Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ハルカトミユキ

2013年11月号掲載

ハルカトミユキ

ハルカトミユキ

Official Site

メンバー:ハルカ (Vo/Gt) ミユキ (Key/Cho)

インタビュアー:天野 史彬

平成生まれの女性デュオ、ハルカトミユキがメジャー移籍アルバム『シアノタイプ』をリリースする。インディーズ時代の2枚のEPで見せた、同調主義やネオリベ的な価値観が蔓延する社会に対する洞察眼は相変わらず鋭い。だが、このアルバム最大のポイントは、「シアノタイプ」や「長い待ち合わせ」に象徴されるような無垢で赤裸々な感情を歌った楽曲だ。もちろん、依然として怒りや虚無は色濃く刻まれているが、ここにあるのは、たとえ報われない未来が待ちうけようとも、愛することを、求めることを諦め切れない、祈りにも似た想いなのだ。高潔で感動的なアルバムが完成した。

-アルバム『シアノタイプ』を聴かせていただいて、凄く素直なアルバムだなって思いました。インディーズからリリースされた2枚のEP(『虚言者が夜明けを告げる。僕たちが、いつまでも黙っていると思うな。』、『真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。』)で描いていたものの、もっと奥にあるものまで表現したアルバムになったんじゃないかと思うんですけど、ご自分たちではどういう作品に仕上がったと思いますか?

ハルカ:そうですね......そもそも、自分たちでもハルカトミユキがなんなのかっていうのをずっと掴んできたわけではなくて。ほんとに"素直"っていう言い方でいいと思うんですけど、素直に今、出したいものをやってみようっていう感じはあって。だから、いい意味で自由にやってみたところはあります。

-今までは、もうちょっと自分たちを縛っていた部分があったと思いますか?

ハルカ:インディーズで出した2枚は、ほんとに初期の段階で出てきた10曲だったんですけど、あの時に書きたかったものはあの10曲で。じゃあ次に何を書きたいかって考えた時に、あの10曲があったから、ハルカトミユキはああいう音楽で、次もああいうふうに書かなきゃいけないっていう縛りが自然と自分たちの中に出てきちゃってたんです。でも、それを排除したというか。別にあの10曲があるからといって、自分たちでまだ何もわかってないなっていうところに1回立ち返って。そういう意味で、自由に書いてみたっていう感じです。

-ミユキさんはどうですか?

ミユキ:ただ暗い曲だけじゃなくて、明るい曲の中でも自分たちらしさを表現できるんだなっていう部分では、開けたと思います。あと、インディーズで出した10曲以上に振り切って、フレーズを遊び心だけで作ってみたりして。でも、今までのハルカトミユキっぽさを残した曲も作ったり。そういうところはいろいろ挑戦できたと思います。

-そもそも、メジャー移籍っていうことに対する気負いとか、特別な思いはありましたか?

ハルカ:気負いはないですね。いい意味で変わらないところと、いい意味で変わるところ両方なきゃいけないなっていうのはありました。

-1曲目の「消しゴム」の、<一番嫌いだったものに/もうすぐなりそうな気がしてる>、<決して譲れない思いも/いつか売り渡してしまうかな>っていうラインが凄く印象的で。これを読むと、メジャーから作品をリリースすることや、自分たちの名前が売れていくことに対して抵抗や疑いの目を持っているのかなって思ったんですけど、どうですか?

ハルカ:「消しゴム」は結構前からある曲なんですけど――。

-ああ、そうなんですね。このアルバムにはインディーズ時代のEPから2曲――「Vanilla」と「ドライアイス」が入っている以外はすべて新曲ですけど、この新曲たちは、どれも昔からあった曲なんですか?

ハルカ:いや、「消しゴム」と「マネキン」と「Hate you」だけは1年ぐらい前からあって、その他はこのアルバム制作の直前にできた曲です。でも、「消しゴム」を1曲目に持ってくるっていうのは、意図的にやりました。インディーズの時から知ってる人が聴いて、"あ、1曲目にこの曲を歌ってるんだったら変わらないかも"って思ってくれるかなって(笑)。だから、あれは敢えてやってる感じですね。

-音楽を職業にしたい、音楽でご飯を食べたいっていう思いは、大学生の頃に音楽活動を始めた時からおふたりの中にあったものなんですか?

ミユキ:私は、1st EPを出してちゃんと音楽で活動していくってなるまでは、そんなことまったく思ってなかったです。連れて行かれたみたいな感覚でしたね。

ハルカ:私は昔から、音楽やるなら仕事にして、食べていこうとは思ってました。

-他の道は考えなかったですか?

ハルカ:大学を卒業する前は、一応、就活してたんですけど......就活してるフリみたいな感じでした(笑)。真剣には考えてなかったですね。