Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SpecialThanks

2013年12月号掲載

SpecialThanks

メンバー:Misaki (Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

女子ヴォーカル・ギターMisakiを中心とした紅一点ロック・バンド、SpecialThanksが2000枚限定シングル『Campanula e.p.』から約1年ぶりに5曲入りミニ・アルバム『MOVE ON』をリリースする。2011年末にギタリストとドラマーが脱退、翌月にはJunpei(Dr)を迎え3ピースとして、そして今年の3月にHeisuke(Gt)を迎え再び4ピースとしての活動をスタートさせたスペサン。バンドとしての動きを常に止めずに邁進する彼女たちの最新作について、Misakiに訊いた。

 

-『MOVE ON』は現在の4人になって初の作品なので、まず2011年にリリースされた1stアルバムの『SEVEN LOVERS』の頃から振り返っていきたいと思います。2011年には東日本大震災やメンバーおふたりの脱退がありましたが、バンドとしてはどのような状況でしたか?

とても悲しい気分でした。『SEVEN LOVERS』を作って、そのツアー中に辞めると言われて。初期メンバーではないんですけど、デビューしてからずっと一緒にやってたメンバーのうちのふたりが、一緒に脱退したんで......寂しかったし、ショックでしたね。でも、その年の末までそのメンバーで一緒にやって、次の年の1月から新たなドラムのJunpeiくんが加入して、3人で活動を始めたんです。そのときに3人でやって、いろいろ経験して。脱退は悲しかったけど、すごく前に進めたから良かったと思います。

-おふたりの脱退からJunpeiさんの加入まではほとんど間が空かなかったんですね。

脱退すると言われてから実際脱退するまでに半年くらいあったんで、その期間で探して。ベースのHiromuくんが"同級生にひとりドラムできる人がいる"ということで誘ってきてくれて。だから12月も(脱退する前に4人で)ライヴをして、1月も(ふたりの脱退後Junpeiを招いた)3人でライヴができました。ショック受けて、気分も落ちていたけど、バンドを辞める気はなかったから止まりたくないなと思って。3人でもライヴに出てほしいと言ってくれるイベンターのかたとかもいらっしゃったんで、それがすごく嬉しかったんですよね。だから"やるぞ!"って。

-初期のSpecialThanksは3ピース・ガールズ・バンドでしたが、久々の3ピースはいかがでしたか?

演奏面では自分のギターに自信がなかったので不安だったんです。4人でやっていたときのような音の厚さは出ないし、最初はボロボロだった(笑)。でも3ピースだと音がシンプルなぶん歌が生きるなと思ったんです。"もっと歌を大切にできる"と気付いたら楽しくなってきて。いままでのメンバーが弾いていたギター・ソロも"成長のためだ!"と自分で弾くようになって。ふたりの脱退から3人での初ライヴまでの1ヶ月で必死に練習しました(笑)。今年の4月にHeisuke(Gt)くんが加入して、いまの4人になってからも、3人のときに弾いていたソロは弾いてたりするので、もしその期間がなかったら......そういうソロとかは弾けるようになってなかったかも。昔から"ギター・ヴォーカルでソロを弾ける人はかっこいいなぁ"と憧れつつ、ずっとバッキングでやってたので、結果的にはすごく良かったと思ってます。

-そしてその3ピースでリリースされたのが、昨年12月の2000枚限定作品の『Campanula e.p.』だと。

『Campanula e.p.』はわがままを聞いてもらいながら無理矢理やった感じ(笑)。スペサンは4人でやってたから、それを3人でやるとだいぶ変わるじゃないですか。それでも"自分たちの曲を出したい!"と思って出してもらって、結果すごくいい作品になって。だから過去のなかではいちばん思い入れがあるものになりました。2000枚もすぐ売り切れたと私が勤める会社の人が言っていて......本当にありがたいです。

-その頃にはHeisukeさんとは出会ってらっしゃったんですか?

そうですね。『Campanula e.p.』のツアー中、去年の秋に出会いました。レーベルからホームページ上で募集をかけてもらったんですよね。わたしは"そのうちいい人が現れればいいな"と思ってたので特にメンバーを探そうとか行動に移してなかったんですけど、いつか4人でやりたいという希望が他のメンバーもすごく強かったから、全然動かないわたしの代わりに(レーベル・オーナーの)古閑(裕)さんが率先して動いてくれたというか(笑)。そしたらありがたいことに結構たくさん応募して頂いたんです。