか、努力を惜しまないところがすごくリアルで親近感が持てて。わたし自身がそうなりたいと思っている部分もあるから、すごく共鳴したんですよね。本当にいい漫画で。

-話の内容も描写も、ひとつひとつがとてもリアルですよね。

普通のサクセス・ストーリーじゃないんですよね。才能はあるし、みんなに支えられているけれど、いちばん努力しなきゃいけないのは自分自身で、積み上げていく成功が毎回ちっちゃいんですよね。それで、ちゃんとリアルに挫折もしていく。そういう描きかたを見て、読んでるこっちも"そうそう、実際はこうだよね"って。だからいつの間にか感情移入しているし、物語のなかに入り込んでいる。でもやっぱり、希望が持てるんですよね。エーちゃん(ベイビーステップの主人公、丸尾栄一郎のニックネーム)が勝ったときとか。そのときに"あ、わたしが最近漠然と考えていた書きたいのはこういうことだ!"と、作品に感化されて書きました。ベイビーステップは元気をもらう、というのとはちょっと違うんですよね。"頑張ろう!"って気持ちやパワーをもらうんです。