Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FOUR GET ME A NOTS

2013年03月号掲載

FOUR GET ME A NOTS

メンバー:石坪 泰知 (Vo/Ba) 高橋 智恵 (Vo/Gt) 阿部 貴之 (Dr/Vo)

インタビュアー:吉羽 さおり

3人による男女ヴォーカルで、グッド・メロディを力強くブライトに、また熱くエモーショナルに届け、メロディック・シーンでの存在感をたしかなものにしてきたFOUR GET ME A NOTSが、3rdアルバム『BLINKS』をリリースする。これが、これまでの泣きや切なさのバースト感から、エネルギッシュに突き進んでいくバンドの力強さ、最高の武器であるポップなメロディをブライトに磨きあげて打ち出した会心のアルバム。3人の気迫がびしばし込められた、じつにソリッドで、かつスケール感たっぷりの内容になっている。作品への思い、現在のバンドのモードはどういうものなのかを、インタビューした。

-熱い気合いを感じるアルバムで、まさにバンドの今が凝縮された作品だなと思いますが、完成しての実感とはいかがですか。

石坪:バンドの状態も、個人もそうだと思うんですけど、すごく今、みんなポジティヴというか、精神的にもいい状態で。単純に、バンドをやっていてもライヴをやっていても、今がいちばん楽しいなと個人的には思っているんですよね。そういう気持ちが曲作りの段階から込められたのかなというか。そういう曲が揃えられたのかなと思います。

高橋:毎回、いいものができなって思うのは変わらないんですけど。今回は自然体な感じがするなっていうのは思いますね。

阿部:できた!っていう達成感は大きかったのかな。個人的にもいちばんいいんじゃねえかなって思うし。今までの時点でやれることはすべて詰め込めたと思います。

-今のポジティヴさや、バンドが楽しくなってきたというのは、どういうところからきているんでしょう?

石坪:今までの作品も納得をして出してきたというのはもちろんあるんですけど、なんていうのかな......悩みながら、自分たちでいろいろな経験をしてきて、今やっといい意味で前を向けたのかなっていうか。それこそバンドをやっていて楽しくなかった時期とかも絶対にあるし、そういうのも全部経て、今があるというか。年をとったというのもあるんですけど、いろんな意味で視野が前よりも広がったと思うし。いい意味で余裕も持てているところだと思いますね。

高橋:まわりを見る余裕ができたのが大きいかもしれないですね。自分のことで精一杯だったりとか、自分の勝手な決めつけで余計なものに縛られていたりとか。そういうのを振り切って、すべてに対して前向きに取り組めるようになった自分がいる。視野が広くなって、なんでも柔軟に対応できるようになったからこそ、例えばこれまでなら受け入れられなかったこともやってみて、実際に広がったりとか。結果に繋がっているのかなと思います。

-この3人でやるのはこうではなくてはいけないみたいな思いっていうのは、これまでに強くあったと思いますか。

高橋:自分たちが思う自分たちと、まわりの思う自分たちとか、そういうことを無駄に考えすぎていたというか。自分はとくにそういうのは多かったかもしれないですね。

-自由にやりたいことをやろうっていうモードなんですね。

石坪:そうですね。今回はドラムの阿部が作った曲数も前よりも多いし、ちゃんと3人の色とかも自由に出せたのかなと思いますね。

阿部:今回初めて、曲作り合宿というのに入ったんです。今までは、ふたりが作ってきたものをまとめる感じだったんですけど、合宿なので曲作りをするしかない場所なので、必然的に(笑)。ふたりが作ってる間、ドラムを入れるとかになるまでは手が空いちゃってて、だったら俺も作っていこうかなっていうふうになったんですけど。まあ、前から作っていたりもしたんですけど、それを受け入れてくれるようになったのも変化なのかなって。前までだったら、これはボツになっていただろうなっていうものも、1回3人でやってみるっていうふうになってきたのは変化だと思いますね。

石坪:それは結構、お互いにあるところというか。それぞれが、それぞれ作ってきたものに対してハードルがあって、俺ら3人でやるのはこういうものだみたいのが、たぶんあったと思うんです。それがすごく、いい意味で取っ払えるようになった。

高橋:結局3人で合わせれば、3人の音になるので。合わせた結果どうなのかっていうところで、判断をするっていうか。

-ちなみに今回の阿部さんの曲はどちらですか。

阿部:「By your hands」と「Independence」、「Stop keeping things as you are」です。

-アルバムのなかでも結構ハードな曲ですよね。

阿部:今までなかったのかなっていうのはありますよね。